この5つの問題がクリアできますか?

検索エンジンから集客するホームページを自作する場合の注意点をこのブログでは書いていきます。
同じ内容は映像でもお話しさせていただいておりますのであわせてご参照ください。

まず自作する前にお考え頂きたいのが下記の5項目をクリアできるかどうかです。

1.どのソフトを選ぶか?
2.作った後が大切
3.情報収集をし続ける
4.ドメイン・サーバーやソフトの管理が全て自己責任
5.詳しく聞ける人が身近にいない

これらを順を追ってご説明していきます。

1.どのソフトを選ぶか?

ホームページ制作ソフトは現在ネット上にも無数にあり、まずはどれを選べば良いかという問題に直面します。様々な情報がネット上ではありますが、実際に自分が使ってどうかというところで判断されてください。

というのは、WixやJimdoをはじめとしたネットサービスでの提供型は、アメブロはじめとした無料ブログと同じようにサービス提供会社の枠内での制作になりますので、デザインカスタマイズやプログラム取り付けなどの自由度は低いとお考えください。

一方でネット上にも情報がたくさん溢れていますので、ノウハウは入手しやすいのが特徴です。

Webから提供されているサービスを使う形になりますので、プログラムのアップデートなどの煩雑な作業やドメインサーバーにまつわる学習などもほぼ不要と言っていいでしょう。

一方で、BiNDとかホームページビルダーなど、ネットサービスから提供されるのではなく、パッケージを購入して自作する場合は、導入設置するまでの難易度は上がりますが、比較的自由度の高いホームページ運営は可能になります。

こちらの場合は、自作・運用のための学習がWixやJimdoのようなネットサービス型よりも必要になります。ソフトはその他たくさんありますので、どういうソフトを使って、どのソフトとあなた自身が相性が良いのか、検索してご自身に合うソフトをまずは見つけることが、自作の第一歩だと考えています。

2.作った後が大切

ホームページは作っただけではネット上に存在できたというだけで、誰からも見られることはありません。作るだけで成果が出ることはありませんので、運用で成果を出すということをしっかり認識しておきましょう。

単に会社のパンフレット情報をWeb上に配置したというだけでは誰も見てくれません。

商品サービスページの充実はもちろん継続的に必要ですが、検索してアクセスしてくれたユーザーが使うという切り口で情報の追加と改善を、ホームページがWeb上に存在する限り継続して繰り返していくことになります。

よっぽど視点や切り口を尖らせて、ランディングページとして盛りだくさんの情報を最初から自作した場合以外、いわゆる旧来型の「ホームページ」を作るだけでは集客できず、成果も出せないということを自作の前にあらかじめ知っておいていただければと考えています。

3.情報収集をし続ける

Google検索

Googleの検索の順位はすぐに変わります。上位表示の基準も時代とともに変わりますので、継続した情報を収集が大事になります。

例えば、3位や2位にいたページであったとしても、次の日には20位くらいに落ちてる、そんなことも日常茶飯時になります。

情報収集したりしてノウハウを身に付けていきながら、ブログ展開、ブログで集客をしたり、努力を継続していかないといけないということです。

検索エンジンから集客するホームページを自作する場合、そこはかなりの情報を集めてアップデートして行かないといけないので、常に情報収集をする覚悟と言いますか、くせをつけて行って欲しいと思います。

4.ドメイン・サーバーやソフトの管理は自己責任

自作する場合は、もちろんドメイン・サーバーの契約関係、ノウハウや保守・管理はご自身で行う必要があります。

もちろんサーバーの中身もある程度分かっていないといけないですし、メールアドレスの設定もしていかないといけません。

自作ホームページでソフトを使う場合にはソフトの使い方やノウハウ、保守管理が必要になる場合もありますので、そういった部分もご自身で全部やっていくという覚悟が必要になります。

曲線と棒グラフ

ただしこれらはそれほど難しいことはなく、制作会社に依頼せずにすべて自社で完結させて、自社でホームページ運営を成功させるという強い意志のお持ちの事業者様であれば、ご自身で情報収集しながら試行錯誤しているうちに多くのことができるようになりますのでご安心下さい。

5.詳しく聞ける人が身近にいない

自作ホームページを管理運用していくためには、基本的にはネットで情報を検索して、問題が起こった場合は自己解決していくことが必要になります。

基本的にはすべての情報はネットにありますのでネットを介して、必要な情報・問題点を検索して調べて解決していく方法とホームページ制作ソフトではサポートがあるところもありますので、そういったところで個別の質問をして回答をもらってご自身で対応していることが必要になります。

こういった自己解決していく力というのが自作ホームページには必要になりますので、問題を自己解決していく力がある方は自作ホームページが向いています。

私が自作ホームページについて思うこと

私自身もホームページ制作会社をやっていますけれども、もちろん事業者の方であれば自作でホームページを作って、自前で集客のノウハウをストックしていって、実際にWebを活用して集客をしていく、これが一番あるべき姿、望ましい姿だと思っています。

ただ、ネットだけに限らず、世の中全体が細分化されていますので、5つの点で不安なところがある方は制作業者を上手く使えば良いと考えています。ポイントポイントで利用するような使い方も全然問題ありません。

外注か自作かでパキッと分けてしまう必要もありませんし、特に中小事業者の場合は、どちらもうまく利用したいという方の方が圧倒的に多いというのも知っています。

餅は餅屋でHPのことはプロに任せてしまいたいという方は、制作会社に依頼してしまうほうが良いです。

もちろん、制作後も情報を提供してもらったり、個別に相談して個別に回答をいただいたりとか、個別に対応してくれる制作会社さんがあれば、5番目の不安も取り除けます。こういった会社を選んでください。運営は事業を行っている限り続きますので。

自作で行くのか、制作会社を使うところだけ使うのかは、自作前に少しだけ考えていただきたいことです。もちろん上記に挙げた5つの問題を自己解決できる方は、自作ホームページで問題なく運営できますので、ぜひ情報収集をしながら継続的な成果を上げて欲しいと思います。

こちらが最新情報です

Lightningテーマの使い方
【検索・予約・イベントカレンダー】機能体験型デモサイトをオープン!New!!
01メルマガバックナンバー
音声検索に強いウェブサイトへの変革
ホームページ制作
ドメイン・サーバー管理は制作会社にお願いした方がいいの?
ホームページ制作
企業ホームページ立ち上げの際のドメインの決め方
ホームページ制作
ホームページはWordPressで作成した方が良いですか?
Web制作の費用や相場
ホームページ制作会社選び|価格以外はどこで見分けるの?
サイト運営ノウハウ
効果のあるサイト改善「お問い合わせフォーム」の見直し
ホームページ制作
リニューアルが不要になる!簡単にサイト改善できる3項目
WordPress講座
ドメインとサーバー移転の基礎
Web制作の費用や相場
ホームページ制作会社選び|価格以外はどこで見る?
ホームページ制作
外注で作るホームページの3つの失敗事例とその対策
ホームページ制作
中小企業のWordPressサイトは「オリジナルデザイン」で制作してはいけません

投稿者プロフィール

山口 敦
山口 敦
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作・改善を中心に、Web業界17年の知識と経験を生かして、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィールはこちら

お問合せフォームはこちら

(※営業電話が多いため留守電にしています。お急ぎの方は下記メールフォームをお使いください。)

お見積りのご依頼・打ち合わせはZOOM/GoogleMeet/お電話等、オンラインでも対応可能です。全国からお問い合わせを受付けています。
2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますが、下記メールアドレスにご連絡ください。

    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    任意貴社サイトURL

    必須お問い合わせ項目

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)