ホームページを自社で制作したいと思った場合に代表的なサービスとして、「Wix(ウイックス)」「WordPress」の2つが挙げられます。

それぞれどういったサービスなのか、メリットやデメリットの比較から、絶対に抑えるべき7項目で徹底的に比較していきます。

Wix(ウイックス)とは

Wixは、誰でも簡単にホームページの作成から集客、管理まで行えるweb制作プラットフォームです。

Wixを利用することで、web知識があまりない人でも本格的なサイトが作れるため、世界中のユーザーに利用されています。

また、Wixには500種類以上のデザインテンプレートが用意されており、自社のスタイルや業態にぴったりなデザインのページを作ることができます。

ホームページ作成の操作方法もとても簡単で、直感的な操作で自由にページのレイアウトを作成できます。

Wix(ウイックス)のメリット

Wixを使うメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 500種類以上の豊富なデザインテンプレート
  • モバイルサイトが簡単に作成できる
  • SEO対策が万全

Wix最大の特徴は、デザインテンプレートの豊富さ

ホームページ制作サービスの多くは、デザインの種類が限られており、どこか他社と似たデザインのページになりがちですが、Wixの場合はそういったことはまずありません。

自分好みのデザインを1から作ることができるのです。

また、昨今重要になっているモバイルサイトも簡単に作成可能です。

クリック1つで、モバイルサイト向けに最適化され、デザインや機能を細かく調整することができます。

SEO対策も万全に備わっており、サイトのタグ設定や構造化データ、robots.txtなどをカスタマイズすることが可能です。

また、301リダイレクトの設定なども簡単に設定できるため、SEO対策の作業効率が大幅に向上します。

Wix(ウイックス)のデメリット

Wixを使う上でのデメリットは、以下の2点が挙げられます。

  • テンプレートを変更できない
  • 無料版では機能に制限がある
引用元: | Wix.com

Wixには500を超える豊富なデザインのテンプレートが備わっていますが、一度選択したものを後から変えることはできません。

ホームページが出来上がった後に、「思ったのと少し違うかも・・・」となっても変更することはできませんので、注意が必要です。

また、無料プランには制限がありWixの広告が表示されたり、独自ドメインを利用することができません。

ビジネス目的で使う以上は、有料プランにする必要があります。

WordPress(ワードプレス)とは

WordPressは世界中で最も利用ユーザーの多い、ホームページ制作サービスです。

1から自分好みのサイトが作れるだけでなく、機能がどんどん拡張されていったり、いろんなユーザーがトラブルへの対処法を公開していたりと、非常に使い勝手の良いサービスとなっています。

WordPressのメリット

WordPressを使う上でのメリットは、以下の2点が挙げられます。

  • 無料でも十分な機能が搭載されている
  • 利用ユーザーが多く情報が出回っている

WordPressは基本的には無料で使い続けることができる

引用元:WordPress

広告が表示されたり独自ドメインが使えないなどの制限もないため、サーバー代やドメイン代さえ支払えば費用は発生しません。

また、世界中で数億人のユーザーが存在しているため、WordPressのカスタマイズ方法や機能の説明などを多くのユーザーが、ブログやYouTubeなどで公開しています。

困ったことがあったとしても、既に解決したユーザーがいる場合が多く、それらを参考にすることで簡単に解決することができます。

WordPressのデメリット

WordPressを使う上でのデメリットは、以下の2点が挙げられます。

  • web制作の知識がある程度必要
  • 操作性が難しい

WordPressは自由に1からどんなサイトも作ることができるのですが、それはwebの知識があった場合の話であり、知識のない初心者が簡単に作れるわけではありません。

webに馴染みのない方が、独学で制作する難易度は非常に高いでしょう。

また、WordPressの管理画面は作りが複雑で操作性が難しいです。

一見すると何が何だかわからないような作りで専門用語も多いため、そういった点でも初心者には向いていません。

Wix(ウイックス)とWordPress(ワードプレス)を
7つの項目で徹底比較

ホームページを制作する上で、WixとWordPressを以下の7項目で徹底的に比較していきます!

  1. 初心者向きか?管理画面は使いやすいか?
  2. どのようなサイトと相性が良いか?
  3. 制作後のランニングコストは?
  4. SEO対策(コンテンツ追加)のし易さは?
  5. 使いにくい点・おすすめしにくい点は?
  6. 無料でできることと有料プランでしかできないことは?
  7. 訪問者にもわかりやすいサイトが作れるか?

初心者向きか?管理画面は使いやすいか?

初心者向きという観点では、圧倒的にWixが使いやすいです。

web知識があまりないユーザーがターゲットになっており、それでも簡単にホームページを作るためのサービスになっているため、少ないステップで作ることができます。

一方のWordPressの場合は、管理画面も難しく初心者向けのサービスとはなかなか言えない部分があります。

webの知識が一定以上必要とされるため、最初に使うにはハードルが高いでしょう。

どのようなサイトと相性が良いか?

Wixの場合、豊富なデザインテンプレートが用意されているため、おしゃれで見栄えのいいサイトを作りたい場合に相性がいいです。

また、ネットショップや予約システムも搭載することが可能なため、ECサイトや店舗紹介サイトとも非常に相性がいいです。

一方のWordPressは自由にどのようなページでも作れるため、複雑だったり大規模なサイトだったりする場合は相性がいいでしょう。

制作後のランニングコストは?

Wixをビジネス目的で利用する場合、有料プランへの加入が必須と言えるため、毎月数千円程度のランニングコストがどうしても発生してしまいます。

WordPressの場合も、利用自体に費用は発生しませんが自分でサーバー代やドメイン代を用意する必要があるため、毎月最低でも数千円はコストが発生します。

SEO対策(コンテンツ追加)のし易さは?

Wixはブログ機能も簡単に搭載することができるため、SEO対策の一環としてコンテンツを追加する難易度は低いといえます。

WordPressもどちらかというとブログ形式のホームページが作りやすいため、両者ともコンテンツを追加するための仕組みは整っています。

使いにくい点・おすすめしにくい点は?

Wixの場合、デザインテンプレートを変えることができないという点と、無料プランではビジネス利用できないという点がおすすめしにくい点です。

WordPressの場合は、web知識がないとまともに制作できないという点で、ユーザーの知識量によってはおすすめできません。

無料でできることと有料プランでしかできないことは?

Wixの場合、無料プランのままでは独自ドメインが使えない、広告が表示されてしまうという制限があります。

WordPressにはそういった制限がなく、基本的に無料で全部の機能を利用することができます。

訪問者にもわかりやすいサイトが作れるか?

Wixを利用してホームページを制作すると、シンプルでわかりやすいサイトが簡単に作れるため訪問者にとってわかりやすいサイトが作れるでしょう。

WordPressの場合でもわかりやすいサイトを作ることはできますが、そのためには専門的なweb制作の知識が必要になります。

まとめ

Wixは、誰でも簡単にホームページを作ることができ、デザインパターンも豊富で非常に便利なサービスとなっています。

また、予約システムやネットショップも簡単に実装できるため、ECサイトや実店舗ビジネスを展開している会社との相性が抜群です。

一方で、無料プランに制限があったりデザインは後から変えることができないという点では、WordPressの方が都合が良い場合もあります。

両者の特徴を理解した上で、自社サイトに適したサービスを利用しましょう。

こちらが最新情報です

SEO・Web集客
Googleにキャッシュ(Cache)されず検索結果に表示されません
コンテンツ
訪問・電話営業より「待ちの営業」が効果的
SEO・Web集客
online-marketing
SEO対策費用の相場は?
Web制作の費用や相場
ホームページ制作費のお見積り金額と相場感
ホームページ制作
BiNDup(バインド・アップ)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
ホームページビルダーとWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
Wix(ウイックス)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
Jimdo(ジンドゥー)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
ペライチとWordPressのメリット・デメリット比較
SEO・Web集客
SEO集客できるHPを外注制作する際の必須チェック項目5つ
サイト運営ノウハウ
HPの保守管理費を無駄にしないための5つのチェックポイント
SEO・Web集客
数字の錯覚とキャッチコピーの変更方法
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作・改善を中心に、Web業界16年の知識と経験を生かして、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィールはこちら

お問い合わせフォームはこちら

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520
(※営業電話が多いため、お電話は留守電となります。お問い合わせ内容を留守電に入れていただけましたら、折り返しお電話させていただきます。お急ぎの方はメールフォームをお使いください。

2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますがこちらのメールアドレス宛にご連絡ください。













    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    必須お問い合わせ項目

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意貴社サイトURL

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください