パスワードの桁数は?何文字あれば安全か?

LINE@での無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

インターネットが進展していくにつれてどんどん新しいプログラムが開発されていきます。例えば自動運転をするプログラムや、ロボットを自由に動かすようなプログラムなど、人類の生活に貢献してくれるプログラムは今や生活には切っても切れない関係になってます。その一方でデジタルで作られた電子データとしてのプログラムの保存先は、主にサーバーやパソコンであり、これらはインターネットに接続することによりたちまちどこかの誰かがアクセスし、セキュリティを脅かす人間に狙われる対象となってしまいます。

つまり、パソコンを介してインターネットで閲覧するものや、スマホで接続して利用するもののすべてが、様々な場面で外部の不正な侵入者の脅威にさらされていると言えます。

「うちのホームページは会社案内の情報しか載せてないので、盗まれる顧客情報や社外秘の重要なデータなんて何もないから安心だ」というのは間違えています。

たとえインターネットに接続しておらず、Webから隔離したパソコンに重要なデータを入れていたとしても、インターネットに接続した時点でセキュリティの脅威にさらされるのです。

インターネットから切断しているパソコンは、セキュリティーソフトやOSやインストール済みソフトが古いバージョンのまま使っている可能性も高く、ネットにつないだ瞬間に危険にさらされると考えておいてよいでしょう。

ホームページとサーバーの中に顧客情報を入れていなくても、悪意を持った第三者に侵入されて、HPの中身を完全に書き換えられたりすることも考えられます。

また、運営しているホームページのIDとパスワード自体が乗っ取られて、それを踏み台にして様々な大量のスパムメールを送りつける拠点に改造されてしまったり、もしくはホームページ自体が詐欺サイトに改ざんされてしまうといったこともないとは限りません。

インターネット上に自社のホームページを持った時点で、様々なリスクの脅威から自社のホームページとドメインを守る必要が生じるのです。

では自社で管理しているホームページはどのように守っていくのか?というのが次からの内容になります。まず、ホームページを置いておくスペースとしてはレンタルサーバーを借りることが多いと思いますが、サーバーのセキュリティ対策はレンタルサーバー会社側で行ってくれていますので、まずは任せておいて問題ないです。

一番リスクが高いのは、インターネット上で何らかのサービスやシステムにログインする際のIDやパスワードです。わかりやすい例を書くと、会員サイトログインやWeb上で使う社内システムログイン、自社HPへのログインなどです。IDもパスワードも他のサービスで使っていない文字の組み合わせで、桁数も多めにしておきましょう。記号が使える場合はぜひ記号も入れましょう。

弊社でホームページを作るときにはWordPressというブログシステムを使いますが、ここ数年はお客様のサイト制作時にIDとパスワードをこちらで決めさせていただいています。お客様がご自身で分かりやすいようにパスワードを決められたり、IDも使い慣れたものを使うということを防ぐためにこのような対応させて頂いております。

IDも10文字以上の英数小文字、パスワードに至っては16桁~25桁ぐらいまでの英数小文字記号の組み合わせで、組み合わせとしてはこの世に二つと無いものにしています。

これぐらいの桁数で設定しておけば、IDとパスワードの掛け算による組み合わせパターンは天文学的な数字になるはずです。これぐらい頑強にしておけば、当面はセキュリティ面は問題なく運営できるはずです。

IDやパスワードの書いたメールが漏洩したり、どこかweb上にメモとして書いたものが誰かに取られたり(写メで撮られたり)しない限りは、まずはそのIDとパスワードを特定して自社サイトにログインすることは不可能だと考えてよいでしょう。

数年前、訪問先で店舗システムの管理画面のIDとパスワードを、レジの横のパソコンのモニターに付箋で貼り付けていた方がいらっしゃいました。あれは非常に危険です。止めてくださいねとお話させていただきましたが、スタッフがいない一瞬で誰かにスマホで写真を撮らればそれで顧客情報の漏洩の危険にさらされますので気をつけましょう。

ちなみに、自分のパソコン以外の端末を使う時にIDとパスワードは絶対に入力しないと決めておいた方が良いですよ。クレジットカード番号などもそうですね。安易にIDやパスワードを他者のパソコンに入力することは、住所が書かれた自宅の鍵を、誰もが持って帰れる場所に置きっぱなしにしておくのと同じことなのです。

パソコンには一時的に入力情報を記憶する機能が備わっていますので、例えばネットカフェなどで個人情報を入力して放置しておけば、それを誰かが保存したり復元したりすることがないとも限りません。悪意を持った人がいなければ良いのですが、良い方ばかりではないのがこの世の悲しいところです。今後もITの急速な発展により、いつどのような大きな変化が訪れないとも限りません。25桁のパスワードであっても一瞬で全ての組み合わせでアタックしてくるような、そんな今の技術では思いもよらないプログラムが将来作られないとも限らないから何とも言えないのです。

そのためインターネットの進化に応じて、その都度対応していかなければならない問題になりますね。今すぐできることとしてはIDとパスワードを長い文字列のものにする対策です。面倒ですがぜひ行なってください。

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。 (HP活用方法の動画一覧→Youtubeチャンネル) 経営理念「育て拡げるお手伝い」の下、IT活用に活路を見出す個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。 西宮商工会議所青年部2018年度広報委員長、尼崎商工会議所会員。