ブログ

歯医者さんのホームページの作り方

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

dentalseries歯医者さんはそのほとんどが個人経営ではないでしょうか?

そのため、患者様に親近感を持ってもらえるように、ホームページでは先生のキャラクターを全面的に押し出すことを考えましょう。

何人かの先生が一緒になって1つの歯科医を経営している場合は、先生ごとにブログを作るような形で良いでしょう。

とにかく先生が何も入れ替わり立ち替わり、ひとりの患者さんを診察するよりも、担当の先生がついてくれて、しっかりと治療に当たってくれる歯科医の方が、受診側としては安心感があります。

塾などでも「個別指導」というのがひとつのキーワードとなって人気がありますが、歯科医に関しても自分の身体を知ってもらう人は信頼できる先生1人で良いのです。

その歯科医院に優秀な先生がたくさんいるからといって、色々な先生に見て欲しいというのは、ほとんどの人はそうは思ってはいないのです。

その上で先生の得意な技術を整理して、「先生」という切り口で歯科医を選ぶ基準と、「技術」という切り口で歯科医を選ぶ切り口の、2パターンをホームページ上で表現してあげましょう。

患者の不安をホームページで解消していく

handpiece技術に関しては、先生の考え方をしっかりと医療知識に基づいて書いてください。

レジンや水銀やアマルガムやセラミックなど、詰め物に関してだけでも、多くのキーワードが歯科業界にはあります。

こういったキーワードや、患者さんが、不安を持っているようなことに対して、徹底的に回答を与えるような表現と説明をホームページ上では心掛けてください。

少しでも不安を解消できれば、あなたのホームページはまず信頼されるという第一関門を突破することにつながります。

そうなれば実際に電話やメールでのお問い合わせにつながり、来院後、良い患者さんとなってくれる可能性があるのです。

歯科医は非常に地域親和性の高い業界になります。

そのため通える地域の歯科医を患者が選ぶ傾向にありますので、しっかりと対象地域をホームページ上で表現し、さらにタイトルキーワードなどSEOを考えたキーワード配置を行います。

地域対策は特に力を入れなくても、検索エンジンからの地域の集客をお考えであるならば、既にGoogleの検索エンジンは、地域性の高い「歯科」のようなキーワードは、検索者の地域を考えて検索結果を返してくれるプログラムを既に搭載しています。

治療費をどう表現するか

aparelho-dental治療費は「どういう治療するとするといくらぐらい掛かるか?」ということをホームページ上に掲載することは難しいでしょう。

また、曖昧な治療費のところを、金額明記している歯医者さんもなかなかいないと思います。

診察する患者様によって、口腔状況が千差万別だからです。

ただセラミック素材の歯が一本いくらとか、○○の素材ならいくら、と言ったような業界標準的な価格体系であれば、掲載されているホームページもあります。

きちんと歯医者さんのホームページに掲載できる部分についての価格を掲示している先生は信用できるでしょう。

ただやはりホームページはあくまでも文面や写真などで判断するしかなく、初めて行った歯医者さんでも「少し違うなぁ」とか、「少し冷たい対応するなぁ」と思うような歯医者さんはすぐに変更する方が良いでしょう。

2回・3回と継続して通えば通うほど、歯科医の変更が難しくなります。

治療が進めば、その後の歯科医を途中から変更することはあなたにとっても難しくなります。

受付対応が患者が継続するかの全てを握る

medical-doctor受付の方の対応は、歯科の先生の治療方針をそのまま表現します。

つまり、ある程度は電話の受付で判断できるということです。

ホームページ上は親切な表現をしていても、実際に人として対応してくれた受付の方の応対が、非常に冷たいものであったり、素っ気ないものであったりするようなことをあなた自身が感じれば、あなたにとってその歯医者さんは行くべきではない歯医者さんになります。

ホームページを管理している歯医者さん側としては、できるだけ表現を優しくし、受付にすべての力を注ぐことが大切です。

問い合わせや電話受付の対応は、必ずベテランの女性の方か、先生ご自身が行うようにすると患者さんの離脱率も少なくなっていきます。

患者さんは先生から直接電話で話ができたり受付をされると、恐らくそれだけで、その歯医者の信頼性は一気に増して、継続した患者さんになる可能性は非常に高くなります。

ただ、電話で非常に優しくて親切な対応してくれる歯医者さんであったとしても、実際には高い治療費が掛かるから丁寧というだけというところも多いものです。

そういった治療費の高い歯科医は、一度行ってみなければ結局は分からないので、気分良く治療してもらえるから少し高くても良いかと思うか、もしくは、安くてもっと治療費も安くて患者対応も良い歯科をさらに探すかのどちらかでしょう。

技術的な表現を先生の言葉で説明する


toothpaste
歯医者では専門的な治療が多いため、専門用語も非常に多くなります。

その専門用語を全く知らない素人相手に、分かりやすく具体例を使いながら、先生の言葉でホームページ上に表現できるように努力を重ねましょう。

ここで一番ポイントなのは、先生がご自身の言葉でホームページに書くということです。

なぜなら、あなたの歯科医院に来てくれる患者様は、先生の言葉を読んで来られる方も多く、ホームページで読んだ文章と実際に来院して治療を受けて感じるあなたの雰囲気や話し方、知識などが異なる場合、違和感を感じることになるからです。

それは不信感につながることになりかねませんので、やはり治療を行う先生がホームページの文章を書くことが良くのです。

治療を実際に行う先生がホームページの文章を書かずに、助手や文章の上手い人にホームページ上の文章を任せてしまうことは、実際の先生の治療を受けた方には少し違和感が出てくるので避けた方が良いのではないでしょうか?

先生が書いた原稿をホームページに投稿してもらう、もしくは、助手や文章の上手い人が書いた記事を先生が最終チェックして、先生の表現や言い回しに直してしまうという方法であれば問題ないです。

トップページには何を表現するか

dental-officeトップページは先生の顔写真を載せ、治療方針や考え方を掲載しておくこと良いでしょう。

治療事例をいくつか掲載しておくことも良いでしょう。

ビフォーアフターの治療事例は技術の客観的な証明になります。

スタッフや人の気配が感じられるようなホームページにしましょう。

止めて欲しいのは、素材集から取って来ただけの看護婦や看護師の写真を掲載しているだけのサイトであれば、やはり医院内をオープンにしていないと言わざるを得ません。何の感情移入も出来ません。

無機的な機械的な作りにせずに、有機的な温かさの感じられるホームページにしましょう。

とにもかくにも先生の顔写真をトップページにドンと載せてしまうことが、一番信用性の獲得という面においては有効なことなのです。

先生の顔写真の隣に、先生の治療方針や考え方をしっかりと文章で書いておきましょう。

土日夜間の診療などがあれば、若干の差別化は出来ますが、自身の健康を守ってもらう歯科に求めるのは、そんな営業的な側面ではありません。

もちろん、一般的にどこのホームページでも書いているような、普遍的な用語説明などを書いてるだけのホームページでは、信用性の獲得には至りません。

その他大勢の歯科医のサイトと同じような内容になるなら、継続的な患者様獲得の意味においても、ホームページは適切にその役割を果たしてくれないでしょう。

この先生に治療してもらいたいと思わせるような、強い医療への熱意や頑張りが伝わるような作りや表現にしなければならないのです。

ホームページ制作会社に言われた通りのテンプレートに、治療方針や予防歯科・歯周病・審美歯科・ホワイトニングなど、どういったことをやるのかというような内容を単に書いているだけでは熱意なんかは感じられません。

綺麗なホームページでなくても、先生が言いたいこと、書きたいこと、患者様に伝えたいことをしっかりとご自身の言葉で書くことによってのみ、ホームページが実際の歯科医院と連動し、相乗効果を発揮できるものとなるのです。

文章や内容を他の歯科医院のものまね的な形でホームページを作るなら、ホームページからの集客を期待する方が無理な話になります。

そんなものまね的なホームページしか作れない歯科医院のホームページを見て、その歯科医院で治療したいと思えるでしょうか?僕なら全く思わないです。

Web以外のところでお勧めなのは、お子様向けのおもちゃを事前に用意しておき、治療を頑張ったお子さまにプレゼントすることです。子供はちょっとしたことでもモチベーションになり、怖い歯科治療も頑張ろうという気になるはずです。

HP難易度 → 病院全般 ★★

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. スポーツジムのホームページの作り方
  2. エステサロンのHP集客はSEOとWeb広告のどちらが先か
  3. 整体・整骨院のホームページの作り方
  4. 耳鼻科・内科・個人病院のホームページの作り方
  5. 司法書士・行政書士のホームページの作り方
  6. 電卓計算 個人税理士事務所のホームページはどう作りどう集客する?
  7. 製造業・加工メーカーのホームページの作り方
  8. 家具の製造・販売用ホームページの作り方

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP