【第2回】WordPressの人気の秘密「ワードプレス作成講座」

LINEで送る
Pocket

この記事では、WordPressの人気の秘密についてご説明致します。動画で見る方は下記よりご覧ください。

世界で一番使われているCMS

世界のブログ(CMS)に占めるWordPressシェア
https://w3techs.com/technologies/history_overview/content_management/all/y
※CMS(content management systems)とは、自分たちで更新できて投稿できて管理できるというシステム、つまりホームページを作るソフトのことです。

「世界のブログCMSに占めるWordPressシェア」というホームページがあるのですが、ここを見ると、WordPressは世界で1番使われているCMSということがわかります。

ご覧の通りこのサイトは英語なんですが、見て行くと1位はNone(Noneとは不明のことです)と書いてあります。
2位に来ているのがWordPressです。

2011年の段階で13.1%だったのが少しずつ率が上がって来て、2020年の段階で36.3.%になっています。

ここには世界中のCMSが載っています。今、ほとんどのサイト、ホームページがブログシステムをメインに作られています。

このサイトの世界中のランキングを見て行きますと、上の方には日本であまり馴染みのないものが結構あります。

日本でも少しずつ馴染みが出てきているWixが、2020年3月時点では世界シェアが1.3%ですね。

その他見て行きますと、frontpageというのがあります。これはMicrosoft社が出しているホームページ制作ソフトです。

日本で1番有名なのでは、ジャストシステム社のホームページビルダーです。これが2019年時点で0.1%だったのが、2020年の1月現在では0.1%を下回るシェアになっています。

シェアのグラフを見ますと、WordPressのシェアが高まって来ているのがわかります。これはWordPressが使いやすくで、世界中で使われているということです。

あと、同じサイトで日本での日本国内でのシェアも出ています。

<日本国内での驚くべきシェア>
https://w3techs.com/technologies/segmentation/cl-ja-/content_management

日本国内のCMSのシェアはWordPressは82.8%(2020年3月時点)と驚異的な数字になっています。

DreamweaverとかEC-CUBEといったソフトに比べて圧倒的なシェアを誇っています。もはやWordPress1強といった感じです。

Web上に情報が多い

・WordPressサポートサイト
https://ja.wordpress.org/support/

WordPressの人気の理由は何かというと、web上に情報が多いということが挙げられます。WordPressのサポートサイトもありますし、検索で色々なものが簡単に調べられるのです。

WordPressのサポートサイトには、インストールの方法を始め、基本的な使い方が細かく書かれています。英語の内容はブラウザで日本語に翻訳したら読めます。

例えば、よく使われるプラグインで「ContactForm7」というのがあります。

プラグインというのはスマホでいうアプリです。つまりWordPressに設置するアプリの事です。

それをどう使うんだろうと分からない時は、Googleの検索窓に「ContactForm7 使い方」と入れて検索してみると設置方法など様々な情報が出て来ます。

それ以外でも「メールが送信できない」といった何か困った時に、そのトラブルのキーワードを入れてみると、解決できる情報が多いです。

こういったサポートがあることも、WordPressを使えば非常に安心であると思われています。

ボタン1つで設置できる

WordPressはサーバーの管理画面から、ボタン一つで簡単に設置できます。

弊社の動画内では実際にサーバの画面で操作をお見せしています。

簡単インストールボタンを押すと、指定のドメインにWordPressが簡単に設置できます。

ブログ名、ユーザー名、パスワード、メールアドレス等、サーバーに必要な情報を入力します。

そのまま初期状態で確認画面へ進んで、インストールボタンを押せば、WordPressが指定のドメインに設置できます。

これだけでWordPressは設置できます。

常に最新システムにバージョンアップできる

世界中のエンジニアの方々が、WordPressをより良いものにするために日々、改良を加えてくださっています。

WordPressは常に最新システムにバージョンアップできるというのも大きな人気の秘密になっています。

これも世界中のエンジニアがWordPressをより良いものにするために日々改良してくださってるんですね。

ネット上はいろいろな攻撃とか日々web上で色々なプログラムが飛び交っているのですが、そこからWordPressを守るためにエンジニアの方々が最新の情報とか最新の技術を使ってくださっています。

我々WordPress使う側の人間としては恩恵を受けている形になっています。

実際にWordPressの管理画面でバージョンアップをどのようにするかっていうのを動画では簡単にお見せしています。

WordPressの管理画面から、更新ボタンを押すと、プラグインの更新とかテーマの更新とか様々な更新情報出てくるんですね。

実際に更新のやり方としましては、アップデートしたいプラグインなどにチェックを入れて、更新ボタンを押すだけで更新されます。

ボタン一つで更新ができますので、もちろん注意点もありますが、WordPressというのは管理画面から更新できる非常に便利なシステムになっています。

広告が入らず全て無料で使える

https://ja.wordpress.org/about/

なぜ広告が入らずに無料でWordPressがすべて使えるのかというと、「パブリッシングの民主化」があるからです。WordPressが色々な方の参加によって成り立っているオープンソースのシステムであるということが上記サイトに書かれています。

世界中の多くの善意の協力者の方々が、このWordPressというソフトを良くするために日々何らかの開発に携わってくれたり、マニュアル作成、プラグインの改造とか改善に携わってくれていたりと、そういったことを多くの方々が無償で協力することによって成り立っていうシステムになってるのです。

同じページ内に、「権利章典」が書かれていまして、自由に使っていいですよ。となっているのです。

WordPressは1番目の自由、2番目の自由、3番目の自由、4番目の自由、ということで、これもあまりWordPressを使う時に気にしないところなんですけれども、自由が保障されているので我々も勝手にお客様向けにWordPressを改造して提供するという仕事ができるのです。

これらの自由では、どんな目的にもプログラム実行できますよ、変更しても全然構いませんよ、再配布しても良いですよ、変更を加えた独自バージョンの複製を他の人に売っても良いですよと、そういう自由が保障されているとこれはもう非常にありがたい話です。

我々ももちろん恩恵を受けていますし、これを自分たちでホームページとして活用するっていう人たちも、もちろん恩恵があるのです。

この自由が保障されているので安心してビジネスに使えるとそういうことになっているんですね。

なぜ広告が入らずに使えているかは、どこかの営利企業が運営していることがなく、善意の開発者とかWordPressのサポートしてくださる方々のおかげであり、そのため広告なしで無料で使えているのです。

一企業が提供しているブログですと、基本は広告がついてきます。
広告を外すためにはプランに入らないできない等になっていきますので、無料で広告が入らないWordPressっていうのは非常に使い勝手がいいことが分かると思います。

WordPressのSEOについて

WordPressはSEOに強いなんて言われていますが・・・

・Web黎明期からSEOの意味が変わっています
・技術的なSEO情報は無視してOK
・SEO=見る人が満足するコンテンツを作ること
・画面の向こうの人を想像して、その人に響く内容を考えること

最後はWordPressのSEOについてです。

WordPressというのは基本的にいろんなネットとかの情報を調べたときにSEOに強いとかと言われていますよね。

ただこのSEOの意味というのはweb黎明期の頃から意味がかなり変わっているんですね。

キーワードを少しホームページに入れておけばそのキーワードで上位表示されるとか、そういう古いSEOというのも今はまったく意味がないということは知っておいて欲しいと思います。

技術的なSEOの情報もネットに情報がたくさん出ていますが、例えばそれが2016年とか2017年の情報だと、意外と古かったりするんですね。

最新の情報は、「見る人が満足するコンテンツを作ること」これのみなんですね。最新のSEOはこう思っておいていただいたら間違いありません。

だから特にメタタグとか、そういう言葉は知らなくても問題ないのです。

・metaタグをどうするか?
・キーワードの出現率をどうするか?

そういった話とか情報を知れば知るほど出てきて気になってくるかと思うのですが、一切気にしなくて大丈夫です。

唯一気にするとすれば、検索結果にスニペットとして「メタディスクリプション」が表示されますので、そこはWordPressの各ページの管理画面で「抜粋」にページの説明文章を書いていただければ問題ありません。スニペットとは下記画像でいう黄色の網掛けの箇所のことです。

キーワードの比率とかをあれこれ言ってる時点で、いびつなコンテンツや内容になってしまうので、注意が必要です。そうではなく、画面の向こうの人を想像して、その人に響く内容を考えることが真のSEOです。

ホームページだから特殊なことをやっているのかというとそうでもなく、

1.しっかりと相手に伝えることをしているかどうか、
2.相手に伝わる内容で文章を書いてきちんと説明できているかどうか、

そういうところに注力していって欲しいのです。

今もSEOコンサルティングのサービスなどが多数存在していますが、実際はコンテンツを企画・制作するコンサルティングという言い方の方が良いと考えています。

外部サイトからリンクを貼って、誘導して上位に上げるという外部リンク設置型のサービスは、2010年頃に廃れてきて、今は成り立っていません。

そういうサービスの勧誘電話などは信用せず、ご自身で、本当にアクセスを集めていくためには何をするのが正しいのかを判断してほしいと思っています。

今はWordPressがありますので、管理画面にログインしたらホームページの修正が誰でもできる時代になりました。

しかし、昔はサーバーにFTPソフトを介してアクセスして、データ修正やデータをアップロードしたりダウンロードしたりとか、ややこしいことをしていました。

ややこしいことがあった時代というのは、ホームページは「業者しか触れない」=「難しいもの」だったのです。

その難しいというイメージが染み付いていたのですが、今やWordPressが出てきて、誰でも修正ができる時代になると、SEOも自分でできる状態になったのです。

自分で触れない時代のホームページであれば、ホームページやSEOも業者に頼まないといけないんじゃないかと不安になりますよね。

SEOをやりたい場合は、見る人が満足するコンテンツを作ること、これをご自身で行って欲しいと思います。

どういう文章を書けばいいかをご自身で考えてお客様に提供する、これをやっていかないと集客とか販売がWebでできないことになりますので、しっかりと取り組んで欲しいと思います。

WordPressがSEOに強いって言われていることも多いのですが、これの意味するところはコンテンツを作って自分で修正とかしやすいという意味で「SEOに強い」と思っていただければそれでOKです。

WordPressを使えば上位に表示されやすいということなど実際はありませんので、お客様にとって必要なコンテンツを作り続けることが一番Webにとって、あなたのそのホームページを作って運営していくことにとって、良いことであるということを知っておいて欲しいのです。

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
毎日のように全国各地からいただく色々な中小・小規模事業者様のWebサイト運営・改善方法や、ホームページに関する問題点について、Web活用アドバイスのメールのご返信をしています。もちろん無料ですし、やり取りは1回で完結します。 様々な事業者様のWebサイト活用のお悩みや問題点を知ることで、弊社クライアントの制作・運営に活かせて頂いております。Win-Winの関係ですので、ご遠慮無くメールフォームからご質問ください。 プロフィール

WordPress作成講座の動画一覧

WordPressの作成や運用方法の講座【40代以上初心者向け「ワードプレス作成講座」】をYou Tubeの弊社チャンネル内で開講しております。WordPressに関心のある方はこちらからチャンネル登録(無料)を行っておいてくださいね。

ワードプレス作成講座への入塾(無料)You Tubeウェブロードチャンネル

動画内で紹介している有料テーマ
Lightning Pro

動画内で紹介しているレンタルサーバー エックスサーバー

弊社サービスをお考えの方は下記の動画もご覧いただき、Webの方向性や相性が合いそうか事前にご確認をお願い申し上げます。

※投資・広告・提携話等、営業メール・電話は一切お断りさせて頂いております。その場合、お返事致しませんのでご了承願います。

必須お名前
必須ふりがな
必須メールアドレス
任意貴社名
任意電話番号
必須お問い合わせ項目を選択してください WordPress制作運営代行サービス保守管理サービスサイト企画・改善コンサルティング(スポット)求人応募その他
必須内容を詳しくご記入ください

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー