ブログ

Googleのキャッシュを簡単にチェックする方法

LINEで送る
Pocket

検索エンジンの検索結果に表示させるためにはGoogleにキャッシュされて、それがインデックスされなければなりません。(キャッシュとインデックスの違い)これはGoogle Search Consoleを使うとすぐに分かるのですが、特定のページだけキャッシュされているかどうかを、すぐに調べたいといった方にはこういう方法もあります。

cache

それはhttps://www.webroad.co.jp/のキャッシュを調べるのであればアドレスバーのそのURLの前に「cache:」を入力し、エンターキーを押して、キャッシュされているかどうかを判別する方法です。cache:https://www.webroad.co.jp/」の形にして入力するということです。

キャッシュされているのであれば「webcachegoogleusercontent.com~」というURLで始まるアドレスにリダイレクトされて、そのキャッシュされているかどうかを調べたホームページの上に、「これはGoogleに保存されている<http://~>のキャッシュです。

このページは何年何月何日の何時に取得されたものです。」というような表示が出てきます。この表示が出ると、そのページは正しく「キャッシュ(cache)」されているということになります。

適切にキャッシュされていれば、その後、スムーズにGoogleのサーバー内のインデックスに収納される流れになりますので、ひとまずは安心できます。もしURLの前にキャッシュの文字を入れてエンターキーを押してもキャッシュされていない場合は、「404.that’s an error」といった表示になります。

この場合は、低品質なコンテンツであるか、そもそもGoogleがキャッシュしてインデックスするに足りないページと思われているか、他に似たようなページがあってキャッシュしてもらえてないのか、Googleのクローラーがそのページをまだ発見できていないか、などいくつかの問題が考えられます。

404thatsanerrorページのキャッシュを確認した際に、キャッシュされていないページというのは、決して検索エンジンの検索結果に出てくる(表示される)ことはありません。どうしても検索エンジンの検索結果に返したいページは、必ずキャッシュされている必要があります。更にはインデックスされている必要があります。

それを調べるツールが、Google Search Consoleであり、サイト運営者は必ずこのGoogle Search Consoleに登録したサイトの状況を確認しておかなければならないのです。

2018年10月追記:

現在Googleはモバイルファーストインデックスへ移行中ということで、対応ができたサイトに順次Google Search Consoleより連絡のメールを配信しています。私もいくつもこのメールを受け取っているのですが、モバイルファーストインデックスへの移行の際に上記画像のように、キャッシュができていないという404エラーが返されているようです。

これも今後順次修正がされていくというところで、今は404エラーが出ているようですが、実際はきちんとキャッシュされて、インデックスもされ、検索結果に表示されていますので問題はないようです。多くの方々のサイトでも、適正に運営されていれば、一時点で404エラーが返されたとしても心配はいらないのかなと考えています。

SEO対策費用の相場は?
社名がGoogleで検索上位に出て来ません

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520 サービス一覧はこちら

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。西宮商工会議所青年部広報委員長、尼崎商工会議所会員。

関連記事

  1. 能力の高いプログラマーの見つけ方
  2. 会社の福利厚生を外注するメリット
  3. お問い合わせボタンはバナーがテキストか?
  4. セミナーの練習撮影用のビデオと三脚を購入しました
  5. 親密度や信頼感は体験共有の時間に比例する
  6. 情報をオープンにし集団浅慮に陥らないようにする
  7. エクセルやワードから「Googleドライブ」にシフトしました
  8. WebサービスのID・パスワードの桁数は?何文字あれば安全か?

最近の記事

  1. 自然素材で出来た住宅

最新のお知らせ

アーキテック様の新規HPを制作しました

アーキテック株式会社様はアパート・ハイツ・メゾン・コーポなど、中小規模の集合住宅の建物の劣化や雨漏りなどの総合的な調査・工事施工会社様です。 赤外線カメラとドローンを使った外壁や建物調査診断から、補修や工事必要箇所を特定 […]
コメントなし

西宮の新築注文デザイン住宅のワイズハウス様のHP制作

西宮のワイズハウス様のサイトを制作させていただきました。スタッフの方が画像制作や、ブログ操作ができるということもあり、サイト全体をWordPressで作成しました。管理画面から画像入れ替えや記事投稿をメニューの設定など様 […]
コメントなし

太田拓税理士事務所様のHP制作

西九条駅から徒歩1分くらいの所にある太田拓税理士事務所様のホームページのリニューアルをさせていただきました。従来のサイトはスマホでもパソコンと同じ見え方をしていたため、今回はスマホ化を一番重視しておられました。 打ち合わ […]
コメントなし

心理カウンセリングのエンパシールーム様のHP制作

2011年に弊社でHPを制作させていただいてから7年以上にわたってサポートさせているリトルラビット様が、新たに事業を立ち上げられるということで新規サイト制作をさせていただきました。 代表の玉川さんが1年以上前からずっと心 […]
コメントなし

尼崎亀谷スポーツボクシングジム様のHPリニューアルを行いました

尼崎の県道13号から山手幹線に入ったすぐ西に尼崎亀谷スポーツボクシングジムはあります。ボクシングエクササイズは、短時間で楽しく脂肪燃焼ができるということも話題となり、女性の人気が高まっています。そのため女性に向けたデザイ […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP