【第96回】WordPressの管理画面が制作業者しか触れません「ワードプレス作成講座」

第96回講座は「WordPressの管理画面が制作業者しか触れません」ということでお話を進めて行きたいと思います。

管理画面が触れないとかサーバーやドメインというのが何かわからないっていう方にも、できる限りわかりやすくお話しています。
ご自身のサイトがどこにあって、どういう管理をしているのかが分かるように、順を追って説明していきますので、
今回お話する1から7のポイントを押さえていただきたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

動画で見る方は下記をご覧ください。

自分のホームページなのに自由に触れない・・・

最近、「制作会社しか触れなくて、自分には触れるところが限られているんです」っていうようなお問い合わせがちらほらあります。

お客様のホームページのリニューアルをお受けした際に、
社長から「じゃあ、お願いします」って言われていざ制作を始めようとするのはいいんですけれども、「ドメインはどこにありますか?」「サーバーはどこにありますか?」っていう話をさせてもらうと、「何のことですか?」とか「それはどういうものですか?」「全然わからないです」というお客様が多くいらっしゃいます。

いやそれはまずいということで、直接社長さんとやりとりすることが多いので、
「自社でドメインとかサーバーとか、ホームページはしっかりと管理していかないと1番窓口になる所ですよ。
ネットの営業戦力でもあるホームページをみんなスマホで検索して、いろんなものを探しているのに、自社のホームページが何も手つかずの状態とか自分たちで触れない状態はまずいですよ」
という話させてもらうんですね。

この記事(動画を)をご覧になっている事業者様には、しっかり自分達で管理しないといけないという意識を持ってもらって、そこで自分のホームページがどこにあってどういう契約をしているのかっていうのをしっかり把握して欲しいっていう思いから、この動画を僕自身の経験から作りました。

1)WordPressは自分で触れるのがメリット

まず第1番目としましてWordPressは“自分で触れるのがメリット”。
これは今までずっと話してきた内容ですよね。
投稿も自由に新規追加ができますし、
弊社の場合はカスタム投稿で制作事例というのを付けていますので、こちらも自由に投稿でき、
後は主要なページ「会社概要」とか「サービス案内」とかを載せるページである固定ページも新規追加も簡単にできます。

一覧から今までの内容の修正とか変更とか追加とかもでき、自由に触れるのがWordPressの一番のメリットである。
とそのメリットが失われている状態にある・・・。
やっぱりそれは自由に使えるように自社内で管理できるようにしておかなきゃいけないですね。

サイトのデータは絶対にどこかのサーバに入ってるんです。
どこのサーバに入ってるのかっていうのが分からないことには、更新していくにも管理していくにも不安ですよね。
どこに入っているか分からない、誰が管理しているか、誰が契約しているか分からないところに自分のホームページがあるとそれってすごいおかしな状態だと思うんです。

弊社ではエックスサーバーを使って運用してるんですが、もちろんこのサーバーは弊社で契約してるんですけれども、
自分のドメイン、弊社の場合はこのwebroad.co.jpのドメインであるこれがこのエックスサーバーに入っているということなんです。

2)サイトデータがあるサーバーの契約者を確認

3)ドメインの契約者を確認

まず確認しないといけないのは、サイトデータがあるサーバーの契約を確認とドメインの契約者を確認ということです。
2番目と3番目として書いているんですが、これはともに2つ契約がいるってことなんですね。
サーバーの契約もいりますし、ドメインの契約もいります。

ドメインの方の契約とサーバーの方の契約の2つをそろえて、結び付けて初めてサーバの中にあるWordPressが
そのドメインで表示されるということになります。

サーバーとドメインを結びつけるのはどこかっていいますと、これはドメインパネルっていうところにある
ネームサーバーなんです。
ドメインネームサーバというパネルで、どのサーバに自分のドメインを紐付けたいかっていうのを設定するんです。

それをちょっと今からお見せします。
下記が弊社のドメインパネルといわれる部分です。

エックスドメインを使っています。
エックスドメインというのがエックスサーバーとサービスを統合しましたので、
エックスサーバーでサーバー契約ドメイン契約の2つの契約をするという流れになっています。

こちらがエックスサーバーのサーバーパネルで、ドメインとまた違うんです。
ドメインはこちらでドメインパネルといわれるパネルがあって、ここにドメインがありますよね。
このドメインも年間契約しています。
継続的に使うものですので、継続した支払いが必要なんですね。

そして下を見て行きますとネームサーバってありますよね。

ドメインの管理パネルにこのネームサーバ情報っていうのがあって、このネームサーバがエックスサーバーであれば
これを使ってくださいっていうのが書かれているんです。
右上の丸印に「設定変更」ってあるように、ネームサーバーは変更できるんです。

弊社のWordPressサイトがエックスサーバーに入っていますので、ネームサーバをこのエックスサーバーが指定されているものに変更しないと、エックスサーバーの中にある自分のドメインを見に行ってくれないんですね。

ちょっとこのあたりややこしいと思うんですけれど、もう1度図を見てください。
エックスサーバーのネームサーバーの所にネームサーバns1からns5まであります。
これが弊社webroad.co.jpのドメインパネルの中で、ネームサーバ情報としてエックスサーバーが指定したネームサーバーの情報です。
ここで初めてこのドメインはエックスサーバーと紐付いたっていう状態になるんですね。
そのサーバをこのドメインが見に行く=閲覧者が見ることができるんです。

ですから、ここを例えばこのネームサーバーをロリポップというサーバー会社のネームサーバに書き換えるとしますと、webroad.co.jpというドメインは、ロリポップのサーバの中に見に行くんです。
でも、ロリポップのサーバーの中にデータがないと、ホームページが表示されませんっていうことになるんですね。

サーバー契約をしたそのサーバの中に、WordPressサイトを作って利用するドメインのドメインパネルから、お使いのサーバのネームサーバー(サーバーを契約した会社から指定されます)をドメインパネルに入力しておかないと、ドメインとサーバーのホームページのデータが紐付かないということになります。

ですからドメインもサーバーも契約者の確認が入りますし、ドメインは会社で契約されていることが多い一方で、サーバーはホームページ制作会社に依頼して作った場合はそこの会社のサーバーをお借りするっていう場合もあります。
これは“ドメインは自社で管理しているけれどもサーバーは他社管理”という状態になります。
ホームページ制作会社との契約をやめた時に、ホームページだけ制作会社さんのサーバの中にあって、じゃあどうするんだっていう話が出て来るんです。

その場合は、バックアップを制作会社からもらっていただき、ご自身でサーバー会社と契約して、その制作会社さんにある自社ホームページのデータを移してこないといけないんです。

5)サーバーを移行せざるを得ない場合

6)業者からフルバックアップのデータをもらう
 a)管理者権限でログインできる
 b)サーバーパネルにログインできる

それが5番とか6番の“サーバーを移行せざるを得ない場合”と“業者からフルバックアップのデータをもらう”です。

フルバックアップのデータをもらえば、制作会社さんで管理してもらうのをやめたとしても自社で契約したサーバーに
自分のサイト引っ越してくることができます。
これで晴れて自分で全部と管理できるようになって、自由に使うことができるということなんです。

ですから、a)とb)に書いていますように、“権限でログインできるか”と“サーバーパネルにログインできるか”
というところが大事になってきます。
この2つの権限があったら、ホームページのデータというのは全部外部から引っ張ることができますので、それを自分の新たに契約されたサーバの中に移し替えることができます。

ドメインにはドメインパネル内にネームサーバー情報っていうのがきっちりと入っていて、どのサーバを使っているかが分かります。
これでサーバーも特定できるんですね。
自社で契約しているサーバーを使ってたとか、外注先の事業者のサーバをお借りしてたとか、そういった情報が分かって来ます。
誰が契約しているか誰が管理者権限を持っているか分からない場合は、そういうふうに1つ1つ紐解いていく必要があるんです。

弊社もリニューアルの依頼を受けると、まずドメインの情報やサーバーの情報を調べていくことから始めます。
契約者が誰か分かったところで、バックアップデータをもらいます。

6 a)管理者権限でログインできるについて、ちょっとおさらいします。
管理者権限でログインできているかどうか確認するには、どこを見ればいいか。
今、WordPressの管理画面を開きましたけど、これは管理者権限でログインされているので、すべてのメニューが表示されています。
正しい管理者権限でログインしていない場合は、設定、ツール、プラグインとかっていうのは出てこないです。

WordPressには5つの権限があります。
別の動画で権限の話は詳しくやっていますので、それぞれの権限でどういうメニュー表示になっているかというのもやっていますので、まだご覧になっていない方やもう1度確認したいという方は下記動画をチェックしてください。

弊社もインストールしているんですが、管理者の権限でログイン出来ていれば、プラグインのところにある「updraftPlus-バックアップ/復元」というプラグインで、無料版で完全なバックアップも取れ、自動的に
WordPressをバックアップから復元するというのを割と簡単な設定で自動的にやってくれるんです。

管理者の権限があれば、こういうプラグインでWordPressの完全なバックアップを全部ローカルのパソコンの中に置いておいて、いざサーバを変えるとか、制作会社にずっと委ねていたけど自前で全部やりたいっていう場合は、制作会社からこういったプラグインでバックアップデータを一式もらって、それを自社のサーバーでもう一回復元作業すれば今まで運営したサイトが完全に復元されることになります。
こういったプラグインがあるっていうのも知っておくと良いと思います。

ただし、管理者権限でログインした状態でなければ、プラグインというのは使えません。

制作会社で制作し、管理者権限ではログインできないという方はちょっと難しいかもしれないので、
その場合は制作会社に、例えばupdraft+でバックアップをしてもらってから、データを一式くださいと伝えます。

それが難しい場合は、別のバックアップの取り方としましては、
例えば弊社でしたら、wp-admin、wp-content、wp-includesという3つのフォルダーと、主要ファイルがあって、この中にいろんなWordPressのデータが入っているんです。
これがWordPressの全体像なんですね。

この画面はWordPress管理画面ではありません。皆さんのパソコン本体の中(ローカルファイル)にあります。


wp-contentのところをクリックしていきますと、アップロードっていうのがあります。

ここには2007年から2020年までにアップした写真とか画像が入っているんです。
こういう形でWordPressのデータっていうのはフォルダの中に入ってるんですが、一部サーバーの中にデータベースっていうのもありまして、そのデータベースも抜き取ってこないといけないです。

これはFTPソフトというのを使って、データをダウンロードします。
けれども、それだけだとWordPressのデータが完全な形で復元できませんので、この方法でやる場合はまずFTPでデータを全部ダウンロードします。

それから、先ほどのサーバーの管理画面のこちらのMySQLバックアップっていうのがありまして、

ここからデータベースもバックアップして、FTPからダウンロードするこちらのデータ一式とあとこちらのMySQLバックアップっていう部分の2セットは必要になるということです。

その2セットをバックアップするのは面倒ですし、一気にバックアップを一括管理したいっていう時にはさきほどのupdraftPlus-バックアップ/復元プラグインです。
このプラグインでしたらバックアップがデータベースとさっきのFTPの部分のどちらもバックアップを一気にしてくれますので、復元が非常に楽になります。
特にWordPressを使う場合はこういったプラグインを利用されてバックアップと復元をされると1番便利でいいのかなと思います。

今回、WordPressの管理画面が制作業者しか触れませんということでしたけれど、
1番いいのは制作業者に「管理者でログインできる権限をくださいって」言うのが1番早いと思うんですね。

ただもう制作業者を通さずに、自分たちで全部管理したいっていう場合は上記の手順を追って、

  1. 契約者の確認していき、
  2. サーバーとドメインは2つ分かれていますので、ネームサーバどうなっているか
  3. 管理者権限でWordPressがログインできているか、
  4. 管理者権限でログインできていたら、バックアップのプラグインを使ってバックアップするで自社で契約した新しいサーバーにそのデータを復元させる

最後に、ドメインのネームサーバーです。
サーバー会社を変更する場合は、ドメインのネームサーバーも変えないといけませんので、そこを注意して変更していただく。
これらはドメイン会社とかサーバー会社に連絡し、サポートを受けながら進めることができますので、具体的な作業としてはドメイン会社やサーバー会社のサポートを利用するというのが1番早いと思います。

もしこういう事態になりましたらドメイン会社、サーバー会社のサポートを最大限に使って、うまく自社のサーバーに移行させてください。
制作業者にサイトを預けていると、1つ1つの修正に費用がかかったりしてストレスがあったり、レスポンスが遅いとかそういった話もよく聞きますので、ご自身で管理しストレスなく自社のビジネスを表現していただきたいと思います。

ホームページは使えば使うほど成果が出て来るものですので、今までずっと講座でお話しさせてもらって来ましたように、本当に必要とする方に必要な情報どんどん提供し、自分たちのサイトの中に会社の中身をガラス張りにして集客から
販売につなげていって欲しいなとそういうふうに思っています。

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
毎日のように全国各地からいただく色々な中小・小規模事業者様のWebサイト運営・改善方法や、ホームページに関する問題点について、Web活用アドバイスのメールのご返信をしています。もちろん無料ですし、やり取りは1回で完結します。 様々な事業者様のWebサイト活用のお悩みや問題点を知ることで、弊社クライアントの制作・運営に活かせて頂いております。Win-Winの関係ですので、ご遠慮無くメールフォームからご質問ください。 プロフィール

WordPress作成講座の動画一覧

WordPressの作成や運用方法の講座【40代以上初心者向け「ワードプレス作成講座」】をYou Tubeの弊社チャンネル内で開講しております。WordPressに関心のある方はこちらからチャンネル登録(無料)を行っておいてくださいね。

ワードプレス作成講座への入塾(無料)You Tubeウェブロードチャンネル

動画内で紹介している有料テーマ
Lightning Pro

動画内で紹介しているレンタルサーバー エックスサーバー

メールフォームはこちら
ご質問だけでも大歓迎!

    弊社サービスをお考えの方は下記の動画もご覧いただき、Webの方向性や相性が合いそうか事前にご確認をお願い申し上げます。

    ※投資・広告・提携話等、営業メール・電話は一切お断りさせて頂いております。その場合、お返事致しませんのでご了承願います。

    必須お名前
    必須ふりがな
    必須メールアドレス
    任意貴社名
    任意電話番号
    必須お問い合わせ項目を選択してください
    必須内容を詳しくご記入ください

    株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー