ブログ

個人税理士事務所のホームページはどう作りどう集客する?

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

税理士の先生といえば、おそらく多くの方が個人事務所として経営されている方ではないでしょうか?

税理士法人などの大手グループに属されている方もいらっしゃるかと思いますが、ここでは個人の税理士の先生がどうやってホームページを使って集客していくか、つまり、ホームページをどう構築していくかというノウハウについてお伝えしてまいります。

まずはターゲットキーワードを絞り込む

電卓計算ホームページを制作するからと言って、いきなりホームページを作り始めるということはしません。

なぜならば、どのターゲットに向けてのホームページを作るかということを決めなければならないからです。

このターゲット設定を最初に明確にしておかなければ、どのような内容をホームページに掲載したとしてもそれは内容がブレてしまい、対象がぼやけてしまいます。

このターゲットを絞るという部分については、ご自身の事務所経営されるスタンスで得意分野を明確に表現し、それが顧客の求めているニーズとマッチしているかどうかを徹底的にチェックしましょう。

この部分がホームページの成否を決めると言っても過言ではないぐらい、非常に重要な部分になります。

ターゲットを絞り込むという作業は、サイトのテーマキーワードを決めるという作業とほぼ同じと考えて頂いても問題ありません。
例えば、西宮を拠点にして活動していきたいのであれば、「西宮市内」の「事業者」というのがひとつのテーマキーワードやターゲットとなります。

また「事業者」という括りですと、少し範囲が広すぎるので、それをもう少し狭めて、「製造業」という括りにしても良いでしょう。

「製造業」でも範囲が広いと感じれば「素材加工業」としても良いでしょうしさらに狭くするならば「金属加工業」のように、とことん絞り込みを強くしても構わないでしょう。

ここまでを振り返って考えると、「西宮市」の「金属加工業」向けの「税理士事務所」という、非常にニッチで専門性の高いテーマが出来上がりました。

この他にも税理士の仕事は、法人税・所得税・相続税・固定資産税といった様々な税金の種類に分けることもできます。

法人税であればもちろん対象は法人の企業になるでしょうし、相続税であれば企業の相続を担当するのか、個人の相続税納税のお手伝いをするのか、というカテゴリ分けが出来ます。

このカテゴリ分けは、テーマキーワードやターゲットの設定として必要な部分になってくるでしょう。

ご自身の強みと専門性後は実績とこれから伸ばしていきたいところを総合的に表現してください。

「西宮税理士事務所」というような形でテーマを広げで表現したいという気持ちをグッとこらえてください。

上手く絞ったテーマキーワードで、最初のホームページ展開を行ってみてください。

テーマや専門性を明確に絞り込んだ方が、引きの強い見込み客が集まることになりますので、あなたにとってメリットは必ず大きくなります。

Web集客は全てのページの検索結果が流入経路となる

小切手ブログ形式にしてホームページに記事をどんどん増やしていけば、相対的にトップページの占める割合は低下していきます。

あなたのホームページが100ページあれば、トップページのボリュームも単純計算で全ページのうちの100分の1であり、ほかの99ページのアクセスや検索順位も気に掛けていく必要が出てくるのです。

税理士事務所のホームページで既にブログを書いているという方は、必ずチェックしてくださいね。

アクセス解析の全ページのアクセス数の一覧を見て、アクセスの少ないページや滞在時間の短いページの洗い出しを行います。

アクセス数の少ないページにありがちな傾向としては、キーワードの選択が良くない、つまり、ブログのタイトルが分かりにくくなっているというものと、そもそものブログの記事の内容が短すぎるとか、大した内容が書かれていないといった初歩的な内容です。

これと並行して検索結果にタイトルと一緒に出てくる説明文が、他の検索結果に出てきているサイトと比べて、訴求力の高いものになっているかのチェックを行います。

1ページずつ全てのページにおいてこういった細かいチェックを行い、修正を重ねることによって全体としてのアクセス数はどんどん伸びて来るはずです。

まずはトップページで表現しておきたい内容

会計監査人個人事務所である税理士の先生のホームページでは必ず先生の顔写真を入れておきましょう。

個人の先生の税理士事務所の場合は、先生の顔で受注を取っていくしかありません。

担当の先生がついて、お客様ごとにチームで仕事をしている税理士法人であれば、会社全体としての方針や考え方をトップページに載せる必要がありますが、個人事務所であれば先生の考え方やパーソナリティ経営方針が分かる内容を掲載しておけば、問題ないでしょう。

価格が安いことをアピールするためにトップページに価格のことを大々的に書かれている税理士事務所のサイトもありますが、個人的にはオススメしません。

どこでも良いから、何でも良いから、安いところでお願いしたいという方を避けるサイト作りにしましょう。

価格の安さをアピールすると、先生にとって継続性の無い、その場しのぎの、要求水準の高い、割に合わない方ばかりを集客してしまう可能性が高くなります。

来て欲しいお客様のイメージを掲載するか、もしくは来て欲しくないお客様を明らかにするか、どちらかを明記しておけば、はっきりとした所長の経営方針を対外的にアピールすることができます。

その他の必須コンテンツとしては、定番コンテンツですが、お客様事例やQ&Aを書いておくというのも良いでしょう。

お客様事例はどのような方と繋がりがあるのかとか、どのような方が顧客となっているのかなど、訪問者が客観的に知ることができます。

Q&Aコンテンツであれば、お客様からの質問に対してどのような受け答えをしてくれるのかということが客観的に垣間見ることができます。

Webだけで一生の付き合いとなるかも知れない税理士を探しますか?

製造業継続する事業を前提とするならば、一度税理士を決めると基本的にはずっとその先生とお付き合いすることになります。

コロコロ税理士の先生を変える会社もあるかも知れませんが、会社の決算の状況や医療関係など、会社の心臓部とも言えるすべての重要書類に目を通すことになる税理士先生の選択は、非常に慎重にならざるを得ない問題です。

毎月の決算や月次処理をすべてお任せしている税理士の先生であれば尚更、どの先生に依頼するか、どの事務所に依頼するかというのは、時間を掛けて信頼関係を築き上げてからでも遅くはない話になります。

だからホームページにすべての情報を掲載しておけば一定の割合の方が契約を申し込んでくれると考えるのは非常に甘い考えなのです。

あなたが逆の立場なら、そのようなリスクを冒しますでしょうか?

あなたが現在顧問先となっている一社一社のお客様そのすべてが、良き理解者になって頂くべきなのです。

そうすることにより、紹介から評判を聞きつけた方がホームページを見て、内容確認し、先生の人柄も確認し、そこで初めてお問い合わせや面会相談というものが獲得できるのです。

すべてWebで完結できると思いになられる方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、全てWebで完結し、そこだけで申し込みから契約までが完結するといったようなことはまずありません。

必ず人と人とを介して、信頼関係を構築してからのお申込みとなるのが、こういった税理士の契約の基本です。

そこはお間違いになられないようにして頂きながら、ホームページ運用も税理士業務と並行して行っていただくことがベストなのです。

HP難易度 → 会計事務所 ★★

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 家具の製造・販売用ホームページの作り方
  2. スポーツジムのホームページの作り方
  3. プラネタリウム施設のホームページの作り方
  4. 整体・整骨院のホームページの作り方
  5. エステサロンのHP集客はSEOとWeb広告のどちらが先か
  6. 自然素材で出来た住宅 住宅建築販売会社のホームページはどう作る?
  7. 耳鼻科・内科・個人病院のホームページの作り方
  8. 製造業・加工メーカーのホームページの作り方

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP