LINE公式アカウントでの無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

ホームページのアドレスのことを、専門用語で「ドメイン」と言います。現在はドメイン(ホームページのアドレス)やサーバー(ホームページが設置されているパソコン)を提供する会社も多くなり、非常に普及しています。

サーバーに関しましては、どれも品質的には安定しているものが多いです。ただ、10年以上ずっと同じサーバーを契約し続けているといった方は、必ず見直しをしてみてください。電話通信料の見直しと同じく、多くのサービス提供会社で年々サービスの質がアップし、価格も安くなってきています。

ドメインやサーバーは基本的にはどのような会社のものでも問題ありません。しかし、あまりに安い会社のもの、信用性に乏しい会社のものではサーバーの負荷やセキュリティの面で心配な面も出てくる可能性があります。下記でご紹介しているものは低価格なのですが当社でも利用しているもので、お勧めしております。

オーソドックスで中小企業・個人レベルのビジネスではほぼ問題なく何でも出来ます。詳しくは下記の内容をご覧下さい。基本的には外部の制作会社名義のものではなくあなた自身の名義でご契約されておくことが望ましいです。

ドメインについて

ホームページを運営するためにはドメインを取得しなければなりません。ドメイン(domain)とは「インターネット上のどのコンピュータなのかを指す識別子」のことで、簡単に言うとインターネット上の「住所」ということです。

例えば、当サイト「https://www.webroad.co.jp/」ですと、最初の「https://www」と最後の「/」を取った部分、つまり、「webroad.co.jp」がドメイン名となります。ドメインに関して、こちらに詳しいレポートを書いていますので併せてご参考にしてください。→ 知らないと損をする初心者のドメイン知識10項目

ドメインの取得はエックスドメインがおすすめです。ドメインの価格は提供会社によって異なりますが、どのドメインでも品質は同じため、安いドメイン提供会社と契約する方が良いでしょう。

さて、ドメインの種類としては、「.jp」「.com」など色々ありますが、サイト運営上特に問題になることはありません。ただし、日本の会社を表す「co.jp」など登録時に会社の謄本(履歴事項全部証明書)や印鑑証明などの証明書が必要な場合もあります。一般的に多く使われている「.com」「.net」などでは法人・個人問わずどなたでも取得できます。

レンタルサーバーについて

ホームページを管理運用していくには、レンタルサーバーを借りなければなりません。あなたのパソコンで作成したホームページのデータをウェブ上で見られるように、インターネットと常時繋がったサーバーへアップロードするという作業が必要になります。レンタルサーバーを契約すれば、取得したドメインのメールアドレスも作れます。またホームページを自動生成させるサービスも、ほとんどのレンタルサーバー会社で提供されています。

下記にご紹介するエックスサーバーは、弊社では9年以上継続して使っていますが、弊社では問題が起きたことがないので、おすすめ出来ます。弊社がメインで使っているサーバーは、エックスサーバーという月額1,080円のサーバーです。常に新しいシステムや機能改良をしている会社です。コストパフォーマンスも満足です。この価格でサポートが電話もメールも対応してくれます。

エックスサーバーのメリット

・ サーバーの安定稼働、かつ高速
※サーバーキャッシュに頼る可能性も低い
・ ドメイン直下にコンテンツ配置が可能なため、不具合を起こす可能性が低い
・ 一度環境をリセットできるため、不要なファイル・コンテンツを除外できる。
・会社として最新バージョンのソフトウェアへの対応が早い
そんなエックスサーバーの公式サイトの情報はこちら

ドメインと IP アドレスの関係はご存知ですか?