今回はPhotoshopでキラキラした素材の作り方をお伝えします。

作った素材は、カスタムブラシとして登録しておけるので、一度作っておくととても便利です。

写真に自然な光を加えたり

イラスト風のキラキラした素材も作れます。

今回は、上の2種類のキラキラ素材を作り、カスタムブラシとして登録します。

では早速Photoshopで作っていきましょう。

キラキラ素材(その1)

キラキラ素材(その2)

キラキラ素材の作り方(その1)

新規ファイルを開く

新規ファイルから
正方形のキャンバスを作成します。

レイヤーを追加

右下の から、新しくレイヤーを追加します。

ブラシツールを選択

左側アイコンからブラシツールを選択します。

①〜③の順に、レガシーブラシを選択します。

レガシーブラシの中から④クロスハッチ4を選択します。

ブラシを黒に変更する

カスタムブラシとして登録するので、塗りつぶしの色は黒にしておきます。(枠線は透明)

(白以外ならカスタムブラシとして登録はできますが、実際にブラシとして使用する際に、透明度が高くなってしまいます)

ブラシの大きさを整える

キーボードの ] と [ でブラシの大きさを変更できます。

]:ブラシを大きく
[:ブラシを小さく

大きさを整えて、真ん中あたりをクリックしてクロスハッチを描きます。

右下アイコンからさらにレイヤーを追加します。

*レイヤーを分けるのは、後から修正が必要になった際、その箇所のみ変更ができるためです。

ブラシの角度を変える

もう一つ角度を45°変え、大きさを整えてクロスハッチを描きます。

キーボードの 三角矢印 でブラシの角度を変更できます。

: 1°ずつ右へ傾ける
: 1°ずつ左へ傾ける
shift + :15°ずつ右へ傾ける
shift + :15°ずつ左へ傾ける

クロスの中央に、お好みに応じてブラシを追加します。

レガシーブラシ→二重円
汎用ブラシ→→ソフト円ブラシ

今回はソフト円ブラシを中央に追加しました。

フィルターでぼかす

次に、クロスハッチの点々を滑らかにするため、フィルターで整えていきます。

レイヤーを選択し、上部の「フィルター」から、
ぼかし→ぼかし(ガウス)を選択します。

半径の数値を、線が滑らかに見えるところまで変更します。

もう一方のクロスレイヤーにもぼかし(ガウス)を加えます。

これでキラキラ(その1)は完成しました。

次からはすぐに使えるように、ブラシとして登録しておきます。

ブラシに登録する

左上メニューの「編集」→「ブラシを定義」を選択します。

任意の名前をつけます。

登録はたったこれだけです。

では、きちんとブラシに登録されているか、確認してみましょう。

「ブラシツール」→「レガシーブラシ2」の下に、先ほど作った「キラキラ」ブラシが登録されています。

これで、次回からは選択するだけですぐに使用できるようになりました。

次は、もう1種類のキラキラを作っていきます。

キラキラ素材の作り方(その2)

次は、絵文字風のキラキラを作っていきます。

新規レイヤーを追加するところまでは先ほどと同じです。

左側アイコンからブラシツールを選択します。

ダイヤ型を作る

左側アイコンから長方形ツールで shif を押しながら正方形を描きます。

ブラシに登録したいので、今回も黒に変更しておきます。

次に定規を使用してガイド線を引き、ダイヤ型に整えます。

定規の表示がない場合は、
上部メニューの「表示」→定規を選択します。

定規でガイド線を4本引いていきます。(次参照↓)

ガイド線の交差部分にダイヤの曲線部分がくるイメージで線を引いていきます。

shift + T を押して四角形を選択し、
さらに shift を押しながら45°回転させます。

左側アイコンから「アンカーポイントの追加ツール」をクリックします。

曲線を作りたい部分をダブルクリックし
ガイド線の交差部分まで点を移動させます。

4点すべてガイド線の交差部分まで移動させます。

ダイヤ型になるように、上下の点も少し伸ばします。
(左右も必要があれば調整を行なってください)

あとは、先ほどと同じように、「編集」→「ブラシを定義」で名前をつけて登録するだけです。

設定方法もシンプルなので、たくさん登録しておくと、デザインの制作物もササッと作れるようになります。

ぜひオリジナルを自作してみてください。

投稿者プロフィール

志水泉
志水泉
2018年より始めた事業のホームページを自作し運用していくなかで、ホームページ制作の楽しさをしり、独学から本格的にWebを学ぶ。
2020年より、自分の周りのWebが苦手な人たちを助けたいという思いからWeb制作を中心にフリーで活動。
2022年より株式会社ウェブロードに所属し、制作・デザインの知識をさらに深めながら、初心者でもわかりやすいWordPressの操作方法などを発信中。

お問い合わせフォームはこちら

(※営業電話が多いため、お電話は留守電にしています。お急ぎの方は下記メールフォームをお使いください。)

お見積りのご依頼・打ち合わせはZOOM/GoogleMeet/お電話等、オンラインでも対応可能です。全国からお問い合わせを受付けています。
2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますが、下記メールアドレスにご連絡ください。

    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    必須お問い合わせ項目

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意貴社サイトURL

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください