ブログ

Webサイトでの集客に向いている業種は何ですか?

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

ウェブロードサイトの記事に関して、一番ボリュームのあるコンテンツの文字量は、10,000文字を超えています。サイト全体で平均すると、1ページ当たり2,000文字程度でしょうか?(一番テキスト量の多いページはこちら

そうするとサイト全体では約700記事を乗じて、合計1,400,000文字のテキストボリュームがあるということになります。400字詰め原稿用紙換算でざっと3,500枚程度になります。

大量にコンテンツがあるからといってもなかなか思ったキーワードで上位表示出来ないのがWebの難しいところ。僕自身も自分の産み出したコンテンツの上位表示に、毎日必死で頭を抱えて調整や修正や勉強を重ねています。

そんな僕のサイトで最近特に増えている検索キーワードが、「上位表示したい」「上位表示方法」「検索上がらない」といったWeb上での露出に関するキーワードです。ジョブズ

とにかく「集客」に関する悩みは、Webであってもリアルであっても尽きることはありません。Web会社がWebだけを土俵に仕事をしていれば、非常に狭い範囲内でしか仕事が出来ないということになるでしょう。

世間ではブログやTwitterやFacebookをやっていない人の方が圧倒的に多いです。ホームページやブログでの情報発信もそこを考えておかなければ、出会いたい人と出会えません。そもそも検索すらしない方が大半だったりします。Webの外の方が圧倒的に広い世界が広がっているのです。Web上にいない方と出会うには、人づてでの紹介というのがベストですね。

Webサイトでの集客に向いている業種は何ですか?

業種や業界によってはウェブサイトが凄く力を発揮する場合と、ほとんど役に立たない場合とがあります。それほど役に立つ事が見込めない業界では、作らない方が良いという選択もあります。

なぜなら一度作ってしまうと、継続した管理費が掛かるのはもちろん、セキュリティなどの対外リスクにも目を向ける必要があるからです。一方で、Webサイトがなければ集客すら難しいという業界も多く存在します。

何を基準にWebサイトが集客に向いているか向いていないかを決めるかというと、それは非常に単純なことです。その業種や業界のキーワードを考えるのです。Facebookなどのソーシャルメディアで、自分のこととして公にシェアできないことが、一般的には検索エンジンと相性の良いキーワードです。

例えば、転職とか、顔のシワ取りとか、借金とか、うつ病とか。誰しも人知れず知りたいことってありますよね?秘密裏にしたいこと。誰かが身近な人に直接相談出来ない内容こそ、Webを介して専門家であるあなたが力を発揮する場面です。

上記の他にも、特殊な技術をもっている方(会社)を探しているとか、近所では売ってなくて、Webから探して購入するしかないものなどです。近所のスーパーやコンビニで買えるようなものや、身近な人に聞けば解決出来る内容というのは、Webでは必要とされていません。

Webで必要とされている業種なのに、必要とされていない情報ばかりをブログにUPしているといったことはありませんか?

ブログ執筆もぜひこういう観点から見ると、本当に新規の出会いに必要な記事が見えてくるのかも知れません。とにかくWebで探すしか無い、人知れず自分だけ知りたい、そんな人を惹き付ける記事で人気サイトを目指しましょう。

緊急性が高いキーワードとお悩みキーワードはWeb集客向き

悩み相談あなたがインターネットで検索する時の状況を考えてみてください。

単なるちょっとした調べ物をする際に、日常的にウェブ検索を使っているという方もおられますが、ほとんどの方は、緊急性が高い時に何かしらの情報を得たい場合と、個人的な悩みや問題事の解決方法を探す場合に使われます。

最近はショッピングに関する調べ物も、Google検索のうちの3割~4割くらいあるという話も聞きましたが、これは実際のデータを元に書いていないので、そんななもんかという話として聞いておいてください。

ネット通販などの検索を除いた情報検索で考えることとします。

緊急性の高いインターネット検索の状況としては次のようなものがあります。

例)子供が急に高熱を出して、どうして良いのか分からない。

個人的な問題や悩みの解決方法を探す場合としては、次のようなものがあります。

例)目じりのしわを分からなくするにはどうしたら良いか。

こういった自分で解決できない悩みや相談ごとを、簡単に答えが見つかるかもしれないという期待とともに、インターネットで検索して情報を探すのです。

これをサイト運営者側の観点で考えますと、この期待に対して、どれだけの解答と納得を与えることができるかによって、勝負の分かれ目となるのです。

ウェブ検索してアクセスしてくれた訪問者の期待に応え続けなければ、ホームページの存在意義は失われていくのです。

お悩み系検索のキーワード

お悩み系の情報としては、ヤフー知恵袋などのQ&Aサイトに情報が豊富に掲載されています。

こういった情報をヒントにして、自社のコンテンツを作るというのは、消費者のニーズに的確に答えるという点ではスマートな方法だと言えます。

あなたも検索した事があると思いますが、語尾に下記が付くキーワードは一般的によく検索されるものになっています。

  • ~する方法
  • ~やり方
  • ~したい

あなたが提供している商品・サービスで、何がこういったキーワードで検索されるかを、お客様とのやり取りの中で発見していかなければなりません。

あくまでも実際のリアルな現場でのお客様とのやりとりを振り返って、よく思い出すのです。お客様から言われた一言一言がコンテンツの源泉になります。

お客様とのお話の全てが、あなたのホームページを次のステップへ進ませていく貴重な生データとなるのです。また、お客様のお悩み・問題点をこのようなキーワードで考えるということが、お客様視点ということになります。

こういったキーワードを中心に考えていくと、お客様が一体何を求めているのかということを考えざるを得なくなり、お客様視点で問題点を解決出来るコンテンツが揃っていくはずです。

お客様の期待に応えるコンテンツを揃えていくことにより、訪問者は必ず増えて行きます。

このやり方は成果が出るまでに非常に時間コストと労力が掛かりますが、成果が出始めると、安定的に継続したweb集客がもたらされることになります。何よりも継続は力なりなのです。

キーワードの需要区分を考える

単純にキーワードと言っても様々な需要区分で考えることが必要です。そのまま何らかのアクションを取ると想定されるキーワードには下記のようなキーワードがあります。

代行 購入 販売 転職 派遣 アルバイト 採用 改築 指導 学習 加工 調査・・・

いくらでもありますね。何らかの行動を取ると考えられる動詞のキーワードはアクション動詞とも言われ、非常に分かりやすいキーワードです。キーワード
「する」という言葉を付けられるキーワードは、「今すぐ客」に限りなく近いキーワードです。これらよりも「今すぐ客」にはなりにくいキーワードですが、情報を探しているだけのキーワードもあります。

価格比較 口コミ 評判 評価

例えば、「今すぐ客」を探している方は、web広告では、上記のキーワードでは出稿してはいけません。思っている以上に販売につながりません。気分的にすぐに買おうとか、契約しようとかそういう感じではないのです。

キーワード的には、「選ぶ」という、ワンクッションを置いてからの売上につながるものであり、直接「今すぐ客」を集客するキーワードになっていないからです。

「今すぐ」の度合いが高ければ高いほど集客力がアップしますし、お問い合わせ率の向上します。

難しいのは、同質のキーワード、例えば、

「運営代行」 「管理代行」

でも、相手の立場に立って考えると微妙なニュアンスの違いがあります。こんな微妙なニュアンスを探りながらデータを元に調整していくWebコンサルは非常に楽しいものです。相手の気持になって考え抜くことで、費用対効果がアップします。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 美容師さん 病院・サロン・整骨院等お店の予約システムの導入
  2. CD-Rにコピー コピーされることが前提でビジネスを組み立てる
  3. 本質をシンプルに表現出来るのが高付加価値
  4. メールマガジンはどうやって発行するものですか?
  5. 共感されるコンテンツかどうかで記事内容を判断する
  6. 高額な商品・サービスはプロセスを開示すべし
  7. メルマガの役割は忘れ去られるのを防止すること
  8. 美容院の密集地域で美容院を開業する理由

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP