接骨院のホームページの作り方

LINE@での無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

body-massage接骨院はそのほとんどが固定的なお客さんで占められています。そのため、接骨院の近隣の住民に上手く存在を知られることが重要なポイントとなります。入り口や看板が小さい接骨院では、普段通る道であっても、その存在に気づかないという事があります。また、生活道路が一本違えば、何年も住んでいても、全く存在に気づかないということもあります。

ホームページから誘導するにしても、街でたまたま見つけて貰うにしても、実際の接骨院の看板が大きな役割を果たします。車道に面した接骨院であれば、駐車場は必要ですし、離れていても車から見えるように、高いところに大きく接骨院という文字を書いていると良いかもしれません。大きな駅からすぐの接骨院であれば、ホームページは他の接骨院に対するアドバンテージを発揮してくます。

「駅名+接骨院」検索キーワードは非常に検索されやすいキーワードです。駅名や地域名は非常に重要な検索キーワードになっています。ただ、地域名を入れていなくても、今は、Googleが導入している「パーソナル検索」というプログラムがあります。あなたも一度はこの検索結果を見たことがあるかと思いますが、これは地域に関連したキーワードであれば検索者の周辺地域の、接骨院を自動的に表示させるという検索エンジン側のシステムになります。

接骨院でなくても、飲食店や病院やスーパーや薬局など、地域で買い物したり消費したりするサービスであれば、ほとんどがその対象となります。だからといって、地域名に関するキーワードを、タイトルやトップページに入れておかなくてもよいと言う訳にはいかないのが現状です。

患者様の事例がたくさん見たい

foot-massageキーワードに関しては今まで書いた通りですが、今度はトップページに何を書くかを考えていきましょう。まず一目見て分かるように書いておかなければならないことは、先生が得意な技術や治療方法の内容です。

「〇〇療法」といった形で分かりやすく一般的に認知されているキーワードで書いておけば、訪問者の目を引くことになるでしょう。後はその「○○療法」がどんな治療法なのかを、患者様の事例を交えて写真付きで解説するような内容があれば、メインのコンテンツになります。

お客様様の声というのも、接骨院では非常に重要なポイントを占めます。訪問者には、来院してもらった時の回復具合が容易に想像できるように、他の患者様の声で、第三者的な感想として、活用させて頂き、見た方がイメージしやすいようにしてあげるのです。

土日祝日夜間など受付時間が他の接骨院と異なるようであれば、それはひとつの集客できる大きなポイントとなります。特に日曜・祝日・夜間の営業しているということになれば、その時間帯しか来院できない、仕事などが忙しい患者様にとっては非常に来院する価値の高い接骨院になります。

この部分はかなり差別化できるところですので、是非トップページの目立つところに明記するようにしておいてください。集客力だけでなく、成約率という意味でも非常に高い結果を残すことができるキーワードです。

メールフォームより電話受付が早い

phone接骨院のような、単価は小さいけれど多くの人に施術をして収益を上げていくような世界では、メールでのお問い合わせへの回答をその都度行っていれるのは、費用対効果が悪いものになります。そのため、メールフォームやお問い合わせメールアドレスを敢えて表示させないという選択肢も考慮に入れましょう。

「今ここにいるのですが、場所はどこですか?」
「今患者さんは少ないですか?」

といったようなやりとりは、メールよりも電話で行いたい人の方が多いものです。いつでもお問い合わせに対応できるように電話番号だけはしっかりと、すべてのページの上部と下部のどちらにも、大きく表示しておくことがおすすめです。(必須ですね)

HPは初めて見てくれる方に対して作る

massage-chair接骨院のホームページを探してる、もしくは見ているのは、あなたの接骨院のホームページが好きな方か、もしくは近くで通やすい接骨院を探している方の2通りになるでしょう。

前者のあなたのホームページが好きだという方は、腰痛対策や健康に関する様々なホームページ上の話題や、定期的に発行されるニュースの情報等をホームページから閲覧する方が、好んで見るような内容です。こちらの方は、基本は通院客なので定期的に、お会いすることにより関係を深めていきやすいです。

一方、後者の地域の接骨院を探している方ですが、こちらの方にはあなたの接骨院に通いたくなるような、興味を引きつけるような魅力的な情報がホームページ内に掲載されている必要があります。また、接骨院のホームページの場合は、トップページに最初に訪問することが多くなります。そのため、トップページには魅力的な写真とあなたの接骨院の特徴を一言で上手く表現するできるキャッチコピーを目立つところに配置しておきましょう。

まずはスクロールして読んでもらえるような流れを作るために、最初のとっかかりの部分で興味・関心を引きつけるような内容を記述しておく必要があるのです。

モバイル対応は必須になります

スマホで検索接骨院のホームページは比較的スマートフォンなど、モバイルでよく見られるタイプのホームページになります。そのためパソコンでホームページを作ったとしても、スマートフォンでスムーズに閲覧できるように最適化しておかなければなりません。モバイルのホームページであれば、縦長でスクロールして見やすい作りになっているというのが特徴になります。

またGoogleの検索エンジンはモバイルに最適化されたホームページを、モバイル検索では優先的に表示させます。そのためモバイル端末での検索が多い業種、特にBtoCのビジネスタイプにおいては、既に対応は必須です。

検索のパターンとしては、モバイルであれば、たまたま接骨院に関心があって、前を通った方が、この接骨院はどんな接骨院だろうかと思った時に、すぐに検索で調べられるという特色があります。その調べられた時に、検索者は先生の雰囲気や接骨院の内装や器具や、料金が知りたいのであって、そういう情報をトップページに載せておくことが、「今すぐ客」を引き込むポイントになります。

「地域名+接骨院」の検索で調べる方は、ご自身の住んでいる近くの接骨院を比較検討して探している方です。そういった方にもすぐに目に付くように、検索結果の上位に位置付けられるように、サイト内の充実化を図る必要があります。それがweb検索からの継続的な新規患者の獲得に繋がるのです。

スマートフォン対応と、「幅広い近隣地域名+接骨院」のキーワードに対応しているホームページを目指しましょう。もちろん最優先はコンテンツですので、腰痛・肩こり・体の歪みなどに対する充実した解決策や情報の掲載に努めて下さい。

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。 (HP活用方法の動画一覧→Youtubeチャンネル) 経営理念「育て拡げるお手伝い」の下、IT活用に活路を見出す個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。 西宮商工会議所青年部2018年度広報委員長、尼崎商工会議所会員。