ブログ

HPが自社で更新できない場合の対処方法

LINEで送る
Pocket

制作後の更新に困っている方が非常に多い

業者にホームページを作ってもらったけど、その後ドメインやサーバーがどう管理されているかも分からないし、制作業者にも連絡を取りにくいし、そもそも自分でどうやって更新したらいいのかが全くわからない。

そんな、どうして良いか分からないという方からの、駆け込み寺的なお問い合わせが最近増えてきています。

今は自社で自由に更新できなければホームページの存在価値がない時代であり、見栄えのするデザインでホームページを作ってそのまま放置しておけば自動的に集客できるような時代ではないのです。

記事を更新する時間がない、管理画面からの操作方法をを覚える時間がもったいない、運営のシステム的・技術的な部分だけサポートして欲しい、色々なお客様がおられます。

HPが管理されている場所を知ることが自社更新の第一歩になります

まずはドメインとサーバーというものがどういうものかを調べて知識を得てください。
弊社のサイトではこちらのページに書いてあります。

そのドメインとサーバーのことが分かれば、それぞれがどこで管理されているかをまずは突き止めてください。例えば、

1.サーバーもドメインも自社管理
2.サーバーもドメインも制作会社管理
3.サーバーは制作会社管理・ドメインは自社管理

上記の3パターンに分かれることが多いです。

理想的には「1.」のサーバーもドメインも自社管理というものです。

また「2.」のサーバーもドメインも制作会社管理ということは、継続した費用が発生しているはずです。これは保守費用や運営代行などで継続した更新依頼を行なっている場合に見られるパターンです。リースの場合はあくまでも制作費の月額払いなので、支払いだけが残るパターンになります。
→ リースでのホームページ制作はおすすめしません。

「3.」のサーバーは制作会社管理、ドメインは自社管理ですが、これはドメインを自社で先に取った後、制作会社に制作を依頼したというパターンです。制作会社のサーバーを使わせてもらう形になると思います。

いずれにせよ、ドメインとサーバーがどのような管理をしているかを突き止めることが、ホームページを自社更新していくための最初のハードルになります。ドメインとサーバーがどこで管理されているかが突き止められれば、それぞれのコントロールパネルにアクセスします。ドメインはドメインパネルとも言われますし、サーバーはサーバーパネルとも言われます。そこにアクセスするためのID・パスワードが必要になります。

一般的なレンタルサーバーでしたら、多くはメールで情報が来ていますので、契約しているメールアドレスにサーバー会社から来た最初のメールを探してみましょう。ドメインの場合も、契約した時にメールで連絡が来ているはずですので、そのメールを探してみてください。

ドメインとサーバーのID・パスワードが分かれば、それぞれのサーバーパネル・ドメインパネルにログインしてみましょう。WordPressなどのCMSで作られている場合は自社更新できるはずです。

それ以外でも、更新できる範囲を新着情報だけなどに絞って、そこだけシステム化している場合があります。こちらも制作会社からのメールや書面などに管理方法が掲載されているはずですので、その情報を探して確認することが先になります。

とにかく現在あるホームページを自社更新していくためには、これらの情報を集めることが最初にやらなければならないことになります。

自分で修正できることがストレスを解放する

長く運営していくためには自社で更新したり、簡単に内容修正ができる仕組みにしておく必要があります。そうしておかなければ結局「作り直し」という2度手間になります。

シンプルに自社で更新できるようにするためには、WordPressを利用するのが一番です。ホームページで成果を出していくためには「更新」以外に近道はないということが経験的に理解できた方は、自社で更新して情報を定期的にオープンにしていくことが、何よりも重要であるということに気付きます。

HPを利用するのは結局誰なのか?

あなたが作ったホームページを利用するのは、あなたのお客様であり、あなたのHPに何らかのルートでアクセスしてきた、将来お客様になるかもしれない方です。

お客様が一番知りたいのは、どのような商品サービスがあって、どのような人が運営していて、どんなお客様とお付き合いがあるのかということです。それは見やすく読みやすく理解しやすい文章であり、写真であり、映像であるでしょう。自分はホームページに何を求めるかというものを突き詰めて考え、

・ビジュアルデザインや機能の開発はどこまで作り込むか?(費用対効果)
・更新・運営をどこまで自社で賄うか、専門業者にどこまで任せるか?(内作と外注)

という2つの視点から、営業の拠点となるホームページをどのように位置付けるかを考える必要があります。

集客のためにどのようなキーワードを使ってホームページを展開していくべきかは、貴社ホームページのアクセス解析や各種Web情報ツールを用いた実際のデータを基準に判断していくことが求められます。

一度作ったHPは長期運営を視野に入れて考える必要がある

アクセスを集める方法を知らずにホームページを作っても、結局は無人島のように、何の交通も無い、島になってしまいます。社会全体の時間経過に耐えうるホームページにしていくためにも、情報の更新に全力を注いでいきましょう。

Webの広告を使っていく必要もなくなると考えています。コンスタントな最新情報の更新のみで安定した集客と販売を可能にして行くのです。

ホームページを運営しているあなたにも、弊社が今検索エンジンから恩恵を受けているその領域に突入して欲しいです。地道な運営は長期的な視点に立てば大きな力になってきます。種を撒いていけばいずれは芽が出ます。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520 サービス一覧はこちら

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。西宮商工会議所青年部広報委員長、尼崎商工会議所会員。

関連記事

  1. ブログを読みやすくするために画像を入れる
  2. 相見積もりを防ぐためのお問い合わせフォームページの作り方
  3. スマホを使う子 スマホ対応サイトにした後のアクセス伸び率
  4. 20代~30代の若者向けのホームページを作る場合
  5. HPのアドレスはwwwありとwww無しのどっちが良い?
  6. お互いを尊重し合える方と出会うためにブログを書く
  7. 人材採用の専用ページを今すぐ作るべき理由
  8. アクセスのない相互リンク集ページは削除しよう

最近の記事

最新のお知らせ

倉本運送株式会社様のサイトリニューアルをしました

2011年にホームページを制作させて頂いて、その後7年に渡って継続してWeb周りの保守をさせていただいていた倉本運送株式会社様ですが、今回採用に力を入れなおしてサイトをリニューアルさせたいとのご要望をいただき、採用をベー […]
コメントなし

「旗ポール建て隊」様のWebサイトを制作しました

旗ポール建て隊様のホームページ制作は、西宮商工会議所の職員の方にも初回から三度の打ち合わせにご参加いただき、新規サービスの立ち上げをどの切り口かで進めるか徹底的に意見を出し合ってからのスタートでした。 ブレーンストーミン […]
コメントなし

スタジオポルテ夙川公園FPオフィス様HPを制作しました

JRさくら夙川駅から徒歩5分ほどのところにある、国道2号線沿いの「スタジオポルテ夙川公園FPオフィス」様のホームページを制作させていただきました。 こちらには松村様が経営されている、デイサービスという介護事業所があり、同 […]
コメントなし

赤外線雨漏りドクター様のHPをリニューアルしました

赤外線建物診断のパイオニアとして西宮を中心に近畿各地、要請があれば全国各地の建物の診断をしている、アーキテック様のホームページのリニューアルをお手伝いさせていただきました。 建物の雨漏り診断と外壁劣化の調査をドローンや特 […]
コメントなし

制作サービス体系を変更します

検索エンジンからの集客数を大きくするためにはブログは新規投稿を継続すればいいということはありません。 現状のインターネットの状況をお伝えしますと、ブログは過去に書いた記事をきっちりと書き直したり、充実させたり、似たような […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP