WordPressが修正できない!

業者に納品してもらったワードプレスですが、修正したいところが修正できないという問題に局面することがあると思います。

その際、WordPressが修正できる部分と修正できない部分の2箇所に分かれているということを理解しておきましょう。

管理画面から修正可能な部分と、管理画面からでは修正できない部分(「外観」の「テーマの編集」の箇所)の2パターンがあります。

一つ目の管理画面から修正可能な部分ですが、こちらは管理画面の「外観」や「設定」のところから項目を書き換えたり、設定を変更したりすることにより、修正ができる部分です。

また、テキストや画像の修正であれば、「投稿」や「固定ページ」の画面を開いて修正を行い、更新ボタンを押すことにより修正できます。

納品後にWordPressが修正できない一番多いパターンは、管理画面から修正できない部分(知識が必要になる箇所の修正)です。

こちらは多くの場合は「外観」の「テーマ」に絡んでいます。

主にビジュアル面やWordPressサイトのレイアウトなど、テーマのカスタマイズやCSS(スタイルシート)を使っての追加記述や修正記述で対応する箇所が該当します。

ここは、HTMLやCSSやPHPの知識が必要になりますので、管理画面からの修復ができない場合は、制作してもらった業者に修正をお願いすることがベストです。

WordPressテーマにおいては、制作された業者によってはそれぞれ独自の記述方法がありますので、制作してもらった業者に再度修正を依頼するのが一番早いです。

ただ、残念なことにこの業界は、納品後に連絡が取れなくなったり、納品後対応してくれない業者の話もよく聞きます。

弊社にも、ホームページ制作会社に作ってもらったWordPressを納品してもらったけれど、その後自分で操作や管理ができないのでどうしたらいいですか?というご相談が時折寄せれられます。

なぜみんなWordPressで作るのか?

ホームページを作って新規の集客をしたいとお考えの方がインターネットで情報を検索する時に、特に最近よく目にするのが、とにかくホームページはWordPressで作っておけというものです。

これは弊社としてもWordPressを専門にしていることもあり非常に賛成できる内容です。

WordPressはとても便利なシステムです。

1つ自社で持っているだけでホームページもブログも、ショッピングサイトも在庫リストサイトも不動産サイトも、どのようなサイトでもプラグインというものを設置していくだけで完成します。

プラグインというのはスマートフォンのアプリのようなものです。

機能面では、およそインターネット上にあるほぼ全てのホームページやブログのシステムを網羅できるのではないかと思えるほどです。

どんなご要望にもWordPressは答えてくれます。これがWordPressが非常に人気のあるゆえんです。

ただし、ホームページ制作業者に依頼した多くの場合、制作と納品後は、基本的にはブログ執筆や更新作業が滞り、放置状態になるというパターンが結構多いのです。

放置状態にならないとしても、システムのアップデートやシステムメンテナンスが怖くて出来ず、結局はそのままどこも触ることなく放置状態になるというパターンも多いです。

WordPressの修正作業を弊社にてお受けする場合のお見積もりですが、WordPress管理画面のログインURLと、管理権限を持つユーザー名とパスワードを教えていただきまして、まずはサイト内の調査を行います。

調査料金は、11,000円、サイトの復旧・修正費用は不具合の状況を確認後、調査料金とは別途お見積もりになります。

ご依頼の際は下記メールフォームより必要な情報を添えてお申し込みください。

営業日午前中のお問い合わせの場合、できるだけ即日対応できるよう努めます。

こちらが最新情報です

SEO・Web集客
Googleにキャッシュ(Cache)されず検索結果に表示されません
コンテンツ
訪問・電話営業より「待ちの営業」が効果的
SEO・Web集客
online-marketing
SEO対策費用の相場は?
Web制作の費用や相場
ホームページ制作費のお見積り金額と相場感
ホームページ制作
BiNDup(バインド・アップ)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
ホームページビルダーとWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
Wix(ウイックス)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
Jimdo(ジンドゥー)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
ペライチとWordPressのメリット・デメリット比較
SEO・Web集客
SEO集客できるHPを外注制作する際の必須チェック項目5つ
サイト運営ノウハウ
HPの保守管理費を無駄にしないための5つのチェックポイント
SEO・Web集客
数字の錯覚とキャッチコピーの変更方法
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作・改善を中心に、Web業界16年の知識と経験を生かして、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィールはこちら

お問い合わせフォームはこちら

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520
(※営業電話が多いため、お電話は留守電となります。お問い合わせ内容を留守電に入れていただけましたら、折り返しお電話させていただきます。お急ぎの方はメールフォームをお使いください。

2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますがこちらのメールアドレス宛にご連絡ください。













    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    必須お問い合わせ項目

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意貴社サイトURL

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください