インターネット広告で集客する際に考えておくべき指標は、1件のお客様を獲得するために掛かった広告費です。

CPAという指標があります。

CPAを分解すると、Cost Per Acquisitionとなり、「顧客獲得単価」という訳になります。

要するに、顧客1人獲得するために必要なコストのことで、「顧客獲得単価=広告投入費用÷新規獲得顧客数」になります。

例えばあなたが塾を経営していて、一人の生徒さんの平均継続月数が8ヶ月だったとしましょう。

生徒さん一人の平均月謝が2万円だとしますと、一人当たり8ヶ月X2万円の計16万円が顧客一人当たりの「生涯価値」になります。

これは、「LTV」とも表現され、訳すと「Life Time Value」となります。

つまり、一人のお客様を獲得することで16万円の売上が期待されるということで、その金額の中でどこまで広告費が投入可能かを広告費計算に使います。

売上のうち、広告費を20%まで使えると仮定すると、16万円X20%=3.2万円となり、この広告金額以内で1人の生徒さんが入塾してくれれば目標達成ということになります。

インターネット広告に顧客1件獲得するために3.2万円も使える、かなり優秀な事例になってしまいましたが、数字で計算するとこのようになります。

ただし、単純に集客数を上げていけば、それだけ顧客が獲得できるかといえばそんな簡単な話でもありません。

一番気をつけておいていただきたいのは、広告からアクセスしてもらうページ(ランディングページと言います)がしっかりと作りこまれて説得力のある内容になっていなければならないのです。

業種・業態・ビジネスモデル、つまり、売上・収益・広告費のバランスによってかなり異なってきますので、全ての会社が各自で考えなければならない指標になります。

つまり、業界平均や弊社の数字と同じ指標が適用できる会社は二つとないのです。

→ (参考)業種別ホームページ制作・運営・集客の難易度
→ (参考)ランディングページの制作費用相場と注意点

そして、この広告からの集客と顧客獲得ですが、今回例として挙げた塾や、弊社のようなコンサルティング型のビジネス、士業などの場合は、ブログをどれだけ書いているかにも大きく影響されます。

すぐに購入するタイプの商品・サービスではなく、じっくりとサービス内容や実績や考え方を知ってからでなければ申し込むことが怖くてできないサービスです。

広告を出していて、広告の飛び先のランディングページも綺麗に作っているけれど、ブログなどによる社員や社長の顔が見える情報が少ないとか、商品やサービスの情報が十分にホームページに掲載されていないとなると信用度が下がります。

広告だけで集客するのはリスクですし、きちんとホームページを見てから判断するユーザーを確実に獲得するためにも、広告以外の自然検索の部分から集客することも意識していきましょう。

一般消費者向けで、かつ、比較的単価の安いサービスであれば、ランディングページだけとか、トップページだけとかでも十分戦っていけるでしょう。

しかし、今回の例にあった塾やコンサルティング型のサービス、士業、高額な商品・サービスにおいては、広告の前にしっかりとしたページ作りと、ある程度の説明文章や裏事情が分かるようなお得情報を掲載しておかなければ広告の成果が出にくくなるのです。

ブログに物語性を持たせて、購入者が商品・サービスにストーリーを感じるような内容を充実させていきましょう。

自分が購入すればこういう未来が待っているのだなとか、早くこの商品を使いたい、早くこのサービスを試したい、そう思ってもらえるような充実した内容をホームページにたくさん掲載していきましょう。

そうすることで、あなたの取り扱っている商品・サービスがもっと必要なお客様に分かってもらいやすくなるはずです。

弊社がブログを書いているのも、少しでも多く伝え、ウェブロードという会社のことを知って欲しいためです。

ホームページを開設したらやることが盛りだくさんです。

事業を継続している限り終わりはありません。常に触り続け発展させ続けてください。

→ 学習塾の集客ホームページの制作方法

こちらが最新情報です

業務日記
WebP(ウェッピー)形式への変更でサーバーの負荷軽減を実現
SEO・Web集客
Googleにキャッシュ(Cache)されず検索結果に表示されません
コンテンツ
訪問・電話営業より「待ちの営業」が効果的
SEO・Web集客
online-marketing
SEO対策費用の相場は?
Web制作の費用や相場
ホームページ制作費のお見積り金額と相場感
ホームページ制作
BiNDup(バインド・アップ)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
ホームページビルダーとWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
Wix(ウイックス)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
Jimdo(ジンドゥー)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
ペライチとWordPressのメリット・デメリット比較
SEO・Web集客
SEO集客できるHPを外注制作する際の必須チェック項目5つ
サイト運営ノウハウ
HPの保守管理費を無駄にしないための5つのチェックポイント

投稿者プロフィール

山口 敦
山口 敦
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作・改善を中心に、Web業界16年の知識と経験を生かして、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィールはこちら

お問い合わせフォームはこちら

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520
(※営業電話が多いため、お電話は留守電となります。お問い合わせ内容を留守電に入れていただけましたら、折り返しお電話させていただきます。お急ぎの方はメールフォームをお使いください。

2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますがこちらのメールアドレス宛にご連絡ください。













    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    必須お問い合わせ項目

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意貴社サイトURL

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください