会社ホームページを放置するとどうなるか?

LINE公式アカウントでの無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

例えば10年前に会社のホームページを作ったままずっと放置している会社があったとします。使い続けているホームページが、スマートフォンやタブレットという現在主流のフレームワークに合わないホームページであったり、セキュリティに対する対応力が10年前のものであったり、現在のネット技術に全く対応できていないものであったりする訳です。

老朽化した建物と同じ

パソコン、つまりITシステムというのはどんどん新しい技術やテクノロジーが出てきます。ホームページもそれと同じで、10年も経てば、技術的には新しいITテクノロジーにどんどん入れ替わります。今の時代であれば、過去と比べものにならないぐらい進化したフレームワークでホームページが使えるようになり、使い勝手やセキュリティリスクに対する対応もどんどん良くなっているのです。

この例では10年という期間を出しましたが、ホームページを古いまま放置状態にしているということは、サポートが無くなった古いパソコンでインターネットをし、会社業務を行っているのと同じことです。リスクに晒されているのですが、一見、問題なく今まで通りに使えてしまうというのが、パソコンやホームページの一番怖い所なのです。

補修や補強をしておかなければ、老朽化した建物が地震で崩れるかのように、将来、何かのきっかけで崩壊します。老朽化しすぎたホームページを改善できない場合は、データを削除してしまうことが一番安全なのです。不法侵入者にサーバーに入られる心配も無くなります。セキュリティに関するリスクもそうですが、10年前のホームページをそのまま放置していること自体、もっと深刻な問題が発生します。

スマートフォンを経由して誰もが簡単にホームページを閲覧できる現在においては、一番最初にお客様に見られる場所を老朽化させたまま放置しているという、「ブランドの損傷リスク」が一番大きいということに気付かなければなりません。ファーストコンタクトの印象が悪ければ、最初に持たれたイメージの回復はなかなか難しいものです。

ページ制作の優先順位

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。 (HP活用方法の動画一覧→Youtubeチャンネル) 経営理念「育て拡げるお手伝い」の下、IT活用に活路を見出す個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。 西宮商工会議所青年部2018年度広報委員長、尼崎商工会議所会員。