一般消費者向けのサービスについて、スマホでの閲覧率が80%以上のサイトも増えてきました。

従来はパソコンだけの見え方を考えていれば良かったホームページ制作業ですが、現在は、まずスマホでどう見えるかということを最優先に制作します。

スマホではご存知の通り、上から下にどんどんスクロールしてホームページを閲覧しますよね?

つまり、スマホでは1列だけのホームページにするのが、サイズ的にも理にかなっているのです。

そうなるとパソコンで閲覧した際のホームページをどうするかというのが、次の課題になります。

たとえスマホでの閲覧が80%を超えていたとしても、パソコンでの閲覧も20%弱あるということです。

アクセスボリュームの大きいサイトでは、これは無視できない数字になります。

ちなみに「カラム」と言うと難しいのですが、ホームページをパソコンで縦に見ると、いくつかのブロックで構成されている事が分かります。

ホームページの列の説明

縦割りされたブロックのことをカラムと言うのです。下図をご参照ください。

弊社のサイトではご覧の通り、トップページを1カラムにしてそれ以外の下層ページを2カラムにしています。

下層ページというのはトップページ以外のページという意味でお考えください。

トップページでは余計な情報は訪問者に対して見せず、ホームページ管理者が見て欲しい情報を、上から下に順番に見てくださいという意味を込めて1カラムにしているのです。

もちろんスマートフォンですと、上から下に指でタップするだけで簡単にスクロールできるので見やすい作りになります。

スマホ対応していないホームページであれば親指と人差し指で画面を広げる「ピンチアウト」という作業をしなければならないので、一手間要します。

情報が爆発的に増加していますので、訪問者にとっても、とにかく絞り込まれた必要な情報だけで十分お腹いっぱいなのです。

従来の、パソコンでの閲覧を前提とした3カラムでのホームページは現在にはふさわしくないと言えるでしょう。

ポータルサイトやニュースサイトのように情報が盛りだくさんのサイトであれば、トップページが2カラムや3カラムでも良いでしょう。

この場合であっても下層ページは2カラムするのが一般的です。

いずれにせよ、ホームページ訪問者が見ているのは、「コンテンツ部分」だけです。

パソコンを見る看護師

どこをクリックしていいのか分からないごちゃごちゃしたホームページでは、初めての訪問者の離脱率は高くなる傾向があるのです。

よほどお気に入りのホームページや購読しているサイトでなければ、情報を探すときはすぐにGoogleなどの検索エンジンに戻ってキーワードを入力して探します。

そのほうが圧倒的に早いからです。

現在は検索技術が大幅に向上しているので、星の数ほど存在するウェブサイトからでも欲しい情報のページはすぐに見つかります。

インターネット自体がそのような状況になっている今、ホームページはできるだけ1カラムもしくは2カラムにし、シンプル化させるべきです。

何が言いたいのか、何を見せたいのかをはっきりさせることで訪問者の意識を自社ホームページに繋ぎ止めることが出来ます。

検索者はいつでも検索結果に戻れますし、キーワードを入力し直すことにより、別の検索結果のサイトに行くという行動が普通に取られているということを頭に入れておきましょう。

細かい部分のホームページの修正を継続していけば、Webでの集客力アップや販売数アップにつながります。

こちらが最新情報です

Lightningテーマの使い方
【検索・予約・イベントカレンダー】機能体験型デモサイトをオープン!New!!
01メルマガバックナンバー
音声検索に強いウェブサイトへの変革
ホームページ制作
ドメイン・サーバー管理は制作会社にお願いした方がいいの?
ホームページ制作
企業ホームページ立ち上げの際のドメインの決め方
ホームページ制作
ホームページはWordPressで作成した方が良いですか?
Web制作の費用や相場
ホームページ制作会社選び|価格以外はどこで見分けるの?
サイト運営ノウハウ
効果のあるサイト改善「お問い合わせフォーム」の見直し
ホームページ制作
リニューアルが不要になる!簡単にサイト改善できる3項目
WordPress講座
ドメインとサーバー移転の基礎
Web制作の費用や相場
ホームページ制作会社選び|価格以外はどこで見る?
ホームページ制作
外注で作るホームページの3つの失敗事例とその対策
ホームページ制作
中小企業のWordPressサイトは「オリジナルデザイン」で制作してはいけません

投稿者プロフィール

山口 敦
山口 敦
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作・改善を中心に、Web業界17年の知識と経験を生かして、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィールはこちら

お問合せフォームはこちら

(※営業電話が多いため留守電にしています。お急ぎの方は下記メールフォームをお使いください。)

お見積りのご依頼・打ち合わせはZOOM/GoogleMeet/お電話等、オンラインでも対応可能です。全国からお問い合わせを受付けています。
2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますが、下記メールアドレスにご連絡ください。

    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    任意貴社サイトURL

    必須お問い合わせ項目

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)