LINEで送る
Pocket

Wixの無料プランでHPを作ってみました

無料でホームページが使えるサービスが非常に充実しています。ブログでしたらご存知のアメーバブログを始めとしてほとんどのブログサービスが無料で提供されています。こちらはブログに広告を無くすとか、自分のホームページアドレスを使いたいなどの場合は有料プランへのグレードアップが必要なサービスがほとんどです。

アメーバブログに関しては、名前で検索されればOKの有名人の利用が多いのですが、Webを新規集客に活用したい場合や中小のビジネス利用ではお勧めしません。将来、サイト全体を移動させなければならないリスクを抱えたままの運営は僕には耐えられません。長期運営をお考えの場合は、自社ドメインを取得して、自社管理の元で運営することが将来の利益につながります。

WIXの概要

クラウドベースのホームページ作成ツールを世界190カ国で提供している会社です。
WIX
ホームページに関して、無料で充実したサービスが多く出てきています。無料型のビジネスモデルとしてはフリーミアムです。一部の有料プラン利用ユーザーからの収入で、すべての運営を賄う方式です。

期間制限 → 〇〇日間は無料使用できるが、それ以後の使用はライセンス購入や製品購入が使用の最低条件となるもの。
機能制限 → 無料で使える部分は機能が制限されており、機能が拡張されている有料版にして利用する方が便利なもの。

名刺代わりのホームページをお考えの方、会社のパンフレットを掲載しておくくらいの情報でOKとお考えの方は無料サービスを上手く利用すれば、FacebookやTwitterも併せて、全て無料でインターネットでの広報が行えます。

ただ、問題点がないのかというとそうでもありません。自分のホームページアドレスを使おうと思えば有料プランにグレードアップさせる必要があります。自分のホームページアドレスで運営したい方にはこの段階で無料ではなくなります。思い通りの修正ができるホームページをお考えであれば、自分のホームページアドレスで作る以外は考えられません。

また色々な機能が無料で使えますが、柔軟なサポートで操作フォローが欲しい人向きではありません。一律のサービス提供による低価格提供のためです。自分で操作方法を学習して行ける人にはピッタリです。

初期段階では無料で利用できるホームページ制作サービスは、顧客に使い続けてもらうことを前提で提供されていますので、いざ独自に集客を行っていく運営をしたい場合に、何かと不都合が生じることが多々あります。サービスに組み込まれたシステム内での制約があるということも考慮に入れておきましょう。

ウェブロードもWixを使ってどのようなものかを検証してみましたので、下記よりレポート的に書いてみます。

Wixの無料プランを使ってみての感想

無料プランで作ってみました。→ http://ayamaguchi34.wixsite.com/webroadwebroad-sample-wix

無料プランでは、最初に設定したアカウントが文字列を変えて勝手に「wixsite.com」ドメインの前に、サブドメインとして設定されていました。「wixsite.com」の後の「webroad」は僕が付けたのですが、無料プランではURLは全く使えません。

ファビコン(ホームページアドレスの前に表示される画像)もWixですし、広告も2箇所で大きく出ますし、無料サイトは趣味のサイト以外は使えませんね。

無料プランはこの時点で有料プランにアップグレードさせなければ、ビジネスサイトとして使うのはお金をケチっているみたいに見えてしまいます。ビジネスではまず使い物になりません。そもそも名刺にこんなアドレス載せたくないですからね。

あくまでも無料プランは、「Wxの広告宣伝用」としてのホームページになります。これはどんな無料のサービスでもそうなっていますので、無料のサービスをビジネス利用される場合は、こんなところでコストを惜しんで、代替としてはあまりに大きな「信用」をなくさないようにしたいものです。

で、その有料プランですが、下記のようになっています。(2019.2.7現在)plan-wix

有料プランでは、月416円の「ドメイン接続」プランは使えません。Wixの広告が削除されないですし、ファビコンがWixになりますから。ということで、最低限のスタートとしては月841円の「コンボ」プランです。

有料プランにすれば、独自ドメインが接続できる、つまり、Wixで作ったホームページを自分のドメインで表示させることが出来ることになります。結局は広告なし、独自ドメイン表示となれば、Wixを使うのであれば「コンボ」プランを最低でも選ばざるをえないということになります。

ここから次のページへ進むと分かるのですが、コンボプランは1年か2年の契約にしなければ支払額が大きくなり、なおかつ無料ドメイン登録が無いという落とし穴があります。combo-wix

それと、上記の画像に「ドメイン無料登録」とありますが、無料で登録できるドメインには制限があります。例えば、会社でよく使われる「.jp」「.co.jp」などのドメインは、Wixで無料登録できません。

このようなドメインでは、外部のドメイン会社で契約して、それをWixと接続するという作業が必要になり、メールアドレス管理なども少しスマートではない方法になってしまうようです。

また、無料で作れることを謳ってはいますが、結局制作には人手か掛かるため、ご自身で時間を掛けてホームページの文面作りに取り組み、写真撮影や写真加工をするといった方でなければ、無料の利点は生かせないのではないかとも思いました。

作るのが面倒な方や、ソフトの使い方を習熟する時間が惜しいという方は、こういった無料のソフトを利用したとしても、結局はホームページ制作の専門業者に任せてしまったほうが、時間的にも作業的にも安上がりということになるかも知れません。最後まで頑張れる方は大丈夫ですが、制作も集客も中途半端になってしまえば、そこまでに掛かる労力は計り知れない損失になってしまいますので、ご利用になる前によくお考えになられることをおすすめします。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
毎日のように全国各地からいただく色々な中小・小規模事業者様のWebサイト運営・改善方法や、ホームページに関する問題点について、Web活用アドバイスのメールのご返信をしています。もちろん無料ですし、やり取りは1回で完結します。 様々な事業者様のWebサイト活用のお悩みや問題点を知ることで、弊社クライアントの制作・運営に活かせて頂いております。Win-Winの関係ですので、ご遠慮無くメールフォームからご質問ください。 プロフィール