【第69回講座】テイクアウトを始めた飲食店をGoogle検索で表示させる方法「ワードプレス作成講座」

LINEで送る
Pocket

この記事では、テイクアウトを始めた飲食店をGoogle検索で表示させる方法についてご説明致します。動画で見る方は下記をご覧ください。

今回は、テイクアウトを始めた飲食店をGoogle検索で表示させる方法をお話をしていきます。

昨日友人の居酒屋のテイクアウトを利用したんですが、もうテイクアウト専門店のようになっておりました。

今、飲食店が営業するのは非常に大変だというのは、周りの環境やニュースでもよく目にします。

今回はそんなテイクアウトで頑張っている飲食店様に、Google検索でテイクアウトでヒットさせる方法がありますので、ぜひ利用して欲しいと思います。この時期、少しでも集客に結びつけていただければ嬉しく思います。

<本日の講座>

  • Google検索は、自社サイトより検索している人にダイレクトで近い
  • Googleマイビジネスには必ず登録する
  • 地域の「テイクアウト」検索で出す方法

<ウェブロードの視点>
Google検索は、Facebookだけ、Twitterだけ、Instagramだけより、広範囲にリーチできます

下記はGoogle検索でウェブロードというキーワードで検索したところなんですが、こちらに出ているのがGoogleマイビジネスというGoogleが独自に提供している無料のツールです。見たことありませんか?

Googleマイビジネス

赤枠のところを見てください。
Googleビジネスに登録していると、所在地、営業時間、電話番号、予約、そしてどういう事業形態なのか、こういう情報がご自身で自由に入力することができるんです

これはGoogleアカウントを持っていて、つまりGmailを持っていて何か事業されている方であったら、どなたでも簡単に登録できます。
ぜひ登録をして、そこでテイクアウトしている店であることを書いていただけたらと思います

Google検索では、すでにこの検索結果の段階でこれだけの情報が表示されます。これはスマホで検索すると一番上にくるんです。

自分のサイトの検索結果の部分よりも、このGoogleマイビジネスの上記赤枠の部分です。
こちらがスマホでは上にいきますので、より検索した人にリーチしやすい、つまり目に付きやすいという特徴があります。

それともう1つ。
この検索結果の画面というのは、1回キーワードを入力して出てきた画面ですので、検索した人に対してリーチが早いんですね

検索した段階でこれだけ情報が表示されて、テイクアウトの店だということが表示できるようになります。

実際自身のホームページにテイクアウトの情報を書いていたとしても、検索結果のリンクを1回クリックして自分のホームページに来ていただいて、そこで新着情報を見ていただくという形になります。

その一歩手前の、この検索結果の画面で出ている情報というのはやはりリーチが早いということで、こちらのGoogleマイビジネスの情報を、まずは自分のホームページよりも先に登録して管理して行っていただきたいと思っています

このGoogleマイビジネスなんですが、Googleもこのように「COVID-19」の影響を受けている飲食店ということでこういう情報の変更ができますということを書いているんです。

COVID-19 の影響を受けている飲食店
https://support.google.com/business/answer/9805441?hl=ja

これはGoogleマイビジネスのヘルプのページです。
飲食店の最新情報を顧客に提供するには」のところで「3.提供方法を管理する」という項目があります。
Googleマイビジネスで「イートイン」「テイクアウト」「宅配」など、この辺りの属性を編集、修正ができます。

この箇所を「テイクアウト」にしておけば、当面「テイクアウト」主体でやっておられる飲食店の方は、Google検索で地域のキーワードで「テイクアウト」と検索されたときに、Googleマップ上に表示されることになります。

具体的にはどういう感じかといいますと、下記画面が「西宮 テイクアウト」で検索した画面なんですが、黄色いマーカーの箇所全てに「テイクアウト」「テイクアウト」「テイクアウト」・・・って書いてますよね。

このGoogleマイビジネスの属性を「テイクアウト」にしておけば、例えば「地域名 テイクアウト」で検索したときに、このようにテイクアウトと書かれているものがGoogle検索のトップに表示されます。

これは色々な「地域名+テイクアウト」の検索表示で出てきます。
スマホで検索するときはみなさんのスマホに位置情報というのがありますので、「テイクアウト 飲食店」とか「テイクアウト 中華料理」とか、「テイクアウト 焼き鳥」とか、そういったキーワードを検索するだけで、ご自身がお住まいの地域のGoogleマップでテイクアウトの店の情報が出てくることになります。

Googleで色々情報を見てたところ、こういう感じでGoogleマイビジネス上で最新情報を掲載する方法というPDFがありました。
ここを見ていきますと、属性を更新してテイクアウトやケータリングを提供していることを伝えましょう、ということが書かれています。

Googleマイビジネス上で最新情報を掲載する方法
https://forjapan.withgoogle.com/static/pdf/GMB.pdf

こういう感じでご自身のGoogleマイビジネスの画面でケータリングを行っているとか、テイクアウトをしているとかそういった情報を追加しておくんですね。

そうすると先ほどのこのような「西宮 テイクアウト」で検索したときに、テイクアウトっていう属性の店が一覧で出てきますので、ここで表示されるようになるということなんです。

今、テイクアウトで探されているお客さんも結構いると思うんです。

そういうテイクアウトに関連した検索が増えていると思われますので、ここをテイクアウトに変えておくっていうのは非常に有効だと思います。

これからは、具体的にその「テイクアウト」をどう設定するか、やり方をお伝えしていきます。

これが先ほどの「COVID-19」の影響を受けている飲食店というGoogleマイビジネスヘルプのページです。
赤枠がGoogleマイビジネスへのリンクです。

これは「Googleマイビジネス」で検索していただいても大丈夫ですし、赤枠の「Googleマイビジネス」横の□のリンクボタンからクリックして進んでいただいても大丈夫です。

僕の場合はGoogleマイビジネスに登録完了していますので、このリンクから飛ぶと、下記のようなウェブロードのGoogleマイビジネスのページが表示されます。すでに管理画面にログインした後のページになっています。

このGoogleのマイビジネスは特別なアカウントがいるのかというとそうではありません。
GoogleのアカウントというのはGmailのことなのです。

Gmailアカウントをお持ちであれば、そのGmailのアカウントがGoogleマイビジネスのアカウントにもなりますので、Googleマイビジネスはお手持ちのGmailでログインすれば管理画面に入れる状況になっています。

もしまだGoogleマイビジネスを登録されていない方はこちらですね、「ビジネスの登録とオーナー確認」っていうヘルプのページがあります。

ビジネスの登録とオーナー確認 ビジネス情報を登録して確認する https://support.google.com/business/answer/6300717?hl=ja

Googleマイビジネスにログインしますと、登録手順はこのように書かれています。
Googleアカウントがない場合はアカウントを作成し、「次に」というボタンをクリックします。

Googleマイビジネスのページに飛んでいけば、ログイン状態であれば管理画面にすぐ入ります。
ログインしていなければアカウント作成というボタンが出ますので、そこで「次へ」をクリックします

その指示に従って登録を進めてください。

登録する情報は、実はそんなにありません。
ウェブロードのGoogleマイビジネスの情報としてこれだけの部分が表示されているんですけれども、社名、住所がGoogleマップのどこにあるのかという情報、営業時間と電話番号とホームページがあればその情報、属性です。
これくらいの情報を最低限登録しておけばいいです。

属性について。
「西宮市のITコンサルタント」(黄色のマーカー部分)とあるんですけれども、これが属性ですね。

登録すれば下記画面になります。
すでに登録されている方も管理画面を見ていただきたいんですけれども、情報(黄色いマーカー部分)というのがあります。

ここの情報というのをクリックしますと、一通り検索結果に表示されるご自身のGoogleマイビジネスの情報が表示されます。

僕はそんなに書いてないんですが、住所、サービス提供地域、休みの日、電話番号などビジネスの説明を書いたり、写真を追加したりといろんな情報が追加できるんで、余力があればこのあたりも追加していくというのが好ましいと思います。

そして一番大事な属性のところです。この「情報」のところです。
僕はメインカテゴリに「ITコンサルタント」、追加カテゴリに「マーケティングコンサルタント」と書いています。
これは、鉛筆のマークをクリックしメインカテゴリを「テイクアウト」にすることでできます。

メインカテゴリ「テイクアウト」すると、テイクアウトで更新されますので、テイクアウトの情報をどなたかがGoogle検索したときに表示されるということになります。

追加カテゴリーも、例えば「中華料理店」とか「居酒屋」とかより詳しく書くと親切だと思います。
ただ、Googleで表示されるカテゴリしか選択できませんので、ここでご自身のサービスに合ったGoogleのカテゴリー項目を選択していただく、もしなければ別のカテゴリを追加っていうこともできますが、基本的にはGoogleが用意しているカテゴリを選択するという形になります。

ここまで行って、「適用」をクリックですね。

たとえば居酒屋でテイクアウトを始められた場合に、メインカテゴリーを当面はテイクアウトにして、追加カテゴリーを居酒屋というような感じで運用していただければ、まずはテイクアウトの店として検索に優先的に表示されるようになります。

ここでいう「検索」とはあなたのサイトにアクセスする前段階の、他の飲食店も並んで出て来るただの検索結果のことです。

「西宮 テイクアウト」で検索して出てきました。これが検索結果です。

下に「さらに表示」というのもあるんですけれども、「さらに表示」を押すと、こういう感じでテイクアウトの店がた後いっぱいGoogleマップ上に出てきますんで、これはまあ結構使っている方も多いと思います。それも全部テイクアウトって書いてますよね。

ここの属性のところにテイクアウト、何らかのテイクアウトっていうキーワードがあれば表示されるということです。

ですから、先ほどのカテゴリでメインカテゴリを「テイクアウト」にする意味は、ここでテイクアウトっていうキーワードが入力されて検索された時に、威力を発揮していきます。
今の時期、テイクアウトをされている方は、ここをテイクアウトにしておいた方が強いと思います。

弊社の場合は「ITコンサルタント」っていうカテゴリにしていますので、例えば「西宮 ITコンサルタント」で検索しますと1番目に表示されます。

「ITコンサルタント」で他、表示されている会社様も「ITコンサルタント」というカテゴリに設定されているということになります。

ですから、現状のコロナがまん延している状況では、居酒屋と検索するよりもテイクアウトと検索する方が多いかなと思いますので、そこでテイクアウトといったキーワードをGoogleマイビジネスに登録しておくことで、少しでもGoogle検索結果の段階で、あなたの飲食店のテイクアウトの情報が目に触れる機会が増えるとそういうことになります。

お忙しいなか大変だと思うんですが、この部分だけの修正で少しでもテイクアウトの情報が拡散されますのでぜひチャレンジていただければと思います。

ウェブロードの視点

Googleマイビジネスの情報が長くなりましたので、「ウェブロードの視点」は簡単にだけお話しておこうと思います。

フェイスブックなどでもテイクアウトの情報とかを発信されている方も多くて、私もFacebookでよく目にするんですが、やっぱりFacebookだけ、ツイッターだけ、インスタグラムだけ、LINEだけというのはそのSNSを使っている人にしかリーチできないんですね。

それとあと、タイムラインという仕組みがあって、情報がどんどん新しい情報に置き換わっていき、2日、3日経てば下の方に行ってしまい、凄く見られにくい情報になってしまうんです。

どんどん押し流されて行ってしまうと、お店のテイクアウトの情報をFacebookに投稿しても、3日後にFacebookを開けた人にとっては、もうその情報は見ない(見えない)情報になってしまっている可能性があるんですね。

ですから、いつ検索しても変わらない場所で表示されるGoogle検索というのは圧倒的に強いです。
今1番載せておきたい情報をGoogleマイビジネスのような形で変更しておく必番要があります。

基本は今回で言いますと、Googleマイビジネスの情報をしっかりと更新しておく。
そしてその上で自社のWordPressサイトやホームページでテイクアウトの情報をしっかりとメニューとともに掲載する。
そういった流れが一番スマートで多くの人にリーチできて、お店の情報発信として目指すべき方向なんではないかと考えています。

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
毎日のように全国各地からいただく色々な中小・小規模事業者様のWebサイト運営・改善方法や、ホームページに関する問題点について、Web活用アドバイスのメールのご返信をしています。もちろん無料ですし、やり取りは1回で完結します。 様々な事業者様のWebサイト活用のお悩みや問題点を知ることで、弊社クライアントの制作・運営に活かせて頂いております。Win-Winの関係ですので、ご遠慮無くメールフォームからご質問ください。 プロフィール

WordPress作成講座の動画一覧

WordPressの作成や運用方法の講座【40代以上初心者向け「ワードプレス作成講座」】をYou Tubeの弊社チャンネル内で開講しております。WordPressに関心のある方はこちらからチャンネル登録(無料)を行っておいてくださいね。

ワードプレス作成講座への入塾(無料)You Tubeウェブロードチャンネル

動画内で紹介している有料テーマ
Lightning Pro

動画内で紹介しているレンタルサーバー エックスサーバー

    弊社サービスをお考えの方は下記の動画もご覧いただき、Webの方向性や相性が合いそうか事前にご確認をお願い申し上げます。

    ※投資・広告・提携話等、営業メール・電話は一切お断りさせて頂いております。その場合、お返事致しませんのでご了承願います。

    必須お名前
    必須ふりがな
    必須メールアドレス
    任意貴社名
    任意電話番号
    必須お問い合わせ項目を選択してください WordPress制作運営代行サービス保守管理サービスサイト企画・改善コンサルティング(スポット)求人応募その他
    必須内容を詳しくご記入ください

    株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー