スポーツジムやヨガスタジオのHPの作り方

LINE@での無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

pink-fitness-centerスポーツジムやヨガスタジオのホームページで一番重要なことは、見学する前にある程度の施設内の状況や設備の状況が写真やビデオで確認できるということです。インターネット検索で自分が通うジムを探している方は、地域のスポーツジムのホームページを見比べて、比較検討することから始めます。

ヨガスタジオであれば「ヨガスタジオ+地域名」
トレーニングジムであれば「トレーニングジム+地域名」
フィットネスクラブであれば「フィットネスクラブ+地域名」

といった具合に、「主要なキーワード+地域名」で検索上位に出てくることは集客のためには必須条件になります。女性専用のスポーツジムであれば必ず女性専用というキーワードはタイトルに入れておかなければなりません。ビジュアル画像にも大きく女性専門が分かるよう、写真とキャッチコピーを記載しておく必要があります。

ホームページ制作としては、設備の状態や施設の内側が良く分かるように、できるだけ多くの写真やビデオで施設内部をガラス張りにすることを心掛けます。施設の内部をどこよりも多く見せることによって、それだけで他のスポーツジムよりも優位に立つことができます。

スポーツジムのホームページの最大の目的は、見学・無料体験に来てもらうことになります。見学・無料体験に来てくれるということは、入会する気満々の方ですので、その気持ちになるまでホームページ上で、出来る限りの情報提供をしてしまうのです。そうすれば実際に見学に来られた際の説明も楽になります。

Web集客するためには

スポーツジムやヨガスタジオのホームページでは地域性が非常に高く、地域に属するキーワードで必ず検索上位に表示されていなければなりません。また、施設によっては異なる部分になるかと思いますが、各種プログラム名と地域名との複合語検索キーワードで必ず上位を独占するように、情報の蓄積に努めましょう。

具体的な情報の蓄積とは下記のキーワードに関する情報になります。「情報+地域名のキーワード」で上位になるように、情報の充実を図っていくことがおすすめの内容になります。

スイミングquiet-pool
エアロビクス
ホットヨガ
ピラティス
ビランクスヨガ
ストリートダンス
格闘技系プログラム
ボクシングプログラム
有酸素系プログラム
筋トレ
ダイエットプログラム
脂肪燃焼プログラム
ウォーキング
体脂肪燃焼

ブログなどなどの更新情報が必要かどうか?

swimming-womanスポーツジムやヨガスタジオであれば、特にブログなどで毎日のジムの状況の情報発信は必要がないかもしれません。一番必要な情報は、日々のフィットネスプログラムの、インストラクターの代行や、プログラム変更といったリアルタイムでの情報発信が必要な情報になります。

そのためホームページ管理面は、自社で即座に修正が可能なシステムを利用する方が望ましいです。特に代行情報はチェックしているお客様が多いので、システム運用として、インストラクターの代行が出た時に、即座に事務担当者と連絡が取れる方法を確立しておく必要があります。

ただ、健康法などの有益な情報は、ブログを使ってホームページに掲載していけば、その情報にアクセスしてくれる人は増えてきます。そうすれば、その情報からスポーツジムのことを知ってくれる方も増えてきます。頑張れば頑張るだけ成果が出るのが情報ブログ記事ですが、健康情報は特にニーズが多くネット上に溢れかえっているため、独自の切り口が求められます。もちろん、継続した地道な情報発信も必要となります。成果が出てくのに時間はかかりまずが、取り組む価値はあります。

紹介キャンペーンは必須の集客手段

pink-fitness-centerスポーツジムの場合は、実際にリアルな口コミなどで入会する方が多いのです。そのため、ほとんどのスポーツジムで定期的に紹介キャンペーンをおこなっています。これは実際に効果を感じた会員さんがご家族や友達・知人の方にお勧めして、会員の口から客観的に施設のメリットや運動の成果、楽しさを伝えてもらった方が、直接的に宣伝するよりも何倍もの効果が期待できるからなのです。

だから紹介した方と紹介されて入会した方のどちらにも、5千円分のチケット渡すなど、そういった特典を出してでも、この口コミという無料の広告宣伝には代えがたいメリットがあります。口コミに関しては施設側が、ソーシャルメディアなどを利用して、会員さんが情報共有しやすいような投稿を定期的に行うということもおススメです。ソーシャルメディアなどを利用してキャンペーン情報などを定期的に発信し、それをホームページと連動させるような体制でWeb集客を行っていけば、うまくいけば会員さんのSNSで共有された情報が広がっていくことになるでしょう。

施設見学の案内が最重要な成約の現場

こちらのフィットネスサイトは、弊社の制作事例でもある、尼崎亀谷スポーツボクシングジム様の制作事例です。ブログで継続的に情報発信をされておりまして、コンスタントに会員獲得をされております。

既会員様の紹介という入り口以外では、多くの新規入会者様が「尼崎 ボクシングジム」といった、初めてホームページをご覧になり、ボクシングジムの存在を知っていただくキーワードからの集客がメインになっておりまして、無料体験の申し込みから入会に繋がるといった導線になっています。

ホームページ企画時に「尼崎 ボクシングジム」というキーワードで上位に表示されれば、無料体験の際にどのような体験レッスンを行うかの動画や、申し込み後の詳しい流れなどの解説、詳しいQ&Aを作っておくなど、初めての方にとってお問い合わせの敷居が低くなる工夫を凝らしています。

運営としましては、ブログにてジム内の様子の写真を頻繁にご掲載されておりまして、これを見たサイト訪問者様が、親近感を持ったり、ジム内の様子が詳しくわかるために一度自分もやってみたいと思われたり、ホームページだけで和気あいあいと活動されている雰囲気が分かったりと、情報発信による集客の成功事例の一つとなっております。

このように、スポーツジムのサイト制作では、無料体験のような入り口の解説や説明部分をしっかりとホームページ上にアップしておくことと、継続したお客様視点の情報発信がさらなるお客さんを呼び込む流れにつながるということを意識されると良いと思います。

実際に集客に成功すれば、次に、見学に来られた方への対応が重要になります。実際に入会するかしないかどうかを検討している段階の方は、案内者の対応の善し悪しがその場で入会を決定するかどうかどうかの大きなポイントになります。買う買わないを決める接客の場が、スポーツジムで言えば、まさに入会をどうしようか迷われている方の見学時の案内という場面なのです。

施設見学や無料体験に来られる方は、心の中ではその時は入会を決めているという方がほとんどです。最終的な申し込みは、実際の接客というアナログ的で人間的なスキルの部分が大きいというところも併せて考えておけば、ご入会という好結果につながると感じます。

HP難易度 → レジャー施設 ★★★

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。 (HP活用方法の動画一覧→Youtubeチャンネル) 経営理念「育て拡げるお手伝い」の下、IT活用に活路を見出す個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。 西宮商工会議所青年部2018年度広報委員長、尼崎商工会議所会員。