ブログ

会社が人材採用の専用ページを今すぐ作るべき理由

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

ホームページを持っている会社が意外とやっていないことが、人材採用のページを作っておく事です。

テレビCMで流れているような大手の求人広告サイトに広告を出さなければいけないと思い込んではいませんか?

そんなところにお金をかけなくても、小規模事業者であれば自社のホームページを充実させていくことにより、求人の集客というのは本当に可能なのです。人材募集や採用のページは、大手の人材紹介サイトなどに高い広告料を支払ってわざわざ掲載し募集する必要もありません。

今はどこも採用に苦労していますので、自社で頑張ってみましょう。

大手広告会社に任せれば安心など、人任せにしないことです。大手はマクロ視点ですのでミクロな会社のことを考えている振りしかしてくれませんよ。とにかく自社で頭を使ってアピールすれば集客できますし、視界が広がります。

自社のホームページに情報充実させて、しっかりとした内容で求人情報を掲載しておくことで、多額の広告費をかける必要がなくなります。

同業他社も広告を出しているからと横並びを求めることが思考停止を意味します。ただし、毎年10名以上の新卒募集をかけている会社であれば、広告費は必要不可欠にはなるでしょう。

しかし、常時1名程度の社員を経常的に募集しているような小規模事業者であれば、会社のホームページに1ページ、採用のページを作って掲載しておけばOKです。

後、急募の場合もやはり何らかの広告手段が必要なので、そこは臨機応変に対応してくださいね。

さて話を戻しまして、求人募集ページは、下記のような内容を1ページの中にきちんと書いて募集をかけてみましょう。

・どのような人材が欲しいか
・どのような技術を持っている人材を求めているのか
・必要な技術や知識や技能はあるのか
・会社としてどのような理念をもって仕事をしているか

要するに会社としてきちんと、「欲しい人材の情報発信をしましょう」という話です。

そうしてページを作りこんでおけば、自動的に様々なキーワードの検索結果に出て、求めている方に見てもらえるページになります。

自社のwebサイトに採用ページを作っておくべき理由

求人サイトや求人媒体に掲載する場合は、給料や勤務時間などの条件面で応募されがちなのですが、自社ホームページに求人情報掲載しておくと、この会社に入りたいといった積極的な方に応募されやすい傾向があります。

結局、入社して退職せずに継続して働けるかどうかは、応募者と会社の雰囲気が合っているかどうかが一番のポイントだからです。

新卒であれば新しい会社の文化に染まっていくため少々自分の雰囲気や性格と違う会社でもやっていけるかもしれません。ただ、中途採用となってくると、ある程度社会でも経験を積み自分の技術や能力にも自信があるでしょうから、働きやすい社風であるかどうかとか、社長の考え方・理念的なものに賛同できるかどうかも社員定着のポイントとなります。

本当に欲しい人材だけ応募してくれるような内容を考えて採用募集のページをしっかり作りましょう。

条件だけ載せて終わりのような社員募集のページではそれこそ広告と何ら変わりません。それでは応募は来ませんよ。

熱い想い、こんな人材は重宝しますといった考え方を、社長・経営者自らが自分の言葉で表現し、Webサイトに掲載するのです。

募集してない期間は非表示にするか、「現在募集してません」と言う一言をその採用募集のページに書いておくだけでOKです。

募集を再開できない状況なら、そのまま「現在募集していません」の状態を続けば続けておけばよいでしょう。

業績が上向いて募集が再開出来るようになれば文言を削除して、新しい内容と共に募集を再開すれば良いだけの話なのです。

人材採用が肝の会社は人材採用専用のホームページを作るべき

今まではホームページの単なる一つのページとして、採用ページの掲載の話を書いてきました。

一方で継続的に社員を募集し続けなければならない仕事や、人材に関わる会社の場合は常に人員の応募をしておかなければなりません。

これもホームページで行うのですが、この場合、会社のホームページの1ページというよりも、新しくドメインを取得して、そのドメインで採用専用サイトとして作ってしまうことがおすすめです。採用を全面的に出し、その1ページとして会社案内やサービス概要を載せておけば、採用が「主」、会社内容が「従」のホームページが出来上がります。

世間一般ではリクルートサイトと呼ばれているようなホームページです。

大手企業であれば毎年就職活動が始まる時期に合わせて採用専用の特設サイトを作ったりしますが、デザイン云々はともあれ、あれを会社のホームページにしてしまうようなイメージです。

採用に関しても、どのような人材が欲しいかを徹底的に社内で議論し、それに合わせたキーワードでページを構成しておくことが重要です。

そうすればインターネットの広告を使うことなく、通年で、仕事を求めて会社を探している人材にアプローチすることが、ホームページという受け身の媒体でも可能になるのです。

思った以上にソーシャルメディアが使われているという現実を知りましょう

Facebookやtwitterを始め、ソーシャルメディアは20代30代の多くの方が自由自在に使っています。

もちろん積極的に情報発信しているのはごく一部の方で、登録だけして情報を閲覧しているだけというユーザーの方が圧倒的に多いのです。

そんな閲覧しているだけのユーザーにも瞬く間に情報が広がっていくのが、ソーシャルメディアの良いところでもあり怖いところでもあります。

ここは過剰に怖がらずに積極的に採用情報などもソーシャルメディアに流していきましょう。

そして採用募集のアドレスをソーシャルメディアに貼り付けて、ホームページにアクセスを誘導していきましょう。

そうすることにより前述の大手広告メディアに多額の費用を支払うことなく、より貴社の求人にマッチした、求めている人材と出会える確率を上げていくことができるのです。

自社で簡単に情報発信できるブログ型ホームページのWordpressなら、固定ページを1ページ追加するだけで簡単に人材募集のページがインターネット上に公開されます。

これを読まれたあなたは早速行動に移していきましょう。

小規模企業では自ら情報を発信することでしか、自社の存在を示す手段がないのです。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 検索結果に表示される説明文(スニペット)の書き方
  2. HPのアドレスはwwwありとwww無しのどっちが良い?
  3. 過去ページから新ページへの誘導
  4. ハードよりもソフト(コンテンツ)が重要
  5. 情報の書き換えをしなければ検索順位は落ちますか?
  6. 社長 会社ブログ記事のコンテンツは社長の朝礼や訓示の中にある
  7. 自社HPでは専門分野のアドバイザーの役割を担うこと
  8. 文章と写真だけで集客出来るサイトになっているか?

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP