ブラウザというのがインターネット上のWebサイトを見るときに使うソフトのことであるという前提は問題ないでしょうか?

主なブラウザとしては、Windowsのパソコンに最初から入っているMicrosoft Edgeが幅広く知られているブラウザです。

webブラウザ

その他にもブラウザというのはは、Web検索をしてそれぞれのサイトからダウンロードして自分のパソコンにインストールして使うタイプもあります。

こちらのタイプで今ユーザーが多いのは「Googlechrome」と「Firefox」というブラウザです。

どちらもその文字列で検索すれば、様々な情報が出てきますので、それをパソコンにダウンロードしてインストールして使います。

このブラウザと呼ばれるインターネット閲覧ソフトですが、ひとつのブラウザを立ち上げた画面で、いくつものWebページが閲覧できるのです。例えばリンクを新しいタブで開くということをやってみましょう。

新しいタブを開く場合

今開いているブラウザのWebページのテキストや画像で掲載されているリンクをクリックするときに、Windowsのパソコンでしたら、コントロールキーを押しながら左クリックをしてみてください。

今閲覧しているwebページのタブの隣に新しいタブが開き、そのタブがリンク先のwebページの内容になって開いたはずです。

新しいブラウザを開く場合

今度は同じ動作をコントロールキーではなくシフトキーを押しながら左クリックをしてみてください。

すると今度新しいタブではなくて新しいブラウザが、新規に立ち上がったはずです。

WordPressの管理画面を複数立ち上げての作業効率化

最初に書いた方の、コントロールキーを押しながらリンク先をクリックして、新しいタブを開くという方法はかなり有効活用できます。

私は常時10個から20個くらいのタブを開いて仕事を進めております。

慣れてくればブログの管理画面を、3つぐらい開いておき、そしてまた別のタブでそのブログの、インターネット上に公開されている、管理画面ではない閲覧用のページを開けておくといった活用もできます。

そうすれば、管理画面で更新するたびにタグの切り替えだけで、修正後、ホームページはどういう表示になっているかというのを、逐一チェックすることができるようになります。

ブログの管理画面を3つ開けておくというところが、もしかして誤解を生むかも知れませんので補足しておきます。

例えばWordPressのブログ管理画面でしたら、特定のプラグインの画面、ブログ記事を投稿する画面、リンク設定をする際の画面など、3つのパターンの画面を開いて作業するといったような使い方になります。

このようにすれば今使っているページの画面を切り替えることなく、連続して同じ管理画面内で操作が出来るので、非常に便利です。

これも複数のタブを開くことによって可能になる作業の時間短縮の方法の一つです。

PCメールをスマホでも見る方法(エックスサーバーとGメール)

こちらが最新情報です

業務日記
WebP(ウェッピー)形式への変更でサーバーの負荷軽減を実現
SEO・Web集客
Googleにキャッシュ(Cache)されず検索結果に表示されません
コンテンツ
訪問・電話営業より「待ちの営業」が効果的
SEO・Web集客
online-marketing
SEO対策費用の相場は?
Web制作の費用や相場
ホームページ制作費のお見積り金額と相場感
ホームページ制作
BiNDup(バインド・アップ)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
ホームページビルダーとWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
Wix(ウイックス)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
Jimdo(ジンドゥー)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
ペライチとWordPressのメリット・デメリット比較
SEO・Web集客
SEO集客できるHPを外注制作する際の必須チェック項目5つ
サイト運営ノウハウ
HPの保守管理費を無駄にしないための5つのチェックポイント

投稿者プロフィール

山口 敦
山口 敦
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作・改善を中心に、Web業界16年の知識と経験を生かして、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィールはこちら

お問い合わせフォームはこちら

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520
(※営業電話が多いため、お電話は留守電となります。お問い合わせ内容を留守電に入れていただけましたら、折り返しお電話させていただきます。お急ぎの方はメールフォームをお使いください。

2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますがこちらのメールアドレス宛にご連絡ください。













    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    必須お問い合わせ項目

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意貴社サイトURL

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください