大量の同時アクセス時のサーバー負荷対策

Webでの画像といえば、「gif(ジフ)」「jpg(ジェイペグ)」「png(ピング)」の3種類だけと思われている方がほとんどだと思います。

実は、現在ではもう一つ、Webで使える画像形式の最新フォーマットとして、WebP(ウェッピー)形式というものがあります。

拡張子は、「◯◯◯.webp」になります。

例えば、あるお客様のサイトのメイン画像をjpg形式で作成したところ、ファイルサイズが494キロバイトあったのですが、これを現状の「jpg」から、「WebP」形式に変更することで、127キロバイトになり、75%くらいの容量削減ができました。(画質はほぼ変わりません)

一般的に、Webページ表示の際は、画像やテキストやPDFの容量が少なければ少ないほど、ユーザーの同時アクセス数の増加に耐えられます。

瞬間的にアクセス数が数千件以上にもなるようなお申し込みサイトやキャンペーンサイトの場合、必ずこのように最新形式の軽い画像ファイルに置き換えておかなければなりません。

GIF・JPEG・PNGに比べても圧倒的!WebPの特徴とは

2022年6月以降当面は、このWebP形式がWeb画像の標準形式になると考えられています。

WebPは、従来Webで使われてきたGIF・JPEG・PNGの3種類全ての良いとこ取りをした画像形式です。

過去の3つの画像ファイル形式はそれぞれ長所や短所があって、状況によって使い分けることが必要とされていました。

しかし、WebPを使うことでそのような面倒な使い分けが全く不要になります。

特徴としては主に下記3つです。

  • 圧縮率が非常に高くファイルが軽い(同じ品質のJPEG画像と比べても前述の通り、50%以上のサイズ削減が可能です)
  • JPGではできなかった透明背景が可能(従来はGIF・PNGのみ可能でした)
  • GIF・PNGと同じく画質劣化のない可逆圧縮も可能(1,677万色使用可能)

2022年6月16日にWebP非対応ブラウザのIEがサポート停止

弊社が、今後のホームページ制作のお客様に対する、WebP形式の画像のご提供に踏み切るきっかけとしましては、2022年の6月16日の、WebP非対応ブラウザのInternet Explorerのサポート停止です。

(6月16日からInternet ExplorerにアクセスすればMicrosoft Edgeが開くようになります)
https://www.ipa.go.jp/security/announce/ie_eos.html

WebP形式への対応が、一番遅かったアップルも、2020年9月16日にリリースされた「iOS14」以降は、対応されるようになりましたので、今後制作するお客様に関しましては、容量が比較的大きくなる主要画像に関しまして、画像形式をWebPで制作を行います。

WordPress本体は、バージョン5.8以降でWebPが使えるようになっています。

現在、WordPressは6.0のバージョンになっていますので、問題なくWebP形式が使えます。

こちらも WordPress を活用されている方は知っておかれると良い情報です。

JPGやPNGのファイル形式をWebP形式に変換するには下記のようなサイトをお使いください。

https://squoosh.app/

Squoosh(スクワッシュ)というGoogleが開発した画像データ変換用のソフトにてドラッグ・アンド・ドロップするだけで形式変更できますのでおすすめです。

弊社も今後はこのソフトを使って画像形式の変換を行って参ります。

この記事を動画で見る方はこちら

こちらが最新情報です

WordPress講座
カスタムフィールドにプラグイン【WP Imp Exp】を使ってインポートする方法New!!
WordPress講座
ChatGPTとGoogle検索を使い分けるNew!!
01メルマガバックナンバー
人材採用は会社にとって非常に重要な仕事New!!
お知らせ
求人にご応募してくださる方へ(完全在宅・Web制作のパート社員募集中)
WordPress講座
フォーム入力内容をPDFに変換し自動返信するシステムの構築
WordPressのプラグイン
VK Filter Search Proの使い方 ー 基礎編 ー|WordPressの検索システムのプラグイン
Web制作の費用や相場
オウンドメディアによる制作・運営・管理と集客方法、成功事例
01メルマガバックナンバー
ページビュー数よりユーザー数を見よう
WordPressのプラグイン
Booking Packageの使い方|2024年最新 | 時間帯予約&宿泊予約に対応
01メルマガバックナンバー
テレワークで変わる働き方と人材採用
サイト運営ノウハウ
古い(10年以上経過した)レンタルサーバーは危険か?
WordPress講座
カスタムフィールドの簡単な作り方をご紹介!

投稿者プロフィール

山口 敦
山口 敦
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作・改善を中心に、Web業界17年の知識と経験を生かして、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィールはこちら

お問合せフォームはこちら

(※営業電話が多いため留守電にしています。お急ぎの方は下記メールフォームをお使いください。)

お見積りのご依頼・打ち合わせはZOOM/GoogleMeet/お電話等、オンラインでも対応可能です。全国からお問い合わせを受付けています。
2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますが、下記メールアドレスにご連絡ください。

    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    任意貴社サイトURL

    必須お問い合わせ項目

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)