ホームページ制作会社の選び方のポイントは?

ホームページ制作会社の選び方のポイントは?

LINEで送る
Pocket

ホームページ制作会社はそもそもホームページを作ることが仕事で、作った成果物そのものが売上となります。そのため、ホームページの制作を外注する場合においてはその部分は必ず頭に入れておきましょう。

つまり、制作会社側としては、カスタムメイドする部分が多ければ多いほど、ご要望に応じた機能を付ければ付けるほど、販売価格を高くすることが出来ます。そのため、発注側の「低コストで作りたい」という要望よりも、「機能性や満足度を充足させたい」という付加価値を重視する傾向にあります。

発注側でWebに関する知識やスキルを持っている場合、ホームページ制作会社との打ち合わせにおいて必要以上の機能はコスト削減やムダの排除の観点から、事前に取り除くことが出来ます。

しかし、発注側にWebに関する知識が乏しい場合は、どうしてもホームページ制作会社に必要と言われれば将来的に必要になるかもしれないと考え、言われるままに、結果的に使うことのないカスタマイズを受け入れて、コストアップとなることがあります。

事前にそのような不要なコストアップを防ぐにはどうすればよいか、下記より、出来るだけこのページでお伝えして参ります。それと1点、ホームページ制作は「リース契約」は絶対ダメですよ。ご存じない方は先にご一読を。
→ ホームページ制作・SEOの「リース契約」は更新せず解約すべき

1.目的を共有できる会社かどうか?
2.シンプルな構造で制作してくれるかどうか?
3.自社で運用が出来る仕組みになるかどうか?
4.あなたの理想とする制作実績があるか?
5.SOHOに丸投げしていないかどうか?
6.Webだけでなくリアルも考えているか?
7.意見を戦わせることが出来る雰囲気か?
8.費用面で最適かどうかの検討をしているか?

1.目的を共有できる会社かどうか?

目的共有を一番に持ってきました。これはホームページ制作会社と発注者が常に同じベクトルであるということが最低限の必要条件であるからです。

これだ!と決めた会社が見つかれば、徹底的に自社の考え方を伝えて、それをホームページ上で表現していってもらわなければなりません。お互い他人同士、伝わったつもりでも本当に意図するところまできちんと伝わっていることはほどんど無いでしょう。

そのため、継続して分かり合えるように話し合いを重ねることが出来る、そんなコニュニケーションを厭わない会社を選ぶことが非常に重要です。作るだけならどこの会社でもどんな会社でも今の時代素人でもある程度のサイトは作れます。

単に箱を「作る」ことでは外注する意味はありませんし、全く無意味です。お互いに理解し合うためのコミュニケーションは非常に時間が掛かります。ホームページ制作における作業工数の大部分はここに掛けるべきです。作るだけなら、その道のプロであれば、発注者が思っている以上に時間を掛けずに作ることが出来ます。

単なる「作る」という部分でホームページ制作費は高いというよりも、お客様と意思疎通を図るコミュニケーションに掛ける時間のほうが圧倒的にコストアップ要因になるはずです。そのコミュニケーションの部分をしっかりと考えてくれる会社が作るホームページであれば、あなたの思いがきちんと形にできているはずです。

コミュニケーションを雑に済ませず、しっかりと時間を掛けて理解しようと努力している姿勢が見えるホームページ制作会社をぜひ選んで欲しいと思います。

2.シンプルな構造で制作してくれるかどうか?

シンプルな構造というのは、デザインでもあり、ソースでもあり、使い勝手でもあり、何にでも言えることです。現在のような高度に専門分野が細分化され、複雑化された時代では、シンプルに素人でも分かりやすく作っておくということは後々の運用を考えた上では外せないところになります。

ホームページ制作のプロからされる提案は、なんとも魅力的で欲しいと思ってしまう魔力があります。しかし、それは制作時点のことであり、いざ運用が始まると、大金をかけたのに全くと言っていいほど活用できていない、そんな機能があったりします。

徹底して頭に入れておいてほしいことは、必要になれば後からいくらでも欲しい機能は取り付けられるということです。特に資金面で、潤沢な投資ができるような中小企業以外は、最初は最低限の機能で制作を行うべきです。社長が欲しいと言うだけで、1,2年で使えなくなるような機能に投資してはいけません。

例えば初期費用であるホームページ制作費が100万円であれば、追加3万円程度なら安く感じますが、そんなことをしていては会社にお金が残りません。厳しい目で必要と不要を見極めてください。

3.自社で運用が出来る仕組みになるかどうか?

ホームページ制作会社に運用を丸投げしていては会社のお金がどんどんなくなります。更新頻度が少ない会社や定額制の場合は良いですが、従量制でどんどん更新していきたい場合には費用がかさみます。システム部分も管理にお金が掛かる部分の一つです。外注でシステムを構築した場合は、サポートや管理にお金がかかることになります。

そのため、そのシステムの導入自体、今後の管理運営を考えた時に問題のないものであるかどうかを導入時に検証しておく必要があります。HTMLが分かる担当者がいない場合はブログシステムを使って自社運営することが、現時点では一番コスト削減が出来るでしょう。

そういうコスト面からの設計もホームページ運営には欠かせない視点です。運営ノウハウや集客ノウハウ、企画のノウハウについては管理コストとは別問題となりますが、これは教育も含め、極力自社内でまかなえるようにしておくことが今後のためには良いと言えます。

4.あなたの理想とする制作実績があるか?

数が多ければ良いということでもないですし、少ないのでいけないということもありません。要は、あなたの会社で制作して運用していきたいホームページのビジュアルデザイン・構成・最低限のSEO、その他イメージされているところの感覚が合っている会社を選ぶことが大切です。

また、担当者がコロコロ変わるのは、時間の経過とともに同じ話を何度も繰り返さなければならないので、できるだけ固定されている会社のほうが良いです。ペーパーの資料ベースでは引き継ぎがあったとしても、一番重要なことは担当者との日々のやりとりとフィーリングですので、ここが変わるのは意外と見落としがちですが、かなり痛いです。

ホームページは1年や2年しか運用しないものではありません。事業を継続していく限りは半永久的に運営していくことが前提となります。そのため、双方ともにあなたの会社のビジネスへの理解を深めていく必要があり、時代の進歩とともに変わっていくビジネススタイルにも対応し続けなければなりません。

そんな時に、制作したホームページの歴史を知っているのと知らないのでは目に見えない差となって現れます。

5.SOHOに丸投げしていないかどうか?

大手でなく中小中堅のホームページ制作会社でも、制作費を安くするために個人で制作を請け負っている個人事業主であるSOHO業者に制作を丸投げしているケースもあります。

もちろん企画や設計段階で分析や調査工数が掛かりますので勝手なことは書けませんが、制作の実務面ではかなりのローコストでビジュアルデザインとコーディングは行えます。

企画力のない会社や、言われたことをそのまま作るだけの制作者であれば、そのままあなたが直接個人事業者のウェブデザイナーを探してきて、依頼したほうがかなり安上がりにサイトが完成します。ノウハウを持っている会社に依頼し、その企画力を元に実制作をSOHO事業者が行うといったことであれば特に問題はないでしょう。

この辺りも、見極めが重要になりますが、これ以降のパラグラフで書く、リアルとの連動や意見を戦わせることが出来る雰囲気かどうかなど、そういった一番コストが掛かるコミュニケーションに労力を割いてくれる会社を選べば間違いは少なくなるでしょう。

6.Webだけでなくリアルも考えているか?

インターネットで世界中に繋がることの出来るホームページ。可能性はあなたが思っている以上に開けています。やり方一つでビッグなビジネスも可能になるのがネットの力。実際にWeb以外でリアルでビジネスをされている方は、それをそのままWebで展開してもなかなか難しいと感じることが出てきます。

実際対面でのご商売が上手く行っているのに、Webで上手くいかないといったご相談もお受けします。そもそもWebでは人の顔が見えにくくなっているので、対面販売と比べて商品によっては売ることが非常に難しくなるものもあります。マーケティングもしっかり頭に入れた上で、制作時にWebの位置づけを考えてくれるような事業者に依頼すると成果が出やすくなるでしょう。

7.意見を戦わせることが出来る雰囲気か?

時にはあなたと制作会社の意見が合わないことも出てくるでしょう。そんな時も発注側のあなたの利益を最大限に考えてくれる会社であるかどうかをしっかりと見てください。

お互い得意分野が違う以上、考え方の相違はあって当然で、それを無難にあなたの意見通りに進めるだけであれば、せっかくの制作会社のWeb運営のノウハウが成果物に生かされないことになります。

8.費用面で最適かどうかの検討をしているか?

あなたが選ぼうとしているホームページ制作会社は、最も費用対効果が良いと言えますか?知り合いの会社だから大丈夫ということで判断したりしていませんか?一度作ってしまうと、なかなかデザインを修正するのはパワーが要るホームページ。大規模サイトになると、すべてのページの修正に数年掛かるということもざらにあります。

長期間の運営を前提に、制作時の費用だけでなく、将来の運営も頭においたトータル的な費用面で最適化出来ているかの検討を行いましょう。制作時の費用だけで比べることは重要な論点を逃すことになります。

制作時に少々費用が掛かっても、将来的な運営面で低コスト化を実現しやすい作りにしてくれる会社もありますし、制作だけしかお付き合いがないなら、取れる時に出来るだけたくさん取っておこうと考える制作会社が多いのも事実です。費用面での最適化は、制作だけでなく、運用も見据えた上で判断するべき重要項目です。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520
サービス一覧はこちらのページをご覧ください。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。西宮商工会議所青年部広報委員長、尼崎商工会議所会員。

最近の記事

最新のお知らせ

倉本運送株式会社様のサイトリニューアルをしました

2011年にホームページを制作させて頂いて、その後7年に渡って継続してWeb周りの保守をさせていただいていた倉本運送株式会社様ですが、今回採用に力を入れなおしてサイトをリニューアルさせたいとのご要望をいただき、採用をベー […]
コメントなし

「旗ポール建て隊」様のWebサイトを制作しました

旗ポール建て隊様のホームページ制作は、西宮商工会議所の職員の方にも初回から三度の打ち合わせにご参加いただき、新規サービスの立ち上げをどの切り口かで進めるか徹底的に意見を出し合ってからのスタートでした。 ブレーンストーミン […]
コメントなし

スタジオポルテ夙川公園FPオフィス様HPを制作しました

JRさくら夙川駅から徒歩5分ほどのところにある、国道2号線沿いの「スタジオポルテ夙川公園FPオフィス」様のホームページを制作させていただきました。 こちらには松村様が経営されている、デイサービスという介護事業所があり、同 […]
コメントなし

赤外線雨漏りドクター様のHPをリニューアルしました

赤外線建物診断のパイオニアとして西宮を中心に近畿各地、要請があれば全国各地の建物の診断をしている、アーキテック様のホームページのリニューアルをお手伝いさせていただきました。 建物の雨漏り診断と外壁劣化の調査をドローンや特 […]
コメントなし

制作サービス体系を変更します

検索エンジンからの集客数を大きくするためにはブログは新規投稿を継続すればいいということはありません。 現状のインターネットの状況をお伝えしますと、ブログは過去に書いた記事をきっちりと書き直したり、充実させたり、似たような […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP