望ましいブログの更新頻度は?

ホームページを運営していると、気になるのがどれくらいの頻度で更新していけばよいかという問題です。

週に1回くらいは更新しなければならないとか、色々な情報が出回っています。

結論的としましては、検索エンジンで上位に表示させたいからと行って頻繁に更新する必要はありません。

ホームページ運営者側からすると、新商品が2ヶ月に一度出るのなら2ヶ月の一度の更新で良いでしょう。

2ヶ月間更新しないからといって、そのホームページの商品に関するキーワードでの検索結果のランキングが落ちるということは通常考えられません。

情報更新していないので検索順位が下がってきている、放置状態なのでアクセスが減っている、と言うのはもっともらしい理由です。

しかし、検索エンジンを運営しているGoogleも、お客様に検索をしてもらわなければ存在意義がありません。

つまり、Googleは検索者の利便性のみを考えてバージョンアップし続けているのです。

検索結果に出てくるホームページはお客様志向でなければなりません。

発信者の書きたいことが書かれているのではなく、検索者側を向いたものであるということです。

自社ホームページを利用してくださるお客様の利便性を考えてホームページを制作・運営すればよいのです。検索エンジンは既に生活の奥深くまで浸透しています。

振り返って考えてみても、毎日何かしらの調べ物を検索エンジンを通して行なっています。

スマートフォンが普及し、音声検索が簡単で正確になり、ますます簡単な調べ物をしやすくなりました。

電話感覚でスマホに向けてしゃべるだけで検索結果の情報が出てきます。

既に、検索エンジンに対して、どれくらいの頻度で更新を行えば検索結果ランキングで上位に行けるかという話はそもそも意味を成しません。

検索結果から自社ホームページに訪問してくれるお客様がどれくらいの頻度の更新を望んでいるのかということを考え、それを実行するということがこのQ&A項目の答えとなります。

ホームページやブログの更新に要員が割けない場合の対処法も検討してみました。

「検索エンジンを見ず、ユーザーを見よ。」とGoogleが言っている回答と同じですが、まさに更新頻度に明確な回答はなく、あなたのホームページのお客様に対して何が望ましいかを自社内で議論し、考えることが必要なのです。

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作を中心に、Web業界16年の知識と経験を生かして、小規模案件のみならず、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィール

WordPress作成講座の動画一覧

WordPressの作成や運用方法の講座【ワードプレス作成講座】を弊社You Tubeチャンネルで開講しております。WordPressに関心のある方はこちらからチャンネル登録(無料)を行ってください。

ワードプレス作成講座への入塾(無料)You Tubeウェブロードチャンネル

動画内で紹介している有料テーマプラグイン

Lightning G3 Pro Pack

動画内で紹介しているレンタルサーバー エックスサーバー

お問い合わせフォームはこちら

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520
(※営業電話が多いため、お電話は留守電となります。お問い合わせ内容を留守電に入れていただけましたら、折り返しお電話させていただきます。お急ぎの方はメールフォームをお使いください。

2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますが、下記メールアドレスにご連絡ください。













    投資・広告・提携・営業・売り込みメールやお電話は全てお断りしております。
    そのようなご連絡は恐れ入りますがお返事できかねますので何卒ご了承願います。

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意貴社サイトURL

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)

    必須お問い合わせ項目

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください