ブログ

学習塾のホームページの作り方

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

preschool-girl-learning近年、特に少子化の影響もあって競争が激しくなっているのも学習塾業界の特徴です。

せっかくホームページを作っても、そもそもマーケットの縮小によってアクセス数が減少傾向にあるというのは否めません。

ホームページによって集客数を増加できるような施策を採っていたとしても、マーケットの減少がそれ以上のスピードで進む限りは、アクセス数の増加はなかなか難易度の高い仕事になるでしょう。

その数少ないアクセスの中で目立たせるためには、塾の特徴を小さく限りなくピンポイントに絞り込んで、そこから少しずつ広げていくという、小から大への流れを作らなければなりません。

今から始める個人経営の塾の集客

eastern-in-my-class個人経営で始める塾ビジネスであれば、とにかく初期の生徒数を確保するために、地域の方々に塾の存在を知ってもらわなければなりません。

その部分はチラシ配布や地域のミニコミ誌への広告掲載など紙媒体をベースに口コミを生かした集客活動が求められます。

どの学習塾にも共通して言える部分ですが、地域のお客様を集めてこそ仕事が成り立ちます。

一方、ホームページの活用で集客を行うことも可能です。

まだwebを利用していない塾の場合

student既に塾の運営が軌道に乗っている場合でホームページがない場合は、まずはパンフレットの情報をWebページ化して、基本となるホームページの情報から作っていけば良いでしょう。

後はブログシステムを採用し、情報を追加していけるような仕組みを取れば、徐々にWebも集客リソースの一つとして活用できるようになっていくでしょう。

あなたの塾の経営が、ビジネスとしてどの段階にあるのかを見極めた上で、ホームページの制作を進めていくようにしていく方が良いです。

チラシや紙媒体の広告で集客が賄えている場合は、それにプラスしてWeb媒体を使えば、事業を大きくしていける可能性が広がります。

初めてWebを活用しようとする場合、ソーシャルメディアもホームページに組み入れることを検討してみましょう。

知ってもらうという意味でも、ソーシャルメディアの果たす役割は大きく、Web上ではありますが、リアルの人間関係の口コミと同じ効果をもたらしてくれるでしょう。

トップページに書いておけば良い内容

class-room-990536-mトップページにはまず入会キャンペーンの案内を定期的に入れ替える形で配置しましょう。

メインのビジュアルバナーなどに大きく掲載しておくことがお勧めです。

ブログでの最新情報の発信は必須です。

塾が今どういう状況にあるのか、何をやっているのか、生徒がどんな雰囲気の中で勉強しているのかを、定期的に親御さんにお知らせしましょう。

親御さんに個別にメールや通信帳などでお知らせするは、相互の関係強化のためには必ず必要なことです。

それとは別に、新規集客を意識する場合は、誰でも閲覧できるブログでの情報発信が良いでしょう。

生徒の親御さんと良い関係が築けていることをWeb上で表現して行きましょう。

Webからの新規お問い合わせ・新規体験会参加などへの集客を目指します。

口コミ効果を狙うことも良いですが、隠れ家的に良い塾であるとお母さんが判断した場合は、お母さん同士、その塾の存在や良さをよほど仲の良いママ友以外は教え合わない傾向もあります。

良いものは秘密にしておきたいという、女性独特の傾向も影響するでしょう。

月額金額やカリキュラムや学年に応じた教育プログラムなど、必須のページについては、それぞれ個別にページを作ってトップページから誘導します。

とにかく塾長や先生の人柄の分かる情報発信がホームページ運営のベースとなります。

敷居の低い特典とキャンペーンでまずはリアル接点を作る

high-colors-609973-m塾は一度入塾したら、余程違和感を感じる場合以外は、1年2年単位で継続してお客様になるようなビジネススタイルです。

そのため親御さんは子供に合った塾かどうかをしっかりと見極めてから、また他の塾などとも比較検討してから、入塾を決断することになるでしょう。

場合によっては、入塾しないという決断もされる場合があります。

こういった継続課金モデルのビジネスの場合は、まずは人との接触が無ければ、申し込み・契約という流れには至らないのが通常です。

有名サービスや大手企業の提供サービスなどの例外もありますが。。。

そのため、なんとかして入塾を検討している方に塾まで来ていただき、先生と親御さんとで、お子様指導方針や学習指導に関しての話をする必要があります。

サービス提供側とサービス受益者との信頼関係が構築できて、初めて入塾というゴールに至るわけです。

まずは興味関心を持たれた方に、来塾して頂くための特典を用意しておかなければなりません。

来塾するためのモチベーションを考えます。いきなり入塾させることを考えてはいけません。

そのためには、例えば、「無料お試し授業」や「無料見学+プレゼント付き」とか、「ご紹介キャンペーン」などのイベントを行うようにするのです。

こういったイベントの注意点としては、まずは来て頂き、足を運んで貰うというところに特化するということです。

来て頂いた方にすぐに、入塾や入会を勧めるような案内をする必要はありません。

本人がその気になれば、この塾に行きたいと言って自ら申し込みをしてくれるようになるはずです。

せっかく来てくれたのだから、営業の一つや二つくらい掛けたいという気持ちは分かりますが、ここはぐっと我慢して、将来より良い気持ちで入塾してもらえるような土壌づくりに注力することがベストな方法です。

選択肢が豊富な今の時代において、過度の営業は後々のクレームになるということを心しておくべきです。

ホームページはあくまでも申し込みまでをさせるものではなくて、実際に来塾してもらうためのきっかけ作りという位置付けで考えるのがベストなのです。

HP難易度 → 学習塾 ★★
学習塾HPの広告投入可能額と顧客獲得単価

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. ゲストルーム 建築リフォーム工事会社のホームページはどう作りどう集客する?
  2. 中古車販売業のホームページの作り方
  3. 地域の八百屋さんのHPの作り方
  4. 人が集まっている場所 コンサルや士業的なビジネスモデルでのWeb展開方法
  5. 士業HPに強みを1つだけ分かりやすく書いて新規顧客を獲得した事例…
  6. スポーツジムのホームページの作り方
  7. 家具の製造・販売用ホームページの作り方
  8. カレー専門店のHPテーマ決定方法

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP