サイトの新規制作やリニューアルの際にSEOを考え、キーワードを調査し、作業が先に進まない事業者の方を時折見かけます。

今回は、コンテンツを考え、作り続けることが結果的にはSEOになっているというお話です。

アフィリエイトや広告集客のランディングページの場合は、キーワード選定が非常に重要で、重きをなします。

一方で、ご自身のビジネスをWeb上にホームページを使って公開し、集客したいという事業者の方は、過度にSEOのことを考える必要はありません。

事業者の場合は、ユーザーが知りたい商品・サービスの内容を想像して、詳しく説明の記事を書いていく、それがSEOの対策になります。

周りの方が、

SEOをしなければサイトにアクセスが集まらないよ」とか、
ホームページを作ったらSEO対策をしなければ集客できないよ」とか、

そんなアドバイスをしてくれるかもしれません。
しかし、そういった声は全く無視して、聞き流していても問題ありません。

現在のWeb環境での集客は、ご自身のビジネスを地道に文章や動画でコツコツ作成し、それを自らのホームページ内に積み上げていくだけで良いのです。

SEOのことを考えずにユーザーのことだけを考えて、地道に文章を作っていきましょう。商品やサービスをしっかりと説明する動画でも構いません。

文章を書く前にこんな事を考えてみましょう。

  • 自社の商品サービスを求めている方は何が知りたいだろうか?
  • 何を教えてあげると喜ぶだろうか?
  • 購入前や契約前に知っておけば良い内容は何だろうか?
  • 購入前に使い方や活用方法を教えてあげるとわかりやすいだろうか?
  • 商品の購入後やサービスのご契約後にどのような状態になるだろうか?

具体的なイメージを描き、ユーザーに文章と写真、もしくは動画で伝えてあげてください。

ホームページやブログはそのようにユーザーにしっかりと情報を伝える場でもあるのです。
ここがSNSとの違いです。

プラットフォームの意味を正しく理解すること

SNSはホームページにユーザーを引っ張ってくる導線の役割です。

例外もあるかもしれませんが、Google検索結果(SEO)やYouTubeを始め、SNS・無料ブログ・チラシ媒体、雑誌媒体、テレビCM、他社のプラットフォームで利用できるものは何でも利用しましょう。

他社のプラットホームから、自らの媒体(自分の土俵)であるWordPressに、ユーザーを引っ張って来る流れを構築するのです。

これがホームページの集客の基本です。

全ての勝負はそこからなのです。

自分の土俵であるWordPressで作ったホームページにしっかりと文章や画像や動画を入れていきましょう。
そこがご自身のビジネスで、一番勝負できる場所なのです。

そう考えると、Google検索で上位に表示するというSEOを、過剰なまでに必死になって頑張るよりも、自分のサイトの情報コンテンツの充実化に必死になった方が将来性があると思いませんか?

SEOに躍起になるのは古い考え方

私自身も検索エンジンの上位表示に躍起になっていた時代もあるのですが、すっかり時代は様変わりし、今は自分自身のサイトの充実化を行うことが、改めて検索上位につながることを実感しています。

サイトコンテンツの追加や改善なくして上位表示の道はありません。

タイトルにそのページのキーワードを入れるなど基本的なことは当然、どの事業者も行なっています。
集客意識のある事業者では、テクニカルなSEOは完了済みなので、ここでは差別がほとんどできないのですね。

弊社のサイトでもSEOらしいことは現在はほとんど行っておりません。そのため、サイト運営で重視すべきは下記の3点です。

  • 想定ユーザーに対して、親身になれているだろうか?
  • どんな情報を発信すれば、役立ててもらえるだろうか?
  • どんな切り口で伝えると、ユーザーに喜んでもらえるだろうか?

その部分を徹底的に考えることにしております。

それがひいては自社の商品やサービスを知っていただく足掛かりになり、

ユーザーのタイミングとニーズがぴったり商材にマッチすれば、お問い合わせや購入に至る

それが本来事業者が行うべきコンテンツ作成でありSEOであると考えています。

Google検索で上位に表示するためのテクニカルに過度に時間を取られることなく、自分の土俵であるWordPressにて、ニーズを捉えた情報を書き続け、掲載し続け、どっしりと構えていれば、テクニカルSEOに取られている時間を限りなく減らせます。

コンテンツを考え、作り続けることが結果的にはSEOになる、そのことを事業者の方には知っておいてほしいと思います。

こちらが最新情報です

Lightningテーマの使い方
【検索・予約・イベントカレンダー】機能体験型デモサイトをオープン!New!!
01メルマガバックナンバー
音声検索に強いウェブサイトへの変革
ホームページ制作
ドメイン・サーバー管理は制作会社にお願いした方がいいの?
ホームページ制作
企業ホームページ立ち上げの際のドメインの決め方
ホームページ制作
ホームページはWordPressで作成した方が良いですか?
Web制作の費用や相場
ホームページ制作会社選び|価格以外はどこで見分けるの?
サイト運営ノウハウ
効果のあるサイト改善「お問い合わせフォーム」の見直し
ホームページ制作
リニューアルが不要になる!簡単にサイト改善できる3項目
WordPress講座
ドメインとサーバー移転の基礎
Web制作の費用や相場
ホームページ制作会社選び|価格以外はどこで見る?
ホームページ制作
外注で作るホームページの3つの失敗事例とその対策
ホームページ制作
中小企業のWordPressサイトは「オリジナルデザイン」で制作してはいけません

投稿者プロフィール

山口 敦
山口 敦
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作・改善を中心に、Web業界17年の知識と経験を生かして、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィールはこちら

お問合せフォームはこちら

(※営業電話が多いため留守電にしています。お急ぎの方は下記メールフォームをお使いください。)

お見積りのご依頼・打ち合わせはZOOM/GoogleMeet/お電話等、オンラインでも対応可能です。全国からお問い合わせを受付けています。
2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますが、下記メールアドレスにご連絡ください。

    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    任意貴社サイトURL

    必須お問い合わせ項目

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)