ブログ

Googleのキャッシュを簡単にチェックする方法

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

検索エンジンの検索結果に表示させるためにはGoogleにキャッシュされて、それがインデックスされなければなりません。(キャッシュとインデックスの違い)これはGoogle Search Consoleを使うとすぐに分かるのですが、特定のページだけキャッシュされているかどうかを、すぐに調べたいといった方にはこういう方法もあります。

cache

それはhttps://www.webroad.co.jp/のキャッシュを調べるのであればアドレスバーのそのURLの前に「cache:」を入力し、エンターキーを押して、キャッシュされているかどうかを判別する方法です。cache:https://www.webroad.co.jp/」の形にして入力するということです。

キャッシュされているのであれば「webcachegoogleusercontent.com~」というURLで始まるアドレスにリダイレクトされて、そのキャッシュされているかどうかを調べたホームページの上に、「これはGoogleに保存されている<http://~>のキャッシュです。

このページは何年何月何日の何時に取得されたものです。」というような表示が出てきます。この表示が出ると、そのページは正しく「キャッシュ(cache)」されているということになります。

適切にキャッシュされていれば、その後、スムーズにGoogleのサーバー内のインデックスに収納される流れになりますので、ひとまずは安心できます。もしURLの前にキャッシュの文字を入れてエンターキーを押してもキャッシュされていない場合は、「404.that’s an error」といった表示になります。

この場合は、低品質なコンテンツであるか、そもそもGoogleがキャッシュしてインデックスするに足りないページと思われているか、他に似たようなページがあってキャッシュしてもらえてないのか、Googleのクローラーがそのページをまだ発見できていないか、などいくつかの問題が考えられます。

404thatsanerrorページのキャッシュを確認した際に、キャッシュされていないページというのは、決して検索エンジンの検索結果に出てくる(表示される)ことはありません。どうしても検索エンジンの検索結果に返したいページは、必ずキャッシュされている必要があります。更にはインデックスされている必要があります。

それを調べるツールが、Google Search Consoleであり、サイト運営者は必ずこのGoogle Search Consoleに登録したサイトの状況を確認しておかなければならないのです。ブログやホームページの文章コンテンツを生成すれば、必ず都度Fetch as Googleを使うようにしましょう。

これは誰よりも早くこの文章をGoogleにキャッシュさせ、インデックスさせるためであり、自分の投稿した記事を守るためでもあります。キャッシュされ、インデックスされる前に、他のソーシャルメディアなどで言及されて重複コンテンツとして扱うれたりすることを防ぐためにも、オリジナルは自分のページなのであるという、時間的証拠を作る必須の作業になります。

ソーシャルメディアの普及や、誰もが情報を主体的に発信できる世の中になった今だからこそ、こういった自分を守る「Fetch as Google」のようなツールを日常的に使うことは、自分のコンテンツを守るためには欠かせないことなのです。

SEO対策費用の相場は?
社名がGoogleで検索上位に出て来ません
キャッシュとインデックスの違い

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 検索結果に反映させるためにFetch as Googleをすぐ使…
  2. お問い合わせボタンはバナーがテキストか?
  3. Webブラウザの表示画面タブを複数個同時に開く方法
  4. サービス案内(料金)表はPDFにしてHPから印刷出来る
  5. 自宅の無線LANの通信速度が遅く、ネット接続が途切れる場合の対応…
  6. サーバー ドメイン・サーバー移行は失敗できない大変な作業
  7. 仕事で使うなら「○○@yahoo.co.jp」等のフリーメールや「○○@△△.ocn.ne.jp」等プロバイダ提供のメルアドは変えよう ドメインメールをGmailで送受信する方法(エックスサーバーの場…
  8. 大きい画像ファイルを添付メール以外でやり取りする方法

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP