ブログ

HP制作を依頼すべき人

LINEで送る
Pocket

HP制作を依頼すべき人(動画)

「文章も作るホームページ屋さん」

動画を撮る際にパッと思いついたこのキャッチフレーズを、今では枕詞のように使っていますが、毎回同じ文句を話しているうちに最近はしっくりきた感が出てきました。何でも慣れるものですね。

僕個人的にホームページは、自分で調べて作れる人は自分で制作し、運用するのがベストと考えているのですが、「餅は餅屋」ということで専門家に全て任せてしまいたいという方も数多くいるのがホームページ制作です。

毎日のようにホームページを制作し、更新し、慣れている我々事業者でさえも、集客し続けるホームページを制作・運営していくのはなかなかの時間と労力がかかり、自ら実践しているノウハウをお客様に伝えきれていないのが現状です。日々試行錯誤している内容を、少しでも多く情報を発信できるように引き続き心掛けていきたいと思います。

HP制作会社に依頼したほうが良い方の3パターン

さて、この記事ではホームページ制作を制作会社に依頼した方が良い方はどのような方かということを書いていきます。3点に絞ってまとめてみます。下記の人は制作会社に依頼した方が良いです

1.サーバーやドメインのことを丸投げしたい方
2.制作ソフトの使い方をマスターするのが面倒な方
3.作った後どういう運用すれば良いのかわからない方

1.サーバーやドメインのことを丸投げしたい方

サーバーやドメインに関しましては一番ややこしいのが最初の契約関係です。どこのサーバーを使って?どこのドメインを借りて?そもそもドメインとサーバーって何?調べる時間がなかったり、調べる前に業者に任せてしまいたい、そういった方はホームページを持つ際には制作業者に依頼したほうが早いです。

自前でホームページを持つ場合、サーバーやドメインも自社管理することが前提ですので、そのような知識のある社員の方がいらっしゃる場合、もしくは事業者様が知識がある、もしくは勉強をしていく気持ちがある場合は自作がベストです。一方で、知識のある社員の方がいない、事業者様が知識がない、勉強していく気持ちがない場合、信頼できる専門家に任せたい場合は制作会社に任せたほうが安心です。

2.制作ソフトの使い方をマスターするのが面倒な方

有名なところではホームページビルダーBiNDなどのソフトがたくさん存在していますが、これらの制作ソフトの使い方はなかなか難しくて、マスターするのが面倒な方、ホームページ作成ツールの学習に時間を割かずに、その時間があれば本業に打ち込みたいとお考えの方は、制作会社に任せて必要に応じてレクチャーを受けるという形が良いでしょう。

画像を加工するPhotoshopという有名なAdobeの画像加工ソフト1つとってもそうですが、ホームページに関する制作ソフトは全体的に操作が難しく、機能が豊富なため、どの部分を触るとどう修正できるのかという理解だけでも時間がかかることがあります。時間をかけて、マニュアルを見たりネット検索して操作方法の情報を探すことをしない場合も制作会社に依頼する方が良いと思います。

そもそもホームページ制作は、面倒な作業の塊のようなものですので、制作業者側でも情報収集やデザインの作成には非常に時間がかかります。それが直接ホームページ制作費という人件費に跳ね返ってくるそういうわけなのです。自社制作も含めて検討する場合は、大きく分けて下記の3パターンになります。

1.変動費として追加負担はかかるが、外注で作る
2.追加費用が発生しない事業者が、自ら作る
3.固定費内で収めるために、社員に片手間で作らせる

ホームページでどのような成果を出したいかを天秤にかけて、その3パターンから判断することも必要です。

3.作った後どういう運用すれば良いのかわからない方

制作後の運用が超重要です。ホームページは作って「はい、終わり」ではなくて、Web上に存在している限りはエンドレスで修正・更新作業が必要です。放置状態のホームページは、そのうち検索もされなくなり、誰かに見られることもなくなります。そのため、制作の段階では1の力しかかかりませんが、運用継続のところで100の力がかかるんですね。

つまり、ずっと運用を継続しないと、せっかく作ってもその作ったHPに全くアクセスが集まらない、つまり成果が全く出ないっていうことになってしまうのです。

もちろんそれは検索で見つけてもらって集客して、そこからビジネスに結びつけるモデルの事業者さんの話になるのですが、作ることができても集客・運用が分からないと、そこが一番重要で時間をかけてやらないといけないのに、制作費すら無駄になるということを意識してください。

作って満足して良いサイトができたから、もうこれでいいやって放置しておく。それをやってしまうとですね、ホームページは作っても成果が出ないよとか、ホームページなんて役に立たないよとか、そういった話になってしまいます。やはり成果を出すというところ、先ほど書きました通り、運営の「100」の部分に注力していくことをしなければ結局いけないのです。そのような放置状態になる不安がある場合も、制作会社を入れてサポートをしてもらう、というところは必要になってくるはずです。

追加で重要なところ

あとひとつお伝えしておきたいのが、制作会社で注意しないといけないのが、作ってもらって引き渡しをしてそれで完了・契約終了という制作会社です。安い制作会社に多いのですが、結局安いで選んでしまうとサポートには手が回りません。安ければ、制作自体も、

「テンプレートへの画像はめ込み型」
「文章作成・画像配置の全部自作型」

の制作ということになり、制作会社に依頼したといってもほとんど自分で作らないといけないといった場合もあります。(※価格が安いというのは人件費をかけないということなので、低価格の制作会社が悪いということではありません。)

「低価格制作」特化型のサービスについては、実はホームページは制作する部分である程度の収入ボリュームが見込めるため、制作に特化して引き渡してサポートは無しというのが一番楽なのです。そもそも制作しただけでの運営開始時集客に関しては、ブランドネーム以外の集客はほとんどできないのが現状ですし、様々なロングテールキーワードによる集客責任を負わなくても良いのが制作会社側のメリットとしてあるからです。

動画でも触れていますが、制作の部分にかかる力を「1」の力としますと、運用にかかる力は「100」、もしくはそれ以上の労力がかかります。制作したホームページにお客様を引っ張ってくるための集客の施策の労力が運営を続けている限り、継続的にかかるためです。イメージとしましては、弊社でのホームページ制作期間の平均がおよそ1ヶ月~1.5ヶ月であるのに対して、集客のための運営期間は5年以上は当たり前の時代です。この期間労力が運用に掛かる力という訳です。

そう考えますと、ホームページは制作して引き渡して、それで「はい、さようなら」っていうのが一番楽なので、それだけでは結局成果が出ない可能性が高く、綺麗なホームページができたけれども結局集客できない、運営をどうしたらいいかわからない、ということになりがちです。更に、作ってもらった会社に質問してもお願いしても返事をくれないって言うことになりますと、作ったのに活用できないことになりかねません。このような状況が放置ホームページを生んでいるのだと思います。

そのため、これからのWebサイト運営では、制作を外部委託するのであれば、作った後の運用も、結果を出すところまで寄り添ってくれるHP制作会社さんを探すのが不可欠だと思っています。結局、多くの事業者様で制作後の集客に苦労している会社が多く、継続してコンテンツを投稿している会社様は、継続して集客という成果を出しています。実は弊社のお客様でも、ホームページに触れば触るほどそれに比例して集客の効果が出ているというのは実証済みなのです。

ホームページは、少しデザインを学んだ方であれば見栄えのするサイトはすぐに作れます。画像が作れるかどうかとほぼイコールです。テンプレートに綺麗な画像を作ってはめ込みさえすれば見栄えがするからです。事例のページを見ても、すごく綺麗な事例がカタログのようにたくさん掲載されているホームページ制作会社を私も見ますけれども、実際にそれぞれのサイトで集客という一番大きな目的が達成できているのかどうかは、個別のお客様で、どれだけ制作引渡し後の運用を頑張っているかによって左右されるところなのです。

面倒見の良い制作会社さんを探して

ブランド名以外のキーワード集客においては、ほぼ全て、運用次第で集客ができるかどうかが決まります。だからこそホームページ制作会社の方も、運用で長期的に寄り添って伴走してくれて、作るだけではなくて、作った後も、何らかサポート、無料相談であったり、保守管理であったり、あるいは一部運営を代行したりとか、そういった会社そういった面倒見の良い制作会社さんを探していただきたいと考えています。

制作を外注先に依頼して作った場合、そのように寄り添ってくれる会社が身近にあるかどうかというのが、運営を成功させるひとつのポイントでもあると考えていますし、そういう形が僕自身は理想だと思ってます。

ウェブロードではその理想に向かって仕事や仕組みづくりを進めていますので、サービス体系を上記で書いたような好ましい形にしておりますが、ここはお客様にご判断を仰ぐべきところです。

自作ではなくて制作会社に依頼して、ホームページを作ろうというふうにお考えの方は、寄り添ってくれる会社、本当にあなたのことを考えて、こうした方がいいですよ、この時はこうしましょう、作った後でも全然聞いてくれていいですよ、という感じの、温かい会社、いつでも何らかのサポートをしてくれる会社を選ぶことが長期的な運用の成功を考えると必要になります。

その視点でHP制作会社を色々探し、電話・メールで取捨選択をし、ご自身の目で選んで、一番しっくりくる制作会社を選んで欲しいと考えています。間違えてもリース契約だけはしないでください。ホームページをリース契約で販売している会社は初回入金が大きな目的で、その後のサポートがおろそかになる場合が多いという話を聞きますし、実際にご相談いただいた事例もあります。

インターネット環境自体が常に柔軟に進化していく場所ですので、ご自身のホームページも時代に合わせて柔軟に内容や構造自体を簡単にリニューアルできるような作り方をしておくようにしておいてください。

ウェブロードへのお問い合わせはこちら

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520 サービス一覧はこちら

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。 (HP活用方法の動画一覧→Youtubeチャンネル) 経営理念「育て拡げるお手伝い」の下、IT活用に活路を見出す個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。 西宮商工会議所青年部2018年度広報委員長、尼崎商工会議所会員。

関連記事

  1. どら焼き トップページ画像の作り方
  2. HPリースは危険な契約
  3. HTMLサイトリニューアルの事例
  4. HPを自作する前の注意事項
  5. すべての商品ページをランディングページ型に
  6. 美容師さん 店舗用予約システムの導入
  7. ワードプレステーマの選び方
  8. 制作と集客は全く別で考える

Youtubeチャンネル

最近の記事

最新のお知らせ

大阪の結婚相談所ハレサポ様

大阪の結婚相談所ハレサポ様のホームページを制作させていただきました。ハレサポ様のホームページはこちらです。 大阪市淀川区の結婚相談所ハレサポ|30代の婚活応援 話しやすさ・親身な対応で婚活を応援!1年以内に結婚したい方、 […]
コメントなし

リノベーション専門の不動産会社ワイズワンホーム様

2019年3月から不動産事業を開始される、ワイズワンホーム様のホームページを制作させていただきました。西宮で新築のデザイン注文住宅を中心に事業展開されているワイズテック様の別会社として新たに立ち上げられた会社様になります […]
コメントなし

姫路のカーセキュリティ【サブロク】のティアラスタイル様

車に後付けできるパノラマミックモニターシステムのサブロクを販売・取り付けされている、兵庫県姫路市のティアラスタイル様のホームページを制作させていただきました。ティアラスタイル様はサブロクの販売会社も持っておられ、サブロク […]
コメントなし

行政書士法人牧江&パートナーズ姫路支店様のHP制作

行政書士法人牧江&パートナーズ様の姫路支店の新規開設に伴いまして、ホームページ制作を行わせていただきました。播州・姫路を中心に、新たに建設業を始める方や、建設業種の追加の許可申請を取るための代行業者を探されている方へ向け […]
コメントなし

武庫之荘 鉄板焼き・お好み焼き・居酒屋ももふく様

阪急武庫之荘駅、北側へ徒歩3分のところにある鉄板焼き・お好み焼き・居酒屋「ももふく」様のホームページを制作させていただきました。飲食店様のサイトなので、とにかくトップページでアクセスや店舗外観、メニュー概要など、必要な情 […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP