20代~30代の若者向けのホームページを作る場合

LINE@での無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

若者がスマホを見ている商品サービスの購入者が若者である場合、若者向けのホームページを作らなければなりません。ここで若者というのを20代~30代というふうに考えて書いてみることにします。

提供している商品・サービスの性質が、繰り返し購入されるような種類のものである場合、若い年代にターゲットを絞ってホームページを構成すれば良いでしょう。とにかく一番ボリュームが稼げるターゲットに向けて、ホームページの内容を集中的に構成するのです。

特に若者であれば、継続した顧客になって頂くことで、生涯お付き合いすることが可能になり、長期的に高いメリットが出るビジネスとして成り立ちます。

僕がそういった年代の若者向けのホームページで気を付けているのが、しっかりとホームページ上で説明を行うということです。ホームページ上における説明は、文章であろうが画像であろうが映像であろうが、何でも構いません。とにかく分かりやすくし、信頼されることが大事で、正直な内容を書くことがベストだと思っています。

色々隠して、後出しジャンケンのようなことをされることは皆嫌いますので、最初からお金の掛かる部分であったり、事前に伝えとかないといけない部分だったりすることでも、ホームページ上でオープンに表現しておいた方が、逆に若者の信用を獲得することができるでしょう。

掛かる費用が細分化されているものでも、全体で「いくら」といった形で明確に表現できれば、そういう内容を分かりやすく明記しておくことが、親切です。できるだけシンプルにオープンに、ということを心掛けましょう。

インフラビジネスであり、相手が大企業だから消費者の方が我慢している色合いが強いですが、スマートフォンの料金体系のように、自分がどれだけ使えばどれくらい毎月掛かるのか?というのが分かりにくい状態では消費者はストレスが溜まる一方なのです。

ホームページ制作や運営代行をしている弊社の例では、およそ40代以上くらいの、比較的年齢層の高い人の方は、お問い合わせや電話を割と気軽な感じでくださいます。

しかし、20代~30代の若年層になると、弊社のような購入前に事前にしっかりと、内容把握する必要のあるサービスでは、お問い合わせの敷居もグッと上がるようです。

もちろんホームページ上で表現している私の自己紹介やホームページ内にあるQ&A記事などから、シビアにご判断頂いているのだと考えています。現状の若者が求めているものに敏感になり、それに合わせてサービスの修正をしていく必要があると常に考えてます。

いずれにせよ僕個人としては、若年層に優しいホームページを私自身はもちろんですが、お客様にもそのように作っていただきたいなと考えているのです。

あなたのサイトでも、今高齢の方がサービス契約の中心だからといっても、高齢の方はいずれ契約終了の流れになってくるでしょう。若者向けにしっかりと説明がされたページでは、高齢者の方も使いやすく利用しやすくなるはずです。

一つの商品、一つの事例にしっかりと力を入れて、分かりやすい丁寧な表現でページ作りを行っていきましょう。その積み重ねが、若者からホームページが信頼され、支持されることに繋がっていくはずです。

年齢別ではなく業種別でホームページの難易度を書いた記事はこちら

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。 (HP活用方法の動画一覧→Youtubeチャンネル) 経営理念「育て拡げるお手伝い」の下、IT活用に活路を見出す個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。 西宮商工会議所青年部2018年度広報委員長、尼崎商工会議所会員。