Web担当者を正社員で賄うか外注で賄うかの判断基準

Web担当者を正社員で賄うか外注で賄うかの判断基準

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

何かしら投資を行う時は、その投資が回収できるものかどうか、見込まれる収益に見合ったものかどうかを考え、意思決定が行われます。

会社の規模によって異なりますが、例えば、社員1人あたりの給料を1ヶ月30万円、1人あたりの経費30万円(社会保険料・交通費・家賃頭割り分、パソコン等貸与備品、研修費・諸手当・その他)とすると、1ヶ月あたり60万円、年間で720万円になります。

この720万円は、社員が退職しない限り半永久的に発生する費用なので、全額固定費ということが出来ます。

固定費というのは売上にかかわらず毎月定量額掛かる費用で、少なくとも売上が年間720万円以上でなければ赤字ということになります。1万円札

今度は変動費を考えてみます。

変動費というのは売上に応じて掛かる費用です。

つまり、15万円で販売用のパソコンを仕入れ、それを30万円で売るとします。

720万円分売るとすると、24台売ればいいことになります。(720万円÷30万円=24台)

一方、24台分の仕入額はこうなります。(24台x15万円=360万円)

つまり、売上高720万円-仕入額360万円=360万円が利益となり、粗利益率は50%ということになります。(※粗利益とは売上から仕入額を差し引いた金額)ノートパソコン

では、社で行う作業の一部を外注に出せば、それは固定費でしょうか?それとも変動費でしょうか?

答えはもちろん変動費です。

上記の例では単純に同じ規模の売上があった場合、粗利益率を50%で見ていますが、これで見ると変動費は固定費の半分です。

利益を出そうと思えば、この固定費部分をできるだけ変動費化することもひとつのアイディアです。

ここまで大丈夫でしょうか?具体的に書きますね。

例えば、社員1人あたりの固定費720万円のうち、100万円分を外注に出します。

変動費部分が50%としますと、費用は50万円で済みます。固定費のままにしておくより、50万円分のコスト削減になります。

ここまでで、固定費をできるだけ変動費化したほうが良いということが分かりました。

では、どの固定費を変動費化するのかという所に問題が発生します。これは答えは簡単です。曲線と棒グラフ

社員でなくても出来る部分を変動費化するのです。

これは、経営者なら経験的に分かっていることだと思います。

では、もっと顕著な例を挙げます。

例えば、20時間掛かるデータ抽出作業。

固定費額が月60万円で月20日働く社員に作業させると、一日あたりの費用は60万円÷20日=3万円。

20時間ということで、1日あたりの労働時間を7時間とすると、約3日掛かって9万円でその作業を行うということになります。

この作業を時給1,000円のアルバイトにお願いしてみます。

すると、30時間掛かったとしても、1,000円x30時間=3.0万円で作業終了となり、社員が作業を行う場合の3分の1の費用で済みました。

あなたならどちらを選びますか?

アルバイトなど、外注に出せば新たに費用が発生しますが、実態コストは社員に任せるよりも低コストです。syokuninnnosagyou

つまり、このようなアルバイトで出来る作業(会社のノウハウを知らなくても出来る仕事)を行うために社員を雇っているようでしたら、社員の価値はありません。

社員ではなくアルバイトで行うべきです。同じ時間の掛かる仕事なら社員の3分の1程度のコストで出来ます。

逆に、社員には社員でしかできないような仕事をしてもらうこと、これが社員の付加価値であり、社員しかできない付加価値のある仕事が会社に無いようだと、その会社は社員を採用してはいけないということになります。

つまり、社員はアルバイトの3倍の価値を出さなければなりません。

よく仕事が増えてきて手一杯になったから社員を雇うという話があります。

この不況下、社員を雇うと雇用助成金なども会社には入ってきます。多くは一時金のみです。

しかし、社員ではなくても出来る仕事をしてもらうために社員を採用するのは会社の存亡に関わる重大事です。

いったん採用してしまうと辞めてもらうことは出来ません。退職届

会社の運営システムと変動費・固定費の関係を熟知しておくことが重要です。

社員にはアルバイトの3倍の仕事をしてもらえるだけの会社の運営システムを構築してから、社員を採用しても遅くはないのです。

実は、社員の人件費コストは何よりも高額な固定費であり、しかも、社長のあなたが高いだろうなと思っているその何倍も高いのです。

ホームページも社員が管理すると全て固定費の中に入りますが、弊社のような業者に丸投げしますと、変動費分だけの負担で固定費の削減を実行できることになります。

リニューアル制作でも、集客のための運営の丸投げでも、どちらでもOKなので、技術的な部分やIT面で社員様が無駄に時間を使っているところがありましたら、ぜひ弊社のようなWebノウハウを持った会社に運営委託することもご検討してみてください。

Webが技術的にも高度に専門化されてきたからこそ、経理のアウトソーシングのように、Webもアウトソーシングしている会社も増えているのです。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積

ホームページ活用の方法 記事一覧

最低限知っておくべき検索エンジン上位表示の歴史

検索エンジンは日々進化し続けています。 そのため、過去に効果のあった対策でも、現在は効果がほとんど無いものもあります。 それらをまず押さえ、知った上で、現在やるべき対策を行うことが検索エンジンからの集客には欠かせないこと […]
コメントなし
電卓とペン

検索エンジン経由のアクセスが見込み客になる時

ホームページを運営する目標のひとつが、自社の商品・サービスに関心を持った人のアクセスを集めることです。 もちろん、商品購入・サービス契約等の最終目標はありますが、前段階としての見込み客の集客は非常に大切です。 アクセスを […]
コメントなし
工務店

同じHPアドレス内の同じターゲットキーワードの記事は共食いになる

検索エンジン経由のアクセスを増やすための重要なことの一つは、あなたのご自身のホームページアドレスで記事数を増やして行くことです。 例えば、現在西宮工務店という架空の会社があって、独自のホームページアドレスを持っているとし […]
コメントなし
ペンで書く

ホームページにおける文章の書き方

ホームページから売上を上げていこうと思えば、文章表現で読み手に伝えるということが柱になります。 ホームページを通じてでも、メールマガジンを通じてでも、それは同じです。文章の書き方ひとつで売り上げが何倍も違うことになるので […]
コメントなし
伯父さんが新聞を読む

1記事1テーマの法則で読者の心に響くコンテンツを書く

書きたいことが沢山あっても、言いたいことをひとつだけしか書いてはいけないというのは以下のような理由によります。 2つも3つも書いてしまうと、結局何が言いたいのか分からなくなってしまう。 1つだけだと、読み手の記憶に残りや […]
コメントなし
クロールで25メートル泳ぐ

サイトテーマを絞ることはこんなに重要!

ホームページのテーマを絞る事の重要性は、先に結論から書きますと、大きく2点挙げられます。 1.自分の専門性を高めるため・ 自分のブランドを築くため 2.テーマを絞ると、競合サイトが少なくなるため まず、1.について、「ス […]
コメントなし
デスク事務

ニトリで事務机を購入した時の検索行動

数年前、事務所の事務机を新調しました。 今までは、社会人になったばかりの十数年前に購入した安いパイプイ机を使っていました。 しかし、見栄えも機能性も物足りなくなったので、ニトリで価格以上に高そうな事務机を購入しました。 […]
コメントなし
アパレルショップ

小規模ネットショップで売上を上げる唯一の方法

今時のネットショップ運営では、どこにでもあるものを普通に仕入れて安く売るだけでは、もはや継続運営することができません。 どこにもないものを自分達で作り、相応の価格で販売することが良いのです。製販一体型がやっぱり良いですよ […]
コメントなし

買いたい人はどんなキーワードを探していますか?

ホームページの良いところは、キーワードでお客様を選べることです。自社ホームページに見込み客が検索するであろうキーワードを埋め込んでいくことによって、関心のあるお客様だけが訪問してくれます。 購買に繋がらないキーワードは、 […]
コメントなし

受注が取れるホームページ・ブログの記事の書き方

ホームページ内での接客の話を以前にしました。接客のために一番大切なことは「人と人とのかかわり方や、相手の気持になって考えること(=コミュニケーション能力)」です。 心の問題が一番受注を取っていく上でも大切なのですが、いつ […]
コメントなし

検索エンジン上位表示の仕組み

検索エンジンで検索されないサイトは、存在しないのと同じことです。しっかりと見込み客をホームページに呼び込むことがホームページ運営の要です。そのための方法を、検索エンジン最適化と言い、SEO( Search Engine […]
コメントなし
ペンと鉛筆

基本的なコンテンツの集め方と作り方

ホームページを運営しているお客様には、いつも文章をたくさん書いて下さい、コンテンツを充実させて下さいってお願いしています。 言うのは簡単なのですが、いざ文章を作る側に立つと時間も労力も掛かり、非常に大変な作業です。 しか […]
コメントなし

ダビングページは検索結果から消されます

ダビングページとは、他のページをコピーして作られて、そのページオリジナルなコンテンツが非常に少ないページを言います。このページの特徴としては、例えば、コンテンツがほとんど無い(例えば100文字未満など)というものです。 […]
コメントなし

フリーミアムというフロントエンドの見せ方

「フリーミアム」という言葉をご存知でしょうか?フリーミアムとは、簡単に説明しますと、インターネット上で提供されているソフトなどの価格体系のモデルのことです。 クリス・ アンダーソンの2009年7月の著書「FREE <無料 […]
コメントなし

事業ノウハウの収益化を考えよう

しっかりしたノウハウとコンテンツがあれば、手を変え品を変えいくらでも同じ内容で収益化出来ます。例えば、塾経営しているなら、塾生を教室で教える以外にも、 ネットでのオンライン通信講座 レジュメ販売 セミナー開催 セミナーD […]
コメントなし
テレビのリモコン

ブログがあれば文章・写真・ビデオ・音声で情報をお届け出来る

ブログは「日記形式のホームページ」なんていう呼ばれ方をしたりすることもありますが、生かし方次第で受注獲得の大きな決定要素になります。 弊社がブログを開始した一番の理由は、ホームページだけでは分からない日々の業務の様子、考 […]
コメントなし
本棚の整理とブログの整理

ブログの2種類の情報発信でHPの集客アップを目指そう

会社のブログをなんとなく業務日記のような形で書いている方は多いと思います。 しかし、視点を変えて2パターンの情報発信方法を意識するだけで、集客やブランディングに差が出てきます。ぜひ頭に入れて実践してみてください。 一口に […]
コメントなし

ストック型ブログの運営方法

ある程度しっかりとした記事が溜まってきたら、ブログ形式では過去の投稿が非常に見にくいものとなっています。 一番良い方法は、過去の記事が閲覧しやすいように目次ページを作り、そこに各ページのリンクを並べていくことです。目次ペ […]
コメントなし

集客の入口を増やそう

事業を継続していると、新しいサービス・商品・仕組みがどんどん増えていきます。そんな時は、必ずお手持ちのホームページにも紹介するページを追加して行って下さい。ホームページ運営上、ページ追加はどんどんしたほうが良いものです。 […]
コメントなし

ホームページ集客の実態を知ること

ホームページ集客というのは何を表しているのか、人よって考え方は違います。多くの方は、「Yahoo!やGoogleの検索結果で自社サービスを表すキーワードで上位に表示させる」というような考えをお持ちだと思います。 過去の流 […]
コメントなし
打ち合わせの人

「あなた」という2人称の話し言葉がWebでは効く!

ホームページ上ではいかにして、ホームページを見てくれる個人に語りかけるかが重要になります。商品紹介ページでの、「ご覧の皆様へ」という表現よりも、「このページをご覧のあなたへ」のほうが、自分に直接語りかけられているような気 […]
コメントなし

ブラウザのファーストビューをチェック

あなたの会社で使っているパソコンと、ホームページを見てくれているユーザーのパソコンが同じ画像解像度とは限りません。画像解像度とは画面のサイズのことです。 スマートフォンでもパソコンと同じ画面が閲覧できるようになった今、幅 […]
コメントなし
パソコンを見る看護師

HPレイアウト(カラム)は1列か2列か3列か?

一般消費者向けのサービスについて、スマホでの閲覧率が80%以上のサイトも増えてきました。 従来はパソコンだけの見え方を考えていれば良かったホームページ制作業ですが、現在は、まずスマホでどう見えるかということを最優先に制作 […]
コメントなし

情報の多いトップページは危険

サイト運営期間が長くなってくると、それに伴って情報量がどんどん増えていくはずです。 しかし、トップページからリンクを貼って掲載できるページはごく限られています。 一般的には50リンク~100リンクくらいではないでしょうか […]
コメントなし

ホームページへの顔写真の掲載について

インターネットの普及した現在でも、誰でも見ることの出来るホームページ上へ顔写真掲載に抵抗感を持つ方は多いです。私も独立当初、ホームページ制作を行っていながら、自社サイトに顔写真を掲載していませんでした。 しかし、仕事でホ […]
コメントなし

ホームページ集客の王道とは

ホームページ集客の王道はコンテンツを充実させるべく、有益な情報提供、見やすいレイアウト・デザイン、ホームページ内の巡回のしやすさなどを極めていくことです。 これは、一番基本的なことで、訪問者のためを第一に考えたホームペー […]
コメントなし

(三国志)行き詰まった時は姜維が孔明に進言した「離」を思い出す

中国の三国志の時代の話ですが、蜀という国に諸葛亮孔明という天才軍師がいました。 劉備亡き後、当時大きく領地を広げていた魏国の討伐に向かう途中、カク昭(注:機種依存文字「カク」は「赤」に「おおざと」)という武将が立てこもっ […]
コメントなし

ハード(ビジュアルデザイン)よりもソフト(コンテンツ)が重要

ハードとは「ハードウェア」のことで、コンピューターの機器の部分、ソフトとは「ソフトウェア」のことで、機器を動かすプログラムや文書のことです。 よく、ハードの進化にソフトが追いついていないなんていう表現がされたりします。 […]
コメントなし
システム化

システム化しすぎては逆に大変

ホームページを運営するコンセプトの一つとして、過度なシステム化よりも手作業を重視しましょう。 すべてシステム化してしまえば、作業負荷的にも楽なのですが、いったんシステム化してしまうと、新しい仕組みに変わったときに臨機応変 […]
コメントなし
タブレット型端末

ホームページ制作費はなぜ高いのか?

外注でのホームページ制作費が高いのは、すべての制作がお客様それぞれに対してのオーダーメイドになるからです。 一方、サーバーとドメインを用意しておき、用意されたフレームワークの中で、テンプレートを自由に使って良い形の自作系 […]
コメントなし

ホームページ制作を外注する際の注意事項

ホームページ制作費というのは比較的広い言葉です。 どこからどこまでを意味する言葉なのかが制作会社によって異なりますので、あなたがお考えの制作会社がどこまでを担当してくれるのかをきっちりと理解しましょう。 例えば一番安くな […]
コメントなし
1万円札

Web担当者を正社員で賄うか外注で賄うかの判断基準

何かしら投資を行う時は、その投資が回収できるものかどうか、見込まれる収益に見合ったものかどうかを考え、意思決定が行われます。 会社の規模によって異なりますが、例えば、社員1人あたりの給料を1ヶ月30万円、1人あたりの経費 […]
コメントなし

中小企業が取るべきWeb戦略

個人や中小企業として事業展開している会社も今やホームページは必須のツールになっています。 既に全世界には100億にも迫るとも言われているウェブページが存在しています。 その中から、自分のサービスを選択してもらうのはますま […]
コメントなし

営業の核心は人の心にあり

自社のホームページに自社サービスのことばかり書いていても受注は取れません。 しかし、人となりが見えやすいブログでは書くだけで受注が取れることもあるんです。 僕の場合は、夙川の桜のことを書いた記事や、腰痛について書いた記事 […]
コメントなし

一方的な情報発信の「うざい広告」になってませんか?

ビジネスにおいてもプライベートにおいても、人とのかかわりの中で重要なことは、「人に自分の思いを伝える能力」です。 大学で学んだマーケティングや経営戦略論、組織管理など経営の分野においても、今となってみれば全て、他人に自分 […]
コメントなし

情報共有しないことがコストになる時代

ITは道具として使いこなせば、経費削減、時間短縮など、大きな効果を発揮します。 しかし、ITを駆使できなくてもITの得意な情報共有という面はアナログ部分でも大きな効果が出ます。 一番のポイントは、「機密以外の全ての情報は […]
コメントなし
グラフなどの資料

情報の出し惜しみを考えないこと

昨今、インターネットを使って探せば、誰でも、ほとんどの欲しい・ 知りたい情報は手に入ります。 そのため、今の時代、情報の出し惜しみをする意味は殆どなくなったと言えるでしょう。 インターネットの無い時代は、自分より上の立場 […]
コメントなし

原価情報をどこまで開示すべきか

原価情報というのは、企業にとっては時には超極秘事項にもなるくらい慎重な扱いが要求される情報です。 そのため、原価が購入者にバレてしまえば、 「どこにどれだけかかっているのか」 「企業側は利益をどれくらい取っているのか」 […]
コメントなし

ホームページ閲覧者の心理はこうコントロールする

インターネット上にホームページを公開すると、その瞬間からネット環境にある人なら誰でも閲覧可能な状態になります。 つまり、自社の商品・ サービスを世界中の誰にでもアピールすることが可能です。 ここで多くの方が同じ間違いを犯 […]
コメントなし

小さい約束を守れるかどうか

仕事に関係なく、全ての人間関係において、重要なことと思っているのは、「小さい約束を守れるか」ということです。 例えば、仕事上ではホームページの制作・ 更新作業を主な業務としておりますので、メールだけでなく、電話など口頭で […]
コメントなし

ホームページ運営は仮説と検証の繰り返し

インターネットビジネスを行う場合、その多くがSEOに取り組むことになります。 SEOに対する対策は不可欠になってきます。 SEOとは、特定キーワードでの検索結果上位表示のことです。 ヤフーやグーグルで特定のキーワードや複 […]
コメントなし

集客には時間・ 労力・ 投資が必要

ホームページは作っただけではもちろんアクセスはありません。多少のアクセスがあっても、いきなり期待通りのアクセスを発生させることは非常に困難です。大量のアクセスを生むポイントは、他のホームページなどからできるだけ多くのリン […]
コメントなし
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017年8月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP