WordPressサイトのリニューアル方法

LINE公式アカウントでの無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

ドメインサーバーの設定方法はこちら

まず最初にサーバーとドメインの関係についてだけ少しだけ触れておきます。

リニューアルの際にどのような構成に変更するかで、作業手順が若干異なります。

この記事では詳しいドメインサーバーの設定方法は書きませんので、WordPressの日本語サイトの記事等をご参照ください。

WordPress日本語 http://wpdocs.osdn.jp/Main_Page

同じドメイン・サーバーでリニューアルを行う場合

ルートディレクトリ(ドメイン直下)に表示されているサイトを「/wp/」などの一つ下層のディレクトリを設けて、そこに新しいWordPressを設置して作り込んでいく方法がスマートです。

現在のサイトが既に「/wp/」などの下層ディレクトリで作られている場合は、ディレクトリの名称を別のものに変えるだけでOKです。

同じドメインでサーバーだけ移転させる場合

WordPressの場合、現時点では下記のプラグインを使えばデータベースやファイル一式がバックアップでき、それを新しいサーバーでインポートできます。

詳しくはこちらのプラグイン(All-in-One WP Migration)を解説しているサイトなどをご参照ください。

・サーバーは同じで別ドメインに移転する場合
・ドメインもサーバーもどちらも変更する場合

上記はどちらも新規サイト制作と同じフローになります。新規サイト制作の手順で問題ありません。

WordPressのバージョンアップに伴って、サーバーのPHPのバージョンを上げなければならない場合なども考えられますので、PHPのバージョンの確認を行っておきましょう。

最近の新しいWordPressのバージョンで出てきた「ツール」の「サイトヘルス」の項目も併せて確認しておきましょう。

こちらはあまりに完璧に捉える必要はありませんので、100%にならなくても問題ないことが多いです。

100%にするために修正をすることで,、却って不具合が出たりすることもありますのでこの辺りはご注意ください。

ここまでサーバーやドメイン関係の内容になりましたが、ここからは実際にWordPressのリニューアルを進めるにあたって知っておきたいことや考えておいていただきたいことを書いていきます。

1.リニューアルで最初に考えること

これはワードプレスだけでなくサイト全般について言えることですが、リニューアルする際に改めて考え直すことは下記の点になります。

1.会社の経営理念・経営に対する考え方
2.ホームページリニューアルの目的
3.ホームページを制作することにより実現させたい効果
4.想定するターゲット顧客
5.商品・サービスの特徴と会社の一番のセールスポイント

これらを明確にさせることにより、ホームページをどのように位置付け、活用していきたいのかがはっきりします。

そうすれば、ワイヤーフレームと呼ばれるホームページの下絵をまずは作成し、ランディングページとなるべきトップページの文章やセールスレターの構成を考え、文章を書いたりキャッチコピーを考えたり、画像を作ったりする作業工程に進んでいきます。

2.全体の手順を俯瞰する

大まかな手順としては下記の通りになります。

1.テーマキーワードの設定、ターゲットの絞り込み
2.トップページのワイヤーフレームの作成
3.WordPressテーマの準備
4.テーマに沿っての作成
5.全体調整、公開

リニューアルの場合、既存のWordPressが既に設置されていますので、記事などのアドレスは変更する必要はありません。

各ページ固有のアドレスとなるパーマリンクは、色々な点で応用の利く数字ベースにしておくことをお勧めします。

弊社で制作したサイトは基本的に数字ベースで投稿記事のパーマリンクとしています。

こうすることにより記事公開の日付順に並ばなくなり、将来的に古い記事をパーマリンクを変えずに再生させる際に役立ちます。

上記1~5のことをリニューアルの際に考えておくことで、ホームページ制作の途中で方向性に迷いが生じた時もここに立ち返ることができます。

ホームページが営業の中核をなす重要な拠点であるとの認識のもと、会社全体として最良な目的を考えることがまず第一です。

ではここからLightningのテーマを使ったWordPressのリニューアル方法を書いて参ります。

1.テーマキーワードの設定、ターゲットの絞り込み

Webからの集客に関しては、テーマを狭く絞り込むことによってのみ集客が可能になると考えてください。

大風呂敷を広げるような集客方法は、Webに関しては全く効果を発揮することができないのです。

そのためサイトテーマを狭く絞り込んでいることで集客対象を明確にします。

この作業により、どの方にホームページを見てもらうことが一番効率的かが分かってきます。集客対象が明確化します。

例えばカバン(バッグ)というキーワードで検索キーワードを小さくするというのは下記のようなイメージです。

上の表をご覧いただきますと、カバンの中にも様々なキーワードが入っていることがわかります。

大きなキーワードである「カバン」で戦うのが一番やってはいけないことです。

ショルダーバッグやトートバッグやボストンバッグなどといったカバンの形状で戦うことも良いですが、検索結果を調査して、なかなかそのキーワードで上位表示ができなさそうだなと思った場合は、上図のボストンバッグの下に展開しているように、さらに細分化されたキーワードを加えて、サイトテーマキーワードとすることを考えていきます。

この考え方は、サイトテーマのキーワードをよりマーケットの小さいキーワードにしていくことにより、あなたの専門性をはっきりさせることに特徴があります。

専門分野を絞り込むことにより、競合相手がいない、もしくは少なくなり、小さいマーケットながらもオンリーワンやナンバーワンの立ち位置を確保できることになります。

ここが非常に重要で、小さいマーケットを選ぶ限りは、1位もしくは2位に表示されなければ、集客の母数がビジネスにならない規模になってしまう可能性があります。

実際にお客様が足を運んで下さる店舗では多品種販売も全く問題ないのですが、Web集客を行っていく場合は全く別物と考えていただき、狭い分野で1位を取れるキーワードテーマで戦っていくことを第一に考えてください。

この例でもお分かりのように、キーワード、つまりサイトテーマの選定はホームページの命運を握る最重要項目なのです。

絞り込み具合は競合他社の状況やキーワードの認知度によって全く異なり、個別のケースで確認していく必要があります。

上記の事例は「商品」の絞込みですが、「地域」「顧客」「競合」「機能」「ニーズ」など、様々な観点から、あなたの将来にとってどういった見せ方をどのターゲットにすれば戦えるのかということを時間をかけて検討してください。

2.トップページのワイヤーフレームの作成

1.でテーマキーワードの設定、ターゲットの絞り込みが出来れば、WordPressサイトのリニューアルの方向性が半分以上見えてきます。

その情報をもとにトップページのワイヤーフレーム作成のフェーズに移っていきます。

ワイヤーフレームというのは、ここではリニューアルしたWordPressサイトの出来上がりのイメージ図を指しています。

弊社の場合はGoogleスプレッドシートで作成していますが、紙に手書きで書いていっても問題ありません。

現在は非常に多くのサイトでユーザーはスマホを使ってホームページを閲覧します。

そのため通常のホームページであったとしても、トップページは比較的情報を盛り込んで「ランディングページ」としての情報量を持たせておくことをおすすめしています。

トップページから色々なメニューに飛んでもらうメニュー型のホームページでは、メニューのリンクをクリックしてもらえない場合が少しずつ増えてきていると考えています。

トップページをランディングページにして、必ず見て欲しい情報を上から順に盛り込んでいき、そこで足りない部分は、関心のあるユーザーに個別ページで内容をフォローしていく、そんな構成が良いと考えています。

参考までに弊社がお客様に作成しているワイヤーフレームを下記に掲載しておきます。

ワイヤーフレームの段階で、しっかりと文章もキャッチコピーも書き込んで作り込みます。

ワイヤーフレームをきっちり作成しておけば、制作のフェーズに移行した時に非常に楽になります。

この段階では写真や画像のことを過度に考えなくてもOKです。

ワイヤーフレームを作っている過程でどのような写真が良いかが見えてきます。

3.WordPressテーマの準備

WordPressのテーマは弊社では、国産のLightningのテーマを使うことをおすすめしています。

今後さらに良いテーマが国内で開発されてくるかもしれませんが、現時点ではWeb初心者やブログ運営に慣れていない方にも、かなり取り扱いしやすいテーマだと感じています。

僕が10年以上、WordPressのさまざまなテーマを見てきた中で、一番初心者のユーザーに優しい、わかりやすくシンプルな、それでいて機能も十分な管理画面を提供してきた会社だと感じます。

そのため、弊社も直近ではほぼすべてのお客様にこのLightningのテーマで制作をさせていただいております。

これだと決めたテーマで深く操作方法を掘り下げていくことにより、より幅の広いデザインやカスタマイズができるようになってくるのがLightningの良いところです。

テーマ選定ではビジュアルだけに意識を取られてはいけません。

それと一度これだと決めたら目移りしない方が良いです。

Lightning以外にも、あなたご自身が使いやすいテーマを選んで、そのテーマで一定期間は運営していく必要があります。

ちなみに当サイトは、2016年にLightningのテーマを知る前に、TCDのLAWというテーマで作成しましたが、トップページが管理画面から思うように組み替えることができないというテーマの制約がありました。

TCDはデザインがきめ細やかに作り込まれているが故に、逆に自由度が失われているので、その辺りは好き好きだと思いますが、弊社のホームページは2019年7月3日にLightningProに乗せ換え完了しました。

自由に思うようにページ作りが出来るので、これからのWebにはこのような使いやすいテーマが良いと考えています。

そのLightningのテーマ内のフォルダ・ファイルテンプレート群はこんな感じです。

4.テーマに沿っての作成

あなたが設定したテーマのマニュアルに沿って記事や写真を投稿していきます。

多くの場合で直感的な操作ができるかと思いますので、マニュアルを見るのも必要最小限で大丈夫です。

実際に作業でつまずいた時は、マニュアルよりもそのテーマ名と作業内容をセットにしてキーワード検索をすれば、解決方法の書かれたブログ記事などが出てくることが多いです。

WordPressのテーマでは、それぞれのテーマで写真のサイズ指定や投稿場所が決まっています。

それに合わせて写真や画像を加工し文章を入力し、WordPressサイトを制作していきます。

全体を整える際にウィジェットを活用するテーマは非常に多いので、どちらも忘れずに活用していくようにしましょう。

ウィジェットやテーマオプションなどの管理画面の機能を使いながら制作する方が、将来的には一番更新や修正対応がしやすくなりますので、テーマのテンプレート部分は出来る限り触らないほうが良いです。

CSSの部分は管理画面から追加できる場合がほとんどですので、こちらもデザインやレイアウトを変えたい場合にネット検索をしてサンプルCSSを記述して試してみるということも良いでしょう。

5.全体調整、公開

前述のように「/wp/」の下層ディレクトリで制作していたリニューアル後のサイトを、本番のサイトアドレスに置き換えます。下層ディレクトリからルートディレクトリへの置き換え作業です。

.htaccess ファイル
index.php ファイル
上記二つのファイルの処理が必要になります。作業手順等はこの記事では書きませんので、下記の公式サイトのページをご参照ください。

WordPressを専用ディレクトリに配置する

この部分は知識のある方にお願いするのが無難になりますので、社員スタッフの方で知識のある方、もしくはリニューアル制作をした制作会社の方に依頼するのが良いかと考えます。

以上の手順でWordPressのリニューアルが完了しました。

ここからはそのリニューアルしたWordPressサイトにどうやってアクセスを集めていくかということが重要になります。

引き続き、サイトへの集客方法を検討しながら、WordPressサイトを十分に活用していて欲しいと思っています。

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。 (HP活用方法の動画一覧→Youtubeチャンネル) 経営理念「育て拡げるお手伝い」の下、IT活用に活路を見出す個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。 西宮商工会議所青年部2018年度広報委員長、尼崎商工会議所会員。